2004年05月30日

がんばれ北斗&柳楽!

今週はアビスパ福岡&日本にとって大事な試合が控えている!
そう僕らの日本代表を応援しよう!その試合とは…

日本(A代表)VSイングランド?
NO!
こんなの前座。

日本(U-23)VSマリ(U-23)?
NO!
こんなの露払い。

僕らのU-19日本代表VSスウェーデン(2日)?
私たちのU-19日本代表VSポルトガル(4日)?
みんなのU-19日本代表VSブラジル(6日)?
YES!イエ〜ス!
トゥーロン国際大会(21歳以下の若い選手のための国際大会)に出場するU-19日本代表がんばれ!
その中でも特に北斗&柳楽がんばれ!

冬の高校サッカー選手権で3年連続決勝戦のピッチに立った唯一の男、MF中村北斗
背番号14!
日本代表では右サイドの攻撃的MFとして先発出場が濃厚。
平山は北斗からのクロスを必ず決めろ!

冬の高校サッカー選手権で毎年1回戦敗退の島根県代表を2回も勝たせたキャプテン、DF柳楽(なぎら)智和
背番号4
柳楽をやぎらと読むやつは倒す!
今は中学生のやぎらの方が有名かもしれんが、すぐに僕らのナギの方が追い越すに決まってる。
日本代表では3バックなら先発出場が濃厚。

僕らのアビスパ福岡に今年入団してくれたサッカー界の勝ち組、
北斗&ナギのU-19日本代表での活躍に期待しよう!
posted by オータ at 22:57| 福岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 僕らのU-19日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第15節 ××アビスパ福岡 0-1 ヴァンフォーレ甲府○

「引き分け飽きた」からと言って、負けることは無いじゃないか!

負けた試合なんて振り返っている暇は無い!
そーだ、これからは負け試合は西スポに任せよう。
そーだ、そーだ。

いや、アビスパはもう負けないから西スポの出番は無いな…

ここ5試合で4試合が無得点。
こんなんで勝てるか!
ここ5試合は3引分2敗。
やっぱり勝ってないや!
それでも順位は5位だ。
首位川崎は別にして2位山形とだって勝ち点2差だ。

な〜んだ。こんなもんか。まだまだいけるな。
それにしてもどいつもこいつもしょぼいな…
(どいつもこいつもの中にアビスパを思い浮かべてはいけない。)

今がアビスパを一番応援してやらなきゃいけないときだ!
今こそアビスパにがんばれって言ってやらないといけない!
posted by オータ at 22:51| 福岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月28日

第15節プレビュー VS甲府←こんなの問題じゃない!

今週は29日(土)アウェー小瀬でヴァンフォーレ甲府戦。14:00キックオフ!

今日の西スポに「ホベルト完全復活宣言」という記事が載っていた!
以下は原因不明の股関節炎も癒えたブラジル人ベストボランチのコメント。

「遊びに日本に来たわけじゃないから。」
「ブランクの期間はつらかったけど、これからはチームのみんなと、来年J1でプレーできるように全力で頑張るよ。」


ホベルト、応援してるからがんばれよ。

記事の中でどうしても突っ込んでおかないといけない一文が…
”「あいつは手を抜かない。普通のブラジル人のイメージとは違う。」とイレブンが口をそろえるホベルト”

普通のブラジル人=手を抜く=ベンチーニョ

守備はホベルト(守備能力が高い!)が一人で何とかしてくれるから今節も失点ゼロは確実。
問題は得点だ。1点取れば勝てる。とりあえず1点取れ!なんとしてでも1点取れ!

そこで僕が甲府戦のキーマンに挙げたいのは
セイジの代わりに左サイドに入ると思われるこーへー(宮崎光平)だ!

今年は右サイドのポジションを山形に奪われたものの、去年はJ2ベストイレブンにも選ばれた選手だ。
スピードのあるドリブルが魅力、163センチと小柄ながらヘディングも得意。
自分の出た試合は必ずビデオで研究する努力家だ。
久しぶりのスタメン出場なのでこーへーの良さをどんどんアピールしてほしい!

J2降格1年目の2002年、早々と昇格争いから脱落しベテラン偏重から若い選手に切り替えた後半戦のアビスパは、本当にしょぼくてへぼかった。
1ヶ月に1勝すればラッキー。泥沼の八連敗もあった。
連敗中のアビスパが博多の森に横浜FCを迎えた一戦、
最下位のチームを相手に何としてでも勝たなければいけなかった試合だった。
しかしセットプレーからのヘディングシュートを決められ、アビスパはこの日も負けた…

ヘディングを決めた横浜FCの選手は180オーバー、その選手にマークについていたのはこーへーだった。
163センチのこーへーは自分が競り勝てなかったからチームが負けたと号泣した。
次の日、新聞でこの記事を読んで胸が熱くなった。
こういうガッツがある選手がいるんだからアビスパは絶対に強くなると思った。
そして去年、こーへーはレギュラーの座を掴み取り、アビスパでただ一人全試合出場を達成した。

こーへーにはあの横浜FC戦の頃の気持ちを思い出して欲しい。
奪われたポジションは、実力で奪い返せ!

アビスパが本来の実力を発揮できれば、甲府なんて問題じゃない。
もっと、もっと勝利に対してがむしゃらになれ!アビスパイレブン!
もう引き分けはいらない。
posted by オータ at 00:04| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月23日

第14節 △アビスパ福岡 0-0 横浜FC△

3試合連続ドロー。
シュート22本打っても0点。
引き分けあきた。
引き分けもういい。
横浜FCは14試合消化で10引き分け。もうこんなのと試合したくない。

チャンスはたくさんあった。
決定的な場面も何度もあった。
ただ、点が入らなかった。決定力が無い!無さ過ぎ!1点くらい取れよ!
試合前にアビスパのシュート練習見てても、全然枠に飛ばせてなかった…

試合内容は良いのになぜか勝てない。
理由は「決定力が無い」に尽きる。

増川(背番号18)はよくがんばっていた。
本来DFなのに確実なポストプレーで多くのチャンスを生み出していた。
守備でもセットプレーの際に横浜FCの192センチ大型センターバック、トゥイードに競り勝っていた。
ただディフェンダー登録の選手がフォワードとして一番活躍していてそれでいいのか!

この試合からブラジル人ベストボランチ、ホベルトが復帰。よし!
でも代わりに米田が外されて僕としては試合前からガックリ。。。
外すなら篠田にしてくれ。ぼくのレプリカの背番号15が泣いてるんだよ!

横浜FCのリトバルスキー監督の試合後のコメント。
「アビスパのラストシュートのミスで(勝ち点)1点を取れてうれしい」
めちゃくちゃむかつく。
引き分けチャンピオンにこんなこと言われたくない。

僕も試合後プチ切れたけど、名将松田もぶちきれたらしい。
西スポより…
「試合後の松田浩監督は完全に切れた。
人目をはばからず、控室の壁やドア、荷物運搬用の台車をけり上げ、殴った。
廊下には鈍い音が響き、チーム関係者も思わず「初めて見た」と漏らしたほどだ。」

名将松田はアビスパに来る前と比べると、ずいぶん髪の毛が少なくなった。
必死に髪型で隠そうとしているけど、僕の目は誤魔化せない。
アビスパの為に毎日、毎日悩んでるんだろうなぁ。
がんばれ、松田 浩監督!
なかなか勝てないし、川崎(宗リンじゃない方)とも勝ち点差15まで開いた。
でも松田監督は本当によくやってくれていると思う。
守備も安定しているし、チャンスも数多く生み出せている。
あとは決定力不足さえ解消出来れば…
林、早く復活してくれ!

そんなアビスパに良いニュースが…
ホークスタウンを買収したコロニーが「新ホークスタウン構想」でアビスパに注目しているらしい!
コロニー、目のつけどころが抜群!
アビスパにガンガン資金を投入して欲しい。
出来れば今すぐにでも。
アビスパの味方は僕の友達なので、コロニー&ホークスタウン&ホークスも応援することにした!

次節、今週29日(土)14:00〜アウェー小瀬(こせ)でヴァンフォーレ甲府と対戦!
がんばれ、アビスパ!
posted by オータ at 21:01| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月22日

第14節プレビュー VS横浜 25:35〜 FBSを見ろ!

明日は14:00〜ホーム博多の森で横浜FC(5位)と対戦。
前回の対戦は大西(J最低の審判)の疑惑のPK判定で勝ち点を強奪された。
今回はきっちり勝つのだ。
明日の試合は深夜にFBS(福岡で最強のローカル局)で録画中継がある!
ちなみにFBSがTV放送するときは勝率はいい。僕はもうすっかり安心している。
アビスパを見ろ!横浜FCなんてどうでもいい。アビスパを見ろ!見ろ!見ろ!

アビスパは地味だけどいいキャラを持った選手の宝庫。
明日はこの選手のここに注目。
@ベンチ(FW13番)…シュートを決めた後のニコニコ笑顔&シュートを外した後のヘラヘラ笑顔。
Aセイジ(MF14番)…抜群の精度を誇るダイヤモンドの左足からのキック。修行僧のようなストイックな佇まい。
B山形きょーへー(MF34番)…漫画の主人公のような華麗なドリブル。
C千代(DF5番)…集中力。千代がやらかしたときはTVの前でこう言ってやれ!「しゅーちゅー!」
E篠田(MF6番)…バックパス&横パス。篠田が前目にパスを出すのはまず無い。

その他にも「新エース」増川。マスはFW、MF、DFとどこでもやれるマルチなやつだ。
DFW川島のホケ顔もぜひ見てもらいたいがアレクが戻ってきたんで出番は無いかも…

そしてアビスパにうれしい話題が…
U-19日本代表に北斗&柳楽(なぎら)が選出された!トゥーロン国際大会(6月1日〜10日)出場のためフランス遠征だ。
2日にスウェーデン、4日にブラジル、6日にポルトガルと強豪国と対戦。めちゃくちゃ楽しみ。
 背番号 4DF柳楽智和!←レギュラーナンバーだ!!
 背番号14MF中村北斗!←なかなか良い番号だ!

試合に出られるようにがんばれ。
posted by オータ at 00:06| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月19日

第13節 △アビスパ福岡 2-2 大宮アルディージャ△

今節はアウェーなのに頼みの綱のスカパー生中継が無い。なんと明日の深夜25:00まで放送が無い。
生中継の試合が3試合あるのに首位川崎、2位山形、3位アビスパはスルー…
どういうことだ!スカパー!(怒)
弱っちいチームの試合なんて録画でいいだろ!(怒怒)
これじゃあ、なんのために上位にいるのか分からんじゃないか!(怒怒怒)

こういう日は、アビスパレプリカを着て、アビスパタオルマフラーを首からかけ、へっぽこチームたちの泥仕合を横目で見つつ、パソコン机に座りインターネットで速報を見守るしかない。

<試合展開>
前半19分 高橋(大宮)に先制される
ガ〜ン!なんで大宮なんかにリードされるんだよぉ…
その後、ずーーーっと0-1で大宮リード状態が続く。
きっと守備守備サッカー地獄に苦しんでいるに違いない!
「あきらめたら負け!」と何度も何度も自分に言い聞かせる。

後半33分 増川が同点ゴール!
うぉおおおお!いいぞー!増川ー!やっぱりアビスパのエースナンバーは18だよなぁ、うん、うん。

後半36分 増川が逆転ゴーーール!
増川にはエース江口の背番号18を受け継いだ者として「新エース」の称号を与えようと決める。
この時点で逆転勝ちを確信し、感動して泣く。自然と目から涙が溢れ出す。勝利の美しいナミダだ…

後半44分 バレー(大宮)に決められる 同点…
え?
どうしても信じられない。
何かの間違いだろ?と8回繰り返す。

そのまま試合終了…
事実を冷静に受け止めることが出来た後、10分前とは違う意味で泣いた…

でもね、こんなに勝ちきれていないのに山形が川崎に負けたんで、なんと2位浮上だ!うわぁあああい!
この2位浮上という紛れも無い事実だけを今回はありがたく受け取ることにした。
酒だー!酒だー!アビスパ祭りだー!
今年は運があるなぁ。
posted by オータ at 22:15| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月18日

第13節プレビュー VS大宮 来たぞ!川島!!

アレク出場停止で、いよいよDFW(DF+FW=DFW)川島の出番がやってきた!
明日の大宮戦では右サイドバックに川島、左にヒラジらしい!
川島は開幕戦直前に怪我をして、右サイドバックのポジションをヒラジに明け渡していたのだ。
待ってたぞ!DFW!!

川島はいいよー!キャラがしっかり確立されているところが非常にいい!
でかい(188センチ)し速い!
ドタバタなドリブルなのに、なぜか相手をかわしてしまう。
アタフタな切り返しなのに、なぜか相手を置き去りにしてしまう。
シュートをお見舞いすれば、キック力があり過ぎて大ホームラン…
かと思えばワールドクラスのクロスを上げたりもする。
もともとFWなので得点も取ったりする。
去年は川島のゴールで1−0で勝った試合が2試合もあった。
僕らのDFWはここぞというところでやってくれるやつなのだ。

それに顔が面白い!川島のホケ顔はみんなを癒してくれる。
DFW川島
会社で川島の写真をメールでみんなに送ったら
こそ泥みたいですね…と誉めてくれた人が2人もいた!
こそ泥川島、明日は大宮から得点をかすめとってくれ!そして勝て!

DFW復活がいまいち勝ちきれないアビスパの起爆剤となることを祈る!
posted by オータ at 23:31| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アビスパの味方

今週19日(水)はアウェー大宮でVS大宮アルディージャ。19:00キックオフ!
大宮はネタがほんっとに無いチームなので、プレビューはやめて、とっておきのエピソードを…

去年アルビレックス新潟が選手の応援ソングCDを作ろうとして、奥田民生に楽曲の使用許可を求めたところ、民生はこう言い放って要求をシャットアウトしたそうだ。
「(サンフレッチェ)広島の敵に、オレの曲は使わせねえ!」
何度頼まれても民生(広島出身)は首を縦には振らなかったらしい。
僕はこのエピソードを知って民夫を見直した。あいつは男気のあるやつだ。
民生のCDを持っていることを誇りに思う。民生の広島愛が伝わってくる心温まるエピソードなので紹介してみた。

先週、僕の会社で新しくRICOHのカラーレーザープリンターが導入された。
RICOHは以前アビスパのユニフォームスポンサーだった会社だ。
そしてJ2降格とともにあっさりと撤退した…

RICOHから派遣されたメガネくんが僕に「(プリンタ)ドライバーを入れさせてください。」と言って来た。
アビスパの応援をやめた会社の人間は僕に近づくな!オーラを撒き散らしていたはずなのに、メガネくんはそれに気付いてくれなかったらしい。
「アビスパを見捨てた会社のプリンターなんか使ってたまるか!」と言って断ろうとしたけど、下手に出てきたメガネくんを軽くあしらうことは出来なかった。
僕は下手に出て来られると非常に弱い…

あ、メガネくんと書いてはいるが、実は僕より年上で本当はメガネさんだったのかもしれない。
RICOH社員をメガネくんと書いてはいるが、僕だってメガネくんだ。
結局メガネくんは僕のパソコンの壁紙とマウスパッドに書かれたアビスパエンブレムにちっとも反応しないまま仕事を終え、にこやかに帰って行った。

僕はアビスパ福岡の味方だ!
なのですぐにメガネくんが導入していったプリンタドライバーをアン・インストールしてやった。
メガネくん、ごめん。
でもね、「アビスパを見捨てた会社の製品なんて使えるか!」
「アビスパを見捨てた会社に儲けさせてたまるか!」


僕のアビスパ愛がひしひしと感じられるエピソードだと思うので紹介してみた。

ちなみにアビスパの胸スポンサーのGEORGIAは毎日1本必ず飲むし、袖スポンサーは九電なので電力を無駄使いすることも欠かしはしない。
背中スポンサーはポケットバンクなのでお世話になることは(多分)無いと思うが、三洋信販が個人情報流出で叩かれていると、自分が批判されているみたいでなんだか心が痛くなる…

アビスパ、今週は2連勝してくれ。
posted by オータ at 00:29| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパの味方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月16日

第12節 △アビスパ福岡 0-0 京都パープルサンガ△

京都を倒せなかったぞ!
京都は(普通に)強かったぞ!

雨の中でピッチは滑りやすくアビスパの持ち味であるパスサッカーが機能しなかった。
しかし両チームともプロらしい試合を見せてくれた。
アビスパにとって今年一番苦戦した試合だった。今節は引き分けでラッキー。我慢しといてやる。
後半攻められまくりでハラハラドキドキ。スコアレスドローでも面白かったから許す。

この日の僕の選ぶMVP
ゴール前で決定的などフリーをはずしてくれたFW田原(ユニフォームはサンガだが、魂はアビスパ)。
お前のおかげで勝ち点を拾えた。GOOD JOB!ありがとう。次も頼む。

田原豊=鹿実出身の大型FW。マリノス→サンガ。決定力(が無いの)が自慢!

そして相変わらずこいつは最低だった。
アビスパが生んだ負の遺産。中払(バカハライ) 元アビスパの背番号10
この日も危険なプレーを連発。必ずアビスパの選手を巻き込み、その上に倒れこむ。
それが「一番尊敬している選手」と言っていた篠田(アビスパ)でさえも…
性格の良いの(とバックパス)が取柄のあのシノがあきれて怒っていたぞ!
接触されるとすぐにこける。わざとらしくこける。そして大袈裟に痛がる。
お前の手の内は読まれているんだから、いい加減やめろ!
この日はイエローをもらったときにアビスパサポーターから「カエレ」コールがハライに送られた。
僕もちっちゃい声で言ってやった。「カ・エ・レ、カ・エ・レ!」

篠田=アビスパの超新星、あの中村北斗も尊敬しているアビスパの生え抜き最年長MF。
(ちなみに北斗&柳楽のU-19日本代表コンビは現在代表チームで遠征中。)

「博多の森を満席にしよう!」キャンペーンにより前売りが2万枚売れているという記事(西スポ)を見て、気合を入れて朝10時に家を出て開場ダッシュ。
しかし雨が降った影響もあり、結局お客さんは14,000人強。
いつもと同じく普通に駐車場に止められたし、普通にいつもの席で観戦できた…
アビスパフロントは毎度のことながら、見込の数字に精度が無さ過ぎ。6,000人も読み違えるな!

前半はアビスパペース。ここで点が入らなかったのが痛かった。
後半に入り、松井(京都・五輪代表)を投入されてから流れが一変。松井の個人技に圧倒されるアビスパ。
ひっさしぶりに相手チームの選手を見て「うおおおお!」と唸ってしまった。
松井はうまい。
松井は凄い。
しかし・・・松井はヘボい
松井持ちすぎ。
ドリブルでこねくりすぎ。


次に京都と戦うのは7/24(土)アウェー西京極だ。松井が出場しませんように…
日本サッカー協会よ、五輪代表の試合をガンガン組んでくれ!
五輪代表には松井を必ず選べ!
五輪代表は松井をスタメンで使え!そしてフル出場させろ!
五輪代表は必ずアテネで決勝まで勝ち進め!そしてヘトヘトになって帰って来い!
松井、五輪で大活躍して海外へ行け!お前ならやれる!

松井=京都の誇るファンタジスタ。テクニックは抜群、しかし自己中心的なプレーが欠点。アビスパにはこういうタイプはいらない。ひねてる顔と性格がむかつくので僕は嫌い。

それと前言撤回だ。
京都は西村(ダメ監督)を辞めさせるな!
J2を盛り上げるには西村は不可欠だ。
なぜなら普通の監督なら京都は独走してしまうからだ。
西村、これからも眠れる虎のままの京都を見せてくれ。
posted by オータ at 22:45| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月11日

第12節プレビュー VS京都 京都を倒すぞ!

次節、5月15日(土)VS京都パープルサンガ。満員のホーム博多の森で14:00キックオフ!

開幕前は、だれもが口を揃えてこう言った。
「圧倒的な強さを見せ、京都が優勝するだろう!」

しかしJ2にはJ2チームサポーターなら誰もが知っている重要な法則があるのをお忘れなく。
「開幕戦で負けたチームに昇格無し!」
開幕戦 ×京都パープルサンガ2-3大宮アルディージャ○←京都脱落
京都優勝を予想した時点でそいつは素人。
2004年度J2チャンピオンはアビスパ福岡=日本サッカー界の常識。

第1クールが終わって3勝4敗3分けで八位。この成績はJ2初年度のアビスパよりしょぼい。
ということは、よっぽどしょぼいんだろうなぁ…
ちなみに今年のアビスパの第1クールの成績はJ2初年度より劣る。
あぁぁ、アビスパもかよぉ…
FWがあれじゃあなぁ…

ほとんどの京都サポーターはこう思っている!
「西村(監督)を解任しろ!」
そして多くの他チームのサポーターはこう思っている!
「西村(監督)をやめさせるな!」
西村…京都が圧倒的な戦力を抱えながら勝てないのはこいつに戦術&人望&闘志が無いから。

解任、続投どっちに転んでも京都の昇格は無理。
J2にはこういう法則もある。前年J1でシーズン中に監督を解任したチームは昇格できない。(アビスパ&コンサドーレが証明)
なので解任しても今年の昇格は×。
だからと言って西村を解任しなかったら、チームは今以上に弱くなるので×。

へぼい監督だとチームはほんとにあっという間にダメになる。J2初年度の今井アビスパがそれを証明。
僕たちもいつか来た道だ。
京都サポーターの気持ちは良く分かる!
いつ勝つんだろう。いつになったら連敗をストップするんだろう。
J2だったら勝ち試合がたくさん見られると思ったのに…
どうして勝てないんだろう。こんなに応援してるのに…


ダメ監督だと判明しているんだから監督変えろよ!京都フロント!
ダメチーム(京都のこと)に勝っても嬉しくないよ!
アビスパは来年J1に行くんだから、ある程度強いところとやっとかないと苦労するだろ!
強いライバルチームを、更に強いアビスパが倒す!
そういう試合を僕は見たい。

嘆き悲しんでいる京都サポーターのためにも、西村に引導を渡してやろう!
それが出来るのは正義の味方、アビスパだけ!
前回は鴨池で4-1とボコボコにしてやった。今度はもっとボコボコにするぞ。
西村解任→新監督就任→京都復調→J2が盛上がる!→アビスパが優勝して盛り上がりは頂点に!→アビスパさいこ〜!
西村解任のお礼は残り2試合で勝ち点6でいいからね。
僕らのアビスパが両チームのサポーターの期待に応えてやろう。

京都を倒すぞ!
京都を倒すぞ
posted by オータ at 20:57| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月09日

第11節 ×アビスパ福岡0-1川崎フロンターレ○

ベンチはどフリーを外したけどジュニーニョは決めた。
外国人選手の決定力の違いが勝負を分けた。
フロンターレに蜂連敗。

失点は、ゴール近くで、宮崎こーへーの絶対ファウルじゃないプレーをファウルに取られフリーキックをプレゼント。
でゴール前の混戦の中ジュニーニョにやられた。はぁぁぁ…

試合後の松田監督の談話。
「ベンチーニョの動きが機能していないような気がしますがいかがでしょうか?」
「全くそのようには感じていません。」
名将がかばってくれてるんだからベンチはもっとがんばれ!
決定的なシュートを外した後ヘラヘラすんな!(でもそれが奴のキャラ)

今日はレフリーが最低すぎた。
首位決戦なので普通のレフリーに裁いてほしかった。J2をバカにすんなよ、Jリーグ!
今日のレフリーは横浜FC戦でキャプテン藏田にいちゃもんをつけて相手チームにPKをプレゼントした大西(最低最悪)だった。
全然荒れた試合じゃなかったのに、イエローカードを連発。フロンターレ7枚、アビスパ3枚で計10枚。
あまりにヒドイんでフロンターレの選手は前半終了後にレフリーに詰め寄ったほど。
2枚目をもらうのが怖いから、お互い激しくいけなかった…
ガチンコのど突き合いが見られると思ってたのに…

アビスパに勝つほど強いチームだから、フロンターレは川崎を名乗っても良いことにする。
(ほんとは福岡で川崎を名乗っていいのは宗リンだけ)
なぜならいちいち「フロンターレ」と入力するのはとても面倒だからだ。
負けた後に長い名前をいちいち入力するのは、ほんとにむかつくからだ。
「川崎」って入力すれば、宗リンと同じ名前ならちょっとは許してやってもいいかなと思える。だろ?

負けたからあんまり気分が乗らない。でも落ち込んでもない。
アビスパのディフェンスは川崎の破壊力あるアタッカーを封じ込めていた。勝ってもおかしくない内容だった。

あ、順位が2位→3位に下がった。でも気にしない。まだ11試合終わっただけだから。
また2位に上がったときにお祭りするだけだ。

横浜FCに負けた後髪を切ったら次の試合勝ったんでまた髪の毛切った。次の試合はいけるぞ。
posted by オータ at 23:13| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月07日

第11節プレビュー VS川崎 「川崎」を名乗っていいのは宗リンだけ!

次節、5月9日(日)VS川崎フロンターレ(今のところ首位)。アウェー等々力で14:00キックオフ!
第1クール最終戦。このアビスパ(今のところ2位)VSフロンターレ(今だけ1位)が事実上のJ2最強決定戦だ。
アビスパがはじめて迎える頂上決戦!いい響きだ。もういっちょ行こう!頂上対決!幸せだ。もういっちょ行きたい!
でもやめとく。しつこいと嫌われるんで・・・

J2最強のサイド攻撃を誇るアビスパ。僕らのアビスパ!
対するはJ2最強ブラジル人FWジュニーニョを核に破壊力のある攻撃が売りのフロンターレ。
アビスパが優勝するための最大のライバルはフロンターレだ。
この試合に勝ってフロンターレの独走をストップだ!(現在アビスパとフロンターレは勝ち点で6差)
J2を盛り上げるにはアビスパが勝たないとダメ。
世界中のJ2サポーターみんなの期待を背負ってアビスパが首位フロンターレに挑む!
そして勝〜つ!!

だいたい福岡で「川崎」といえばホークスの宗リンのこと!フロンターレは気安く「川崎」を名乗るな!
フロンターレが走っても世間は何一つ変わることは無いが、宗リンが走れば盗塁一つ成功するたびに車イスがプレゼントされるんだぞ!
えらいぞ、宗リン。いいぞ、宗リン。走れ!宗リン。

アビスパVSフロンターレはいつも白熱の好試合になる。藤波VS長州レベルのガチンコのぶつかりあいになる。
しかし、J2に落ちてからのVSフロンターレの成績は○●●●●●●● と7連敗中…
いつも負けるのはアビスパのほうだ…
去年後半の最強アビスパでも何故か勝てなかった。???
なぜなら
@レフリーが昇格争いを面白くするために、フロンターレびいきの判定を繰り返した(怒)。
A文句なしのゴールまでオフサイドの判定(絶対に間違い)で取り消された(怒)。
B去年の4試合目は米田&藏田&林が出場停止だった。これじゃ負ける。しょうがないや…
Cベンチがアビスパの前にいたのがフロンターレ。知っている選手が多いからかフロンターレ戦になるとどことなく切れ味に欠ける。(かといっていつもキレているかと言えば・・・。そこそこしか活躍してないな。)

正直、フロンターレは強い。そんじょそこらのJ1よりも強い。おまけにホーム等々力ではほとんど負けない。
しかし・・・
毎年、毎年、開幕前にはJ1昇格候補と言われるものの、いつも大事なところで大ポカ。それがフロンターレのチームキャラ。
結局は来年もJ2といういつものポジションに落ち着いてしまうフロンターレ。
去年は勝ち点1の差で3位に終わった。
今年も3位で我慢しろ。今年は3位でもJ1最下位と入れ替え戦のチャンスがあるぞ。
フロンターレには3位がふさわしい。お似合い。川崎フロンターレ=万年3位←J2の常識。そして僕らのアビスパ福岡こそ1位にふさわしい。
posted by オータ at 21:28| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月06日

第10節 ○アビスパ福岡 3-1 湘南ベルマーレ×

僕らのアビスパ福岡、2位浮上!(過去最高順位)
J2に降格して98試合目にしてとうとう昇格圏内(自動)に入った。よかったなぁ…(しみじみ)
ここまで来るのに2年2ヶ月もかかった。長かったなぁ…(しみじみ)
俺はうれしい!
それもめちゃくちゃうれしい!
帰りの車の中で、2位の山形が引き分けたことを知って泣けた。
名将松田、あと34試合かけていいから、もう一つだけ順位を上げてください。僕のささやかなお願いです。よろしくお願いします。

前半7分、セットプレーでセイジの左足からDF千代のヘッド炸裂。先制!1-0。
5月5日こどもの日に背番号5が決めた!自分が得点したから今日は集中するだろうと思ったけどそうでもなかった。千代、しゅーちゅー、しゅーちゅー、集中しろ!今日も失点のときにマーク外しただろ!

そして、またセイジがやってくれた。
前半32分、コーナーキックで蹴ったボールは弧を描いてそのままゴ〜ルへ。2-0。
セイジの左足は日本一!セイジの左足は黄金→ダイヤモンドに進化しました。
今日も1得点1アシスト。4得点でチーム得点王。
クロスも凄いし、ゴールも奪える。J2最強のレフティー古賀誠史!

※セイジ活躍の真相…僕が昨日サインもらったから気分が良かった。間違いない。今日の影のMVP=僕。

2-0になって攻めるしかない湘南ベルマーレ。前半が終わるまでに2人も交代させてしまう。がんばってFW柿本(こいつは元アビスパ)がヘッドで1点を返す。2-1。
ま、しょうがない。アビスパは3点目を取りに行ってたし…勝ったから許す。でもたまには完封しろ!

しかし湘南の追い上げムードもここまで。パラシオス(湘南が誇るJ2最強DF。湘南はこいつだけが頼り)が肉離れでOUT。交代枠をすでに使い切っていたので残り時間を10人で戦う羽目に…
松市(まついち・湘南の監督、苗字は山田)、お前の采配は全然だめ。

ロスタイムはなんと4分。長すぎ。
ここで途中出場の増川(背番号18 DF・FW・MFなんでも出来る快速191センチ)から湘南のDFラインの裏にパス。
そのパスがベンチに通ってループシュート。ゴォ〜ル!3-1。勝利を確信させるゴールだった。
ベンチは今季2点目。久しぶりなんで必要以上にアピールしまくる。何度も何度もガッツポーズ。僕もベンチのニヤニヤが見れて満足。

ヒーロー・インタビューはベンチ。絶対にセイジ(恥ずかしがり屋さん)が拒否したんだと思う。
セイジ、いつになったら出てくるつもりだ!いい加減出て来い!

シュート数 アビスパ13本に対し湘南7本
またまた10本以上のシュート数で、今日も相手を上回った。
パラシオスがいなかったら、もっと点が入っていた!

今日はナイスゲームだったなぁ。今日のビールは美味しいなぁ。
でも次が勝負だ!首位川崎フロンターレとの大一番。勝って第1クールを締めくくるぞ!
posted by オータ at 00:06| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月04日

ホークス(現在6連敗中で2位)もがんばれ!

明日、5月5日(水) ホーム博多の森でVS湘南ベルマーレ(現在11位) 13:00 Kick Off!
今週は2試合、9日(日)にはアウェー等々力でVS川崎フロンターレ(1位)

雨の中、雁の巣に行ってきた。
雨なのにたくさんの人がいた!みんなここ2試合の内容が悪いんで心配だったんだろう。
選手の気持ち 「おぉっ、雨なのにこんなにたくさんの人が!(感動)よ〜し、明日の試合もがんばるぞー!」→アビスパ完勝

アビスパ太田が復帰し、ピッチをゆっくりと何周も歩いていた!
あ、暖かい声かけるの忘れた…。だって、あいつ相変わらず顔が生意気そうなのだ。
ベンチがアビスパ太田を発見し、でっかい声で「オ・オ・タ!オ・オ・タ!」ってコールしながら、小川直也のハッスル!ポーズをしていた。
ベンチはいいやつだなぁ。得点とってくれたら言うことなしなんだけどなぁ。9試合で1点だもんなぁ…

ベンチ=ベンチーニョ。
32歳のブラジル人FW。背番号13。アビスパのキング。最近めっきり髪の毛が少なくなってきた。キングといえどもPKを決められない。決定力が自慢だったのに決定機をスカっと外しまくる。だが何故か憎めない不思議なキャラ。半年契約のためサポーター誰もが7月でお別れだと思っている。だけど僕は好き。キャラとして最高だから。

試合前日なんで今日は軽いメニュー、セットプレーの練習が主だった。
セイジのキックは良かったけど、相変わらずFWは決定力不足。明日もセットプレーからの得点は難しそうだ。
明日のスタメンはFWベンチ、福ちゃん MFセイジ、きょーへー、米田、篠田 DFアレク、藏田、千代、ヒラジ GKゴリ顔
控え組にFW 田中ユースケ MF 有光、宮崎こーへー、ホベルト、松下、宮原、DFW川島、増川
トップの中に林はいなかった。

練習終了後、セイジにサインをもらった。
セイジファンの花菜ちゃんママにプレゼント(出産祝い)するためだ。彼女はセイジがしょぼいプレーで僕たちからガンガンダメだしをくらっている頃からひっそりとセイジを応援していたつわものだ。
セイジがここまで成長するだなんて…

これまで何度も雁の巣には行ってるけどセイジとは話したことが無い。なぜならセイジは人見知りするからだ。愛想も無い。
練習が終わるとダッシュでロッカーへ。雁の巣を車で後にするときも駐車場からロケットスタート。やつに隙は見当たらない。
博多の森で活躍してもヒーロー・インタビューに出てこない。微妙に活躍した選手に譲ってしまう。
そのセイジを今日は逃がさずにキャッチ!
セイジは去年の暮れ、大塚くん(アビスパが誇るチビッコきれきれドリブラー)と一緒に猪木に闘魂ビンタをされていた。
「セイジはプロレスファン?」と聞いたら「いや、そんなことないっす。」と一言。
会話終了…
プロレスファンじゃないのに猪木にビンタしてもらいやがって…
うらやましい。

それはそうと、雁の巣に行く途中でたまたま聞いていたラジオで読まれたダイエーファンのメール。
「今のダイエーは最低。ドームの天井を開いて今日の試合を雨天中止にしてほしい。」
「そうだ、そうだ!いい考えですね。」と相槌を打つアナウンサー。

バッカじゃねえの!戦う前から気持ちで負けて、そんなやつがファンを名乗るな!
試合が中止になったら勝つところが見られないって分かんないのか?
弱いときもあれば強いときもある。弱いときに支えてこそ、応援してこそ、ファンであり、サポーター。
がんばれ、ダイエー・ホークス!6連敗したってまだ2位じゃないか。
前向け!前を!
僕はダイエーホークスも応援してるぞ!(ライオンズも昔福岡にいたんでちょっと気になるけど。)
ただその何倍もアビスパが好きなだけ。
明日は勝て!アビスパ&ホークス!福岡=最強を証明してやろう!
posted by オータ at 18:53| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雁の巣日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月03日

第9節 ○アビスパ福岡2-1コンサドーレ札幌×

札幌の人は知らなかったみたいだ。
アビスパは厚別で負けたことが無いってことを。
僕は知ってたよ。
でもアビスパがまた油断するといけないから黙っていたのだ。

優勝するチームは連敗しないのだ。いいぞー!
今日の試合もシュート数札幌4本に対し、アビスパ12本。前半は相手に何もさせなかった。後半はちょっとやられたけど。
でも勝ったからいい。勝ったから文句を言うのは千代だけにしとく。

とうとう契約が完了し5月から正式にアビスパの一員になったMF山形恭平が先制ゴール!
コーナーキックのこぼれ球をアレクが拾う→篠田とワンツー→アレクがサイドをえぐってクロス→GKが弾いたところにきょーへー!
4試合で3得点。いいぞー!

そして今日の主役はこの男だった!
アビスパの不動の左サイドアタッカー、MF古賀誠史(セイジ)!いいぞー!
ドリブルで一人で切れ込んで行き、ペナルティエリアに進入。
なんと右足でコースを狙ってのシュート!ころころコロコロ…ゴォ〜〜ル!
うおおおおおおおお!
セイジは左利き。セイジの左足は黄金だが右足はポンコツ。そのセイジが右足でゴールを奪ってしまった。

今日、札幌でモンスターが誕生した。「古賀誠史」←もう誰もやつを止められない。

今日もDF千代(本名は千代反田、アビスパ一ポカの多いセンターバック)はやらかしてしまった。
ゴール前で普通にクリアーすれば何の問題もないボールをなんとスルー!
目ん玉が飛び出そうになるくらいビックリ!「ちよぉ〜!」
そのボールをゴール前に詰めていた札幌FW清野にスコっと決められた。ガ〜ン!
千代、しゅーちゅー!しゅーちゅー!集中しろー!
後でビデオ見たら清野はオフサイドだった。レフリーが見逃してしまったのは残念。でもそれは偶然たまたまオフサイドだっただけで千代がポカしたのには違いない。

今日のすべての得点に絡んだヒガシ勢。
1点目:山形(東福岡出身) 得点 期待以上。
2点目:古賀(東福岡出身) 得点 文句なし!
3点目:千代(東福岡出身) 失点 しっかりやれ!  

アビスパの試合後、BS「ジュビロVSエスパルス」にチャンネルを切り替えるとアナウンサーが「5月5日はJリーグスペシャルデイ、全国のNHKでJリーグの試合を生中継します!」
えええええ!
「アビスパの試合だけは生中継しませんように。」と祈る、ひたすら祈る。
神は僕に微笑んだ。福岡に味方した!
福岡では「鹿島VS浦和」を放送。あ〜一安心。
おし!次もいけるぞ!
posted by オータ at 00:16| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月01日

第9節プレビュー VS札幌 優勝するチームは連敗しない!

次の試合は2日(日)14:00〜 コンサドーレ札幌(アウェー札幌・厚別)
今年、僕はコンサドーレ札幌をアビスパの次に応援しようと本気で思っていた。
(ただしアビスパに傾ける100分の1くらいの情熱で)
なぜなら去年の12月、札幌がアビスパを解雇されたエース江口にオファーを出すというニュースが流れたからだ。

エース江口は2002年のアビスパ史上最低だったチームの中で、唯一戦っていた選手で、僕にとって希望の光で、チーム得点王で、誰よりもサポーターに親切で、一番応援していた選手だった。
江口解雇により、アビスパに対してささやかな反抗期に突入していた僕は、このニュースを知って以来、午後のひと時に飲むコーヒーをGEORGIA→S☆PPOROに早速変更した。
札幌がJ2に降格してきて以来封印していたサッポロビールも飲んであげることにした。(本当は黒ラベルが一番好きなのだ。)
アンケートで「好きなお菓子は?」と問われれば自信を持って「白い恋人」と答えていただろう。

しかしいくら待っても札幌が江口を獲得したというニュースが報道されることは無かった…
札幌が、必要としていた長身FWとして、江口ではなく、元ジュビロの清野(せいの)を選んだからだ。
アビスパ以上に借金を抱えていて、5カ年計画という長期にわたっての再建計画を進める札幌にとっても、江口を抱えきれなかったんだろう。
そしてエース江口は引退した…
ガラガラガラガラ…。(←僕の中の大事な何かが崩れ去っていった音)

このとき僕は決心を固めた。
@札幌だけは絶対に倒す!(いや、どいつもこいつも倒す!けど…)
A赤と黒だけは絶対に着ない!(いや、青&黒も紫も黄緑&青etc.も着ないけど…)

札幌としては、「勝手に思い込んだお前が悪いんだろ。変な理由つけて絡んでくるなよ。」と言いたいところだろうけど、そんあこたぁ知ったことじゃない。
札幌は許さん。
ただしアビーくんとビビーちゃんの結婚式に祝電を打ってくれた札幌の場の雰囲気が読めるマスコット「ドーレくん」だけは許す。

前節では仙台に逆転負けしてしまった。負けた後の試合というのは大事だ。
連敗するな!強いチームは連敗しない。優勝するチームならなおさらだ。

posted by オータ at 17:51| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。