2004年08月31日

3/29

ユースケと北斗と柳楽がまたU-19日本代表候補(6〜13日、新潟で合宿)に選ばれた。
うれしい!
やったぁ!
まだ候補だけど…
候補に入らんと代表になれんもんね。
ねっ!
アビスパ以外に3人も代表候補に選ばれたチームは無いもんね。
ねっ。
 
FW、MF、DFに一人ずつアビスパ!
 
アビスパ、アビスパ、アビスパ!
福岡、福岡、福岡!
 
これは自慢できる!
自慢しよう!
 
北斗は普段の練習から高い意識を持ってやってるのが良く分かる。
柳楽もセンターバックという経験が重要なポジションで、日々成長している。
ユースケだってこの年代の選手の中では、仙台のFW萬代と並んで多くの試合に出ている。
 
今回候補に選ばれたメンバー29人の中から、20人が9月の後半から始まるアジアユースの最終メンバーに残ることが出来る。
3人ともアジアユースの代表メンバーに残ってほしい!
大熊(兄ちゃんの方)3人とも選べ!
 
アビスパの選手たちがアジアユースのメンバーに残ったら、全試合アビスパのレプリカを着て応援するぞ!
 
アジアユース、TVで放送しろ!
生中継しろ!
全国中継しろ!
posted by オータ at 23:39| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパの味方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月30日

収穫は福ちゃんのゴールだけ

昨日は朝から雁の巣にサテライトVS九産大のトレーニングマッチを見に行った。
北斗と柳楽はなかなかチームにいないんで、見られるときに見とかないと…

スタメンは
FW 福ちゃん、宮原
MF ケースケ、有光、篠田、松下
DF 藏田、柳楽、北斗、川島
GK 神山
DFは北斗が右、川島が左サイドバックに入った。

結果は1-1の引き分けだった。
結果も内容も誉められたもんじゃなかった。
去年のアビスパサテライトは本当に楽しくて強くてよいサッカーをしていたのに…

怪我をしていた福ちゃんがやっと試合に出られるようになった。
その福ちゃんがゴールを決めて先制した。
これが唯一の収穫だったかも…

スタメンにキャプテン藏田がいるのを見て、藏田が2試合出場停止だった!ことを思い出した。
藏田は試合中でも相変わらず若い選手(とくに柳楽)たちにアドバイスしていた。
昨日の柳楽は藏田のコーチングもあってか、この前見たときよりも良くなっていた。
藏田は頼りになる。みんな藏田からたくさん吸収して大きく育て!

その藏田が前半のうちにヒサ(小川)と交代。
大熊(コーチ)が「クラ、無理するな!」と声をかけた後、前半の途中なのに下がった。
怪我じゃないといいけど。

アビスパのセンターラインに藏田は欠かせない!
千代がうっかり、藏田がフォロー、っていう冷や冷やシーンはアビスパの試合の華だ。
トップに篠田がいない今、僕らが思い切り突っ込めるのは千代しかいない。
ゴメンだけど藏田はこれからもうっかり千代をフォローしてあげてくれ。

後半頭から篠田→沖本に交代。
前半を1-0で折り返したものの後半追いつかれた。
後半は九産大に押されっぱなしだった…
いったん九産大に傾いた流れは二度と取り戻せなかった。

藏田や篠田というベテランがいなくなったことで精神的支柱がいなくなったから、ということではないと思う。
それにみんなプロなんだから、そんなことが理由で大学生相手に引き分けるのは恥ずかしい。

昨日の試合はやるべきプレーをやらない選手がいた。
相手のスローインのときに集中していない。
ぼんやりしていてマークを外す。
格好だけ追いかけているから守備のときもボールを奪えない。
ゴール前で詰めるべきところで詰めていない。
見ていて腹が立った。
北斗とポジション変われ!って言ってやりたかった。
どうしてチームメイトがなかなかパスを出さないか(出せないか)考えろ。
サイドで張ってるだけじゃダメだ。もっと考えてプレーしろ。

篠田も最近はすっかりサテライトに定着してしまった…
篠田のコーチングが適切かどうかは別として、やつはよく声を出す。
そして篠田の声はよく通る。
練習で篠田より声を出す選手はいない。
篠田から学ぶところも多いはずだ。
声だって武器になる。
武器は多いほど有利になるはずだ。
みんなもっと声出せ!

ただ篠田はよくボールを要求するが、それに応じてパスを出してあげると結構相手に奪われる。
なんだよ、シノ!
それをよく知ってるから有光は篠田が「アリ!アリ!」と必死に訴えてもパスを出さない。
有光は結構クレバー。
ちぇっと舌打ちで有光に不満の視線をなげかける篠田。
その視線を受け流しつつクールにプレーを続ける有光。
今僕が雁の巣で一番注目しているのはシノ&アリの絡みだ!
有光は結構面白い!
posted by オータ at 23:04| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 雁の巣日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風16号の傷跡・・・

スカパーのアンテナが台風16号でぶっ飛ばされた…
夜、家に帰って天井を見上げたらアンテナが無かった。
たまげた。
はぁ…
 
今日スカパーで放送される山形戦が負け試合だったのは不幸中の幸いだ。
勝ってたら台風の中でもアンテナを再び取り付けてた。
この強風なので吹き飛ばされてたかもしれん。
怪我してたら今週末の鳥栖スタに行けなくなるところだった。
 
すごーく遠巻きながら僕の身を守ってくれて…
ちょっとだけサンキュー、アビスパ。
 
先週の土曜日、いきなり僕の部屋のテレビが壊れた。
イタリアVSイラクの途中で画面が真っ暗になったら、それきり何も映らなくなった。
この日はユースケ&北斗&柳楽のアビスパU-19日本代表トリオが、初めて同時にスタメンを飾った記念すべき試合(VS静岡ユース)が放送される!
この試合を見逃すわけにはいかん。
新しいTVがどーしても必要だ!お持ち帰りするぞ!
すかさず電気屋へGO!
2時間後僕の部屋に新しいTVがやってきた。
テレビーくんと名付けた。
アビーくんのようでいい名前だ。ベタベタなところも気に入っている。
 
テレビーくんは地上波デジタルチューナー内蔵だ。
といっても福岡ではまだ放送自体始まっていないので全く役には立たん。
おまけにBS放送もデジタルで、我が家のBSアンテナ(一応BSデジタル用)ではほとんど映らない。
更に地上波もなぜかアンテナの調子が悪く、画像が悪くて見てられない。
頼みの綱はスカパーだった。
スカパーだけはちゃんと映っていた。
 
それなのに…
あぁ、それなのに…
台風16号、お前も山形(モンテディオの方)と同じだ。
 
ちっとも人の気持ちを分かってない!
 
もう台風はいい。
スカパーのアンテナの向きと角度の調節、結構難しいんだぞ。
もう台風来るな。
九州はよけろ。
それと四国もよけろ。(四国は何度も直撃されて可愛そうだから。)
posted by オータ at 20:49| 福岡 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | アビスパの味方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第31節×アビスパ福岡0-1モンテディオ山形

第31節×アビスパ福岡0-1モンテディオ山形○
 ↑
負けたからフォントをちょっとちっちゃめにしてみた。
はぁぁ…
 
2位のチームは勝てないジンクスにはまってしまった。
ふぅぅ…
 
全然勝ちきれてない!
 
いい試合をしていたのに最後の最後でやらかしてしまった…
後半ロスタイム、宮本とアレクの左サイドをドリブルで突破され、最後は山形の誇るフォワード大島に決められた。
フットボールの神様は誰にでも公平で、どのチームにも公平にロスタイムに点を入れさせてくれる。
今日のロスタイムは山形のためにあったんだろう。
 
最近の数試合はバランスを重視した試合運びで結果を出していたが、今日は米田を途中交代で下げたことにより、そのバランスを崩してしまった。
この采配には?だけど、勝ちに行った姿勢は評価できる。
評価してあげたい。
ホームなんだから勝ちに行くのは当たり前だ。
 
だけどこの結果は評価してあげられない。
ホームなんだから勝ちに行ったら勝て!
せめて引き分けろ。
 
山形はいいサッカーをしていた。
敵ながら、学ぶべき点がたくさんあった。
 
アビスパが山形に学ぶべきところ。
@ゴール前で(たまには)ダイレクトにパスを繋げ。
アビスパも去年は出来ていた。
そういえばゴール前でダイレクトにパスが繋がるシーンって最近見ない。
Aペナルティエリア内でもっと勝負しろ!ドリブルでいけ!
こーへーやきょーへーはもっと積極的にドリブルで突っかけていいんじゃないか?
出来るんだから。
 
開幕戦も引き分けに持ち込まれるし、今日もロスタイムに1点入れられて負けるし…
山形ってほんとに場の雰囲気の読めないチームだ。
あんまり好きじゃない…
 
今節のキャプテンは千代だった!
記念に写真を撮ってしまった。
千代は藏田がいないとすごく集中している。
集中しているときの千代はいい感じだ。
千代、次もがんばれよ。
次は完封しろよ。
 
増川も良かった。 (キャプテン藏田が出場停止のためセンターバックでスタメン。)
増川はセンターバックで十分使える。
次も千代&増川コンビが見たい。 (藏田は2試合出場停止。)
増川をフォワードの位置に上げなくてすむようにフォワードは点を取れ!
 
その他の選手は負けたんであんまり誉めてあげられない。
 
今日、味のマルタイうちわをもらった。
「サッカーも、ラーメンも、
すぐにはうまくなりません。」
 ↑
何が言いたいんかよく分からん!
 
posted by オータ at 00:39| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月27日

アビスパを語らせるなら・・・

僕の好きなJ2解説者、第1位はダントツで さんだ!
(以下、親しみを込めてノノ
僕だけでなく、アビスパ好き&スカパーに入っている人でノノの解説が嫌いという人はいないんじゃないだろうか。
解説を聞いていれば分かるが、ノノはかなりアビスパが好き(なはず)である。
 
まずノノはどの解説者よりも早くアビスパの強さに気付いてくれた。
かなり早い時期から「福岡のサッカーは面白い。」と言ってくれた。
去年の第2クール、勝てないがアビスパはいいサッカーをしていた。
しかし結果だけを見て他の解説者はアビスパを評価してくれなかった…
でもノノは僕らと同じように、
負けてるけどアビスパはいいサッカーをしている。
若くて良い選手が育っている。
そろそろ結果も出てくるはずだ。
と言い続けてくれた。
結果だけでなく、内容を見てしっかり評価してくれた。
ノノの解説に「うん、うん」と何度も何度もうなずいたものだ。
 
アビスパが後半戦しっかりと結果を出したことで、ノノ自身、解説者として自信を深めたかもしれない。
ノノは見る目がある!
 
今年の開幕前も「アビスパには優勝する力が充分にある!」と予想していたし、
これだけ川崎フロンターレに離された今でも「チームの完成度では福岡が一番」と誉めてくれる。
見ている人を不快にさせない爽やかな語り口、的確なコメント、アビスパを評価してくれるところ。
 
全部いい!
 
古巣サポーロに対しては時折厳しいコメントをするが愛情ゆえのものなんだろう。
アビスパには関係ないけど、ノノの為にも、成績に関係なく熱心に応援しているコンサドーレ札幌サポーターの為にも、サポーロはもうちょっと意地を見せて欲しい。(と言いつつも…、アビスパにだけは意地を見せるな!)
J2初年度の最弱アビスパにだって宮本やこーへーのように負けて悔しいと泣く選手がいた。
今のサポーロにそういう選手はいるのだろうか?
 
アビスパがJ1復帰を決める試合はノノに解説をお願いしたい。
アビスパ語らせるんならノノ。
というより第4クールは全部ノノで頼む。
お願い、スカパー。
 
posted by オータ at 23:52| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパの味方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

第30節 ◎アビスパ福岡 2-0 コンサドーレ札幌×

第30節 ◎アビスパ福岡 2-0 コンサドーレ札幌×
        ↑
完勝だったんで二重丸にしてあげた!

すごくいい試合だった!(アビスパにとって)
オリンピックなんて放っておいて、早速ビデオで観戦2回目に突入。
こんなにアビスパがいい試合したのに、オリンピックなんて見てる場合じゃないのだ!
ニッポンがメダルを取るより、アビスパの1勝のほうが僕にとっては遥かに重要なのだ!
もう今日はオリンピックは見なくていい!
勝利の余韻に浸りニヤニヤしながら寝てやるのだ。

前半はひたすら圧倒し、コンサドーレにほとんど攻めさせず。
ただ得点するまでには至らず、0-0で後半へ。

後半に入り、コンサドーレが攻めの姿勢を見せ始めた途端、アビスパが先制した!

後半4分、ゴール前のこぼれ球に反応したセイジの左足炸裂!
今日のセイジのプレーは素晴らしかった。
今日のセイジはクロスだけじゃなかった。
左サイドバックに入った宮本の飛び出しにポーンと抜群のタイミングでパスを出した。
ああいうプレーが増えると更にセイジは成長するだろう。
セイジはいい!
セイジはすごい!
セイジはすばらしい!

後半25分、山形きょーへーの左足炸裂!
左サイドの宮本がゴール前にクロス。
アビスパ太田196センチ&増川191センチの超大型2トップに相手DFが気を取られ、ゴール前に詰めていたきょーへーをフリーにした!
どフリーで左足ボレー!
2対0!
 
久しぶりに流れの中からゴールを決めることが出来た。いい!
 
今日もホベルトは中盤で素晴らしい活躍を見せていた。
ボールを持った相手にはいったん軽く身体を当ててバランスを崩させ、ボールが足元から離れた瞬間にかすめとる。
闘志溢れるタックルもいい!
今度、雁の巣に行ったらたくさん誉めてあげようと思う。
 
アビスパ、いい感じになってきた!
米田もこう言っている。
「(ボランチのホベルトとの相性は)一緒にやっていていい感じ。
ボランチとしてはまずバランスに気をつけながらやっている。
いい感じできているので、もっと高めていきたい。
先制点を取れば確実にいけるというふうに感じている。
チームとしてもそういう雰囲気になっている。」
 
前回の博多の森の一戦ではアビスパに勝って連敗をストップしたコンサドーレ。
「We are サポーロ!」を歌われて悔しかった…
試合終了後、TVの前でガッツポーズして言ってやった。
「We are フクオーカ!We are Fukuoka!」
そんな応援ソングないけど…すごくすっきりした。

アビスパは久しぶりに自動昇格圏内の2位に浮上した!
14勝9敗7分で勝ち点46。
解説者の野々村さん(元コンサだがかなりのアビスパ通)も言っていた。
「引き分けの多いチームより勝ちきれるチームが残る!」

次節、勝ちきれるチーム、ぼくらのアビスパ福岡は 29日(日)19:00〜博多の森でモンテディオ山形(6位)と対戦する。
(でも台風が来るらしい…)
今年のJ2は2位になったチームは、その次の試合に勝てないというジンクスがある。
そのため首位川崎フロンターレが独走してしまった。
ただし唯一そのジンクスを破ったことがあるチームがある。
僕らのアビスパ福岡だ!
やっぱりアビスパは特別なチームだ!
とにかく、もう2位からは落ちたくない。
日曜日、2位は勝てないのジンクスを打ち破り、僕らのアビスパの快進撃が始まるだろう。
 
山形戦は味のマルタイご愛顧感謝デーだ。
味のマルタイはアビスパのスポンサーになったらしい。
僕はインスタントは棒ラーメンと気持ちを固めた。
 
コーヒーはGEORGIA
インスタントは棒ラーメン
サッカーはアビスパ
これ福岡の常識。
posted by オータ at 23:33| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月22日

第29節 ○アビスパ福岡 1-0 ベガルタ仙台×

今日は土曜日だが出勤日だった。
迷わず昼から休んだ。
週末は定時後掃除がある。
そんなことしてたら試合に間に合わないからだ。

「大事な用事があるんで帰ります!」と真剣な顔をして林さん(上司)に言う僕に
次々と
「オータさん、博多の森ですか?」
とか
「今日の相手はどこ?」
と聞いてくる同僚たち…
「(ちっ、お見通しかよ。)今日は仙台なんだ!この前は屈辱の逆転負けだったんだ!
今日は絶対に仙台を倒してやるんだ!なっ、大事な用事だろ!ね、ね。」
とまっすぐな目をして熱く回答してやった。

そして僕は勝利者となった。

試合前から今日は何かが起こる予感がした。
審判が辺見だったからだ。
辺見はアビスパの試合になると必ず不可解な判定を連発するやつだからだ。
アビスパ以外でも辺見はやるけど・・・

そして今日も辺見はやってくれた。
いい意味で期待を裏切ってくれた!

後半40分過ぎにペナルティエリア内でアビスパ太田がボールを受け、ターンし前へ!
相手DF根引がユニフォームを引っ張る!アビスパ太田が倒された!
辺見は迷わずペナルティスポットを指差した!
PKだーーーっ!
辺見、グッジョブ!いやアビスパ太田、グッジョブ!

途中出場の山形きょーへーが仙台GK高桑の動きをしっかり見極めて、落ち着いてゴール右隅に蹴りこんだ!
後半ロスタイムにアビスパ先制!
そして試合終了。

今日のヒーローもきょーへーだった。
第一声は「イエ〜!」だった。
鈴木桂治よりヒーローインタビューで「イエ〜!」が似合うのはきょーへーしかいない。

今日はホベルト&米田もかなり良かった!
二人とも本当にいい選手だ。すごく効いていた。
この二人の中盤は守備だけを見るとかなりいい。
もう少し決定的な場面を演出出来るようになったら文句なし。

帰りはお祭り気分。
勝てばお祭り気分。
なかなか点が入らなくても、流れの中から点が取れなくてもお祭り気分。

アビスパ太田を称え
アビスパ、オ〜レ〜!(オオタ!)アビスパ、オ〜レ〜!(オオタ!)
と口ずさんでいると、なにやらちょっと前まで聞いていたあのメロディーが近づいてくる…

え、なんだ?なんでベガルタの応援歌が聞こえてくるんだ???

犯人は僕の車の隣にとまった糸島観光のバスの中にいた!
バスの中でベガルタサポーターがでっかい声で歌っていたのだ。
めちゃくちゃでかかったよ、声。

おー、ベガルタせ〜んだ〜い!カモン、カモン、カモン、カモン…ってやつ。

ちっ、僕の最高気分を台無しにしやがって…
バスの運転手さんに軽くガンを飛ばし、
僕の15番米田レプリカを見せてやった。
「勝者は僕たちなんだよ。」

ベガルタを応援してるやつらに僕の前を走らすわけにはいかないので、信号が変わった途端、猛ダッシュをかまし、糸島観光を遥か彼方に置き去りにしてやった。
ばいばいベガサポ。

負けても凹まないその根性、敵ながらなかなかいい感じだ。
ただ負けたくせにでかい声で歌うのはよせ。
(窓を閉めてるのに聞こえてきた。)
ベガルタが勝ったと試合を見てない福岡県民が誤解するだろ。

またいつか博多の森で会おう。
先にJ1に行っとくから、仙台の人たちは後から上がって来い。
posted by オータ at 01:26| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月21日

最強☆日本柔道!☆最高

この1週間
毎日柔道!
毎日感動!
毎日メダル!
8個の金メダル!

柔道好きとしては最高の1週間だった。


今回のオリンピックは、攻める姿勢が見られないとすぐに指導が来るため常に攻めの姿勢を見せなければならなかった。

ポイントでリードしていたのにラスト1秒で指導を取られ反則負けになった女子選手がいた。
ラスト10秒で投げられメダルを逃がした世界チャンピオンもいた。

対して
日本柔道は、常に一本を狙う攻めの柔道!
アテネでは日本の攻める柔道の強さが存分に発揮された。

前へ前へ
最後まであきらめない
攻めの姿勢を崩さない


最終日の今日も二つの金メダル。
大逆転!の塚田の押さえ込み。
あきらめないやつには勝利の女神が微笑んでくれる。
(こういう姿勢をアビスパの選手たちも見せて欲しい。)

昨日、井上康生が負けた…
鈴木桂治には絶対にメダルを取ってもらいたい。
最重量級で勝つことで日本柔道が真の最強であることを証明して欲しい。

決勝戦、ぼくもTVの前でニッポン!コール。
日本中のみんなの期待に応えて…
小外刈りでイッポン!
僕も跳ね上がってガッツポーズ!

小川や篠原がなし得なかった最重量級での金メダル!

鈴木桂治
今日、アテネで日本柔道最強の男が世界最強になった。

日本に生まれて柔道で金メダルを取る。
あぁ、憧れる。
あぁ、うらやましい。

今回の日本柔道チームは最強だった。
結果が証明している。
そして最高だった。
内容が証明している。

メダルを取った選手からも、取れなかった選手からも
勝負に賭ける強い気持ちが伝わってきた。

たくさん感動させてくれてありがとう。
柔道は日本の誇りだ!
posted by オータ at 00:31| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アテネ見てねって言ってるんで… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月19日

感動を伝えた男たち

昨日(もう一昨日)、体操でニッポン男子が金メダルを取ったシーン、
急に解説者の人がしゃべらなくなった。
すすり泣きのような声が聞こえてくる…
どうやら堪えきれずに泣き出してしまったらしい。
 
「おお、男の人が人の目を気にせずに泣くっていうのもいいね。
ほんとに嬉しいんだろうなあ…」
としみじみしてたら、
一緒に実況をしていたアナウンサーが 「○○さん、どうぞ泣いてください!」 って言った。
しばらくの間、解説者の人は泣き続けた。
そしてそう言ったアナウンサーは解説者の人の分もとそれから一生懸命喋った。
ちょっとしたシーンに二人の友情を感じた。
 
アナウンサーの落ち着いた語り口から印象に残るフレーズが次々と生み出されていく。
「この人も本当は泣き出したくなるくらい感動してるんだろうなぁ。」
金メダルにふさわしい素晴らしい実況だった。
 
アテネから日本に向けて感動をしっかりと伝えてくれた二人。
 
一人は喋ることで
一人は喋らないことで…
 
じ〜んとした。
感動が倍増した。
 
金メダルを取った選手たちのチームワークも良かったけど
実況した二人のチームワークも良かったよ。
 
いいもん見た!
やっぱりスポーツっていい!
 
僕もアビスパが昇格したときは
顔をくちゃくちゃにして
誰の目も気にせずに
でっかい声で
泣いてやる!
posted by オータ at 00:21| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アテネ見てねって言ってるんで… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月18日

ノソフに闘う男の魂を見た!

4年に1度のオリンピック!
アビスパの試合が無い日はオリンピックの話題でいくぞ!

僕は柔道も大好きだ!
アテネ五輪真っ只中
毎日柔道!
毎晩JUDO!

柔術をやってたんで寝技の攻防もOKだ。
でもやっぱりイッポン!が決まったときがいい!
アビスパのゴールシーンの次くらいスカッとする。
最近あんまりスカッとさせてもらえんけど…
スカッとさせろ!

シドニーのときは当時日本柔道最強の男、篠原を応援するため雨の中会社から急いで帰ろうとして事故ってしまった。
傷心のまま家に帰り着くと、篠原は疑惑の判定に破れ金メダルを逃がしていた…
車が壊れたことより、篠原が金を取れなかったことが悲しかった…

今回、篠原はTBSの解説者として中居くんの隣にいる。
そしてでっかい顔してくだらんギャグを飛ばしまくっている。
おまけに自分のギャグにガハハハハとうけている。
そこがいい!
篠原おもしろい!

五輪三連覇の野村は篠原の天理大の後輩。
試合前のインタビューで「3個目取ったら(金を取れなかった篠原)先輩に1個あげたい。」と言っていた。
すごく感動した。

でもこれはお調子者の野村の冗談だったらしい…
冗談かよ…
なんだよ…
篠原、絶対に真に受けてたはず。
だって篠原は絶対に僕より単純だから。

ただ野村も気持ちの中では本当に篠原になら1個あげてもいいかなって思っていたんだろう。
篠原ってそういうやつなのだ。
そう思わせてしまうやつなのだ。
(会ったこと無いけど)
顔はいかついけどすごく柔らかい優しい目をしている。
柔道見るならTBS。
ぜひ篠原を目撃して欲しい。

今日の男子柔道81キロ級でロシアのノソフ選手が左手を痛めているにも関わらず銅メダルを賭けた一戦に強行出場。
執念のすくい投げで見事に銅メダルを勝ち取った!
左手が使えないのに常に前へ、前へと向かう攻めの姿勢に目が釘付けになった。

右手一本で闘う男。

試合終了直前にバッティングで目の上をカットした彼は、勝った瞬間血まみれのまま両こぶしを握り締め何度も何度も吼えた!
苦しくてきつい試合を乗り越え、抑えていた感情が爆発した!
ノソフ、かっこいい!
ノソフ、すごい!
金メダルをとった選手の名前は覚えてないけど、ノソフは忘れん!

最後まで前に前に出たやつだけが掴める栄光。
あああああ、めちゃくちゃ熱くなった。

ノソフ
スパシーバ!
最高にかっこいい銅メダリストだ!
posted by オータ at 00:42| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アテネ見てねって言ってるんで… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月15日

第28節 ×アビスパ福岡 1-3 川崎フロンターレ○

対フロンターレ10連敗だ…
しょぼ…
恥ずかしいからフォントをピンクにしてやる。
10連敗…
情けないからフォントもちっちゃめにしてやろう。
10連敗…
 
しょーもない試合だった…
J2の試合だった。
ワンチャンスを活かして先制すると無理に攻めてこなくなったフロンターレ。
それなのに3点も取ってしまう。
そこんところが訳分からん!!
 
ポゼッションは高いが決定的なシーンを生み出せないアビスパ。
点を重ねられる度に闘志が萎えていく…
そこんところが頭に来る!!
 
フロンターレ相手の今季初めての得点はコーナーからの千代ヘッド。
1点だけ。
今日も千代か…
FWは何してんだ?
 
去年までのアビスパVSフロンターレのドキドキするような興奮なんて全く無し。
今年のフロンターレ戦はちっとも面白くない。
 
熱気とか闘志とかプロとして大切なものがピッチから伝わって来ない。
すっかり大人のサッカーをするようになったフロンターレ。
さびしいね。
 
川崎フロンターレってこんなもんじゃないだろ?
もっと出来る。
もっとやれるだろ?
 
アビスパだって…
10連敗して悔しくないのか?
恥ずかしくないのか?
今のアビスパで常に闘志を剥き出しにしているのは藏田&アレク&水谷くらいだ。
全員で戦え!
 
アビスパとフロンターレしか出来ないガチンコ・ノーガードの撃ち合いが見たかった…
それで負けるんなら納得するけど…
 
ハートの見えてこない戦いに感動なんて生まれない。
今日の試合は書くことがない…
posted by オータ at 23:28| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月14日

そろそろ連敗ストップを・・・

明日15日(日)はアウェイ等々力で首位川崎フロンターレとの一戦だ。
等々力で今季負けなしのフロンターレ。
ぶっちぎり独走で場の読めないフロンターレ。
アビスパ福岡、対フロンターレ、現在9連敗中…
J2降格後の対戦成績は
○●●●●●●●●● だったが…
明日
○●●●●●●●●●!←こうなる!
根拠はない!
ないけど…
もうそろそろ連敗ストップしろ!
 
アビスパのJ2初年度、フロンターレには勝ち点9をプレゼント。
ナイスアシスト!アビスパ!
それでもフロンターレは昇格できなかった…

去年は勝ち点12をプレゼント。
これ以上ないナイスアシスト!アビスパ!
こんなに貢献してあげたのにフロンターレは勝ち点1差に泣いた…
12以上は勝ち点やれないんだぞ…

そして今年、今のところ勝ち点6をプレゼント。
しかし今年はアビスパだけでなく、全てのチームがフロンターレの昇格をアシストしている。
(結果だけはフロンターレと互角の場の読めない仙台は除く。)
もういいだろ?フロンターレ。
たまにはアビスパに勝ち点くれてもいいだろ。
勝ち点くれよ。1じゃダメだ。3くれ。ねっ、ねっ。

今までフロンターレには最高のアシストをしてきた。
これからはフロンターレがアビスパをアシストしてくれ。
甲府&大宮&京都&山形&仙台には必ず勝て!

そしてフロンターレサポーターは早々と昇格を決めても油断しないように暖かくも厳しくフロンターレを見守って欲しい。
この前の仙台戦なんて全然いけてないぞ。
アビスパ相手だとめちゃくちゃ集中してるのにどーして仙台にはロスタイムで2点も取られるんだ?
それも同じ選手に。
油断してる選手には「しゅーちゅー!」って、でっかい声で気合を入れてやれ。
 
今日柔ちゃんがアテネで福岡さいきょー!を証明した。
明日はアビスパがフロンターレを破って、僕に「福岡さいきょー!」って叫ばせてくれ。
posted by オータ at 23:51| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパの味方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月13日

もう一人のくらたさん

今日からお盆休みだ!早速朝から雁の巣へGO!

サテライトVS福教大
3-2だった。前半は良かったが、後半はぐだぐだ…

前半3-1(得点者:増川、北斗、アビスパ太田)
前半のメンバーはかなり良かった!
試合の進め方も良かった!

FW アビスパ太田 増川の豪快2トップ!
MF 右 大塚くん 左 こーへーのちびっこきれきれドリブラーコンビ! ボランチに宮原 篠田
DF 右 北斗 左 木藤 センターは柳楽 宮本
GKもっしゃん

開始早々こーへーがロングボールに反応し左サイドをえぐってクロス、増川がズドン!
絵に描いたような見事なサイド攻撃だった。

北斗の得点はミドル。これも先制した後すぐの得点だった。
今日も北斗が良かった!
北斗が戦っているのは目の前の相手だけじゃない。
いつも代表を意識して高いモチベーションで試合に集中している。
背は低いが、がっしりした身体を持っていてなかなか倒れない。
倒れてもすぐに立ち上がってボールを奪いに行く。
北斗のかもし出す雰囲気は、凛としている。サムライのようだ。
ただ僕としては北斗はちっちゃいのでDFラインに組み込むのはあまり賛成じゃない。
ジャンプ力はかなりのものがあるけど、やはりハイボールを上げられると苦しい。
北斗はいい!ほんとにいい!
北斗ならアビスパを背負っていける選手にきっとなれる。

失点はこーへーのミスが起点。
柳楽が相手FWにゴール前で身体を入れ替えられてボールを奪われシュートされた。

アビスパ太田はちょっと膝を痛めたかも…
大したことが無ければいいけど。

後半はメンバーを大幅に入れ替えた。後半だけなら0-1で負け…
早々に木藤がイエロー2枚目をもらって退場。練習試合なのに…
後半は言うこと無い。悪い意味で。

FW 太田(→アリくん) 宮原
MF 左 有光 右 ケースケ ボランチ 沖本、松下
DF 右 木藤 左 飛鳥 センター川島、小川
GK 神山
木藤退場でポジションが変わったけどどうでもいいや。

試合後、隣で試合を見ていた倉田コーチとちょっと話してきた。
@ユースケのゴールは倉田さんの指導があったからですね。
倉田さんが指導していたのと同じ形でユースケはゴールを決めたね。
いいゴールだったね!

グッジョブ、倉田コーチ!

Aサテライトは去年のチームのほうがいいサッカーをしていましたね。

去年は倉田コーチがサテライトを見ていた。
去年のアビスパサテライトは最強だったのに…

B日曜の川崎戦、がんばってね。

勝ってねって言えば良かった…

僕は倉田コーチはかなりいいコーチだと思っている。
やりたいことがはっきりしているし、それを言葉で選手に伝えることが出来る。
指示も的確。
あの人は絶対に頭いいよ。
解説者になったら絶対に分かりやすくていい解説をすると思う。
名将松田をこれからもヘルプしてあげてください。
次の川崎戦は松田監督が指揮を取れないんで倉田さんの出番だ!
倉田さん、頼んだよ。
握手した右手に僕は闘魂を込めたからね。

隣の隣のお父さんが倉田さんに「松田監督は昨日何て言って退場になったんですか?」って聞いたら
「口に出して言ってはいけないこと。」と答えていた。
そーか。そーなのか…
松ちゃん、今日倉田さんがアビスパ太田(審判の判定になんでだよぉ!と抗議した。)に言ってたよ。
「冷静にならないと良いプレーは出来ないぞ。」
審判には僕たちが文句を言ってやるから。
松ちゃんは常に熱く、かつ冷静にね。
posted by オータ at 01:28| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雁の巣日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月12日

第27節○アビスパ福岡 2-0 湘南ベルマーレ×

ユースケが決めた!
うれしい!
なかなかこれまでゴールを決められなかったのに、U-19日本代表に選ばれた次の日の試合でJ初得点を決めるなんて…
やっぱりユースケは何かを持ってる!

1-0でリードしている後半38分、
ホベルトが頭で前方に大きく弾き返したボールにいち早く反応したユースケ(後半30分に林と交代)が、スピードに乗って相手DF二人の間を突破、胸でトラップした後、コースを狙って左隅にきっちり蹴りこんだ!
嬉しそうに何度もガッツポーズをするユースケ。

ユースケの持ち味が出た良いゴールだった。
このシーンを見られただけで満足!大満足!感動した!
ひさしぶりにFWが得点した。
ユースケ、代表でも決めて来い!

エジウソンのスピードあるスペースへのパスに反応できるのは林よりユースケ。
エジウソンを軸に考えるならこれからもユースケを使って欲しい。(途中出場でもいいから)

ゴールを決めたユースケに真っ先に飛びついたのは増川だった。
(増川とユースケが二人で組んでシュート練習しているのはよく見る光景。)
いいシーンだった。

そして倉田コーチと全体練習が終わってマンツーマンで練習をしているユースケもよく見ることが出来る。
名将松田が審判に抗議して退席処分になったんで今日の試合後の談話は倉田コーチ。
それに湘南ベルマーレの望月監督代行は去年アビスパユースの監督をしていた人。
(ユースケはアビスパユース出身)
お世話になった二人にいいプレゼントが出来た。
まさにゆーすけDAY。

湘南はどいつもこいつもユニフォームを引っ張りすぎ。
そんなことしたら、いつまでたっても強くならんぞ。
目の前でユニフォームを引っ張ってるのにプレーを流す審判。
名将松田はヘボ審判のヘボ判定に激怒!
メイン側の副審が主審に告げ口して退席させられた…
正しい判定してたら、松ちゃんだって抗議しなくていいんだ!
Jリーグはもっとましな審判よこせ!(博多の森だけでいいから。)
全試合、岡田もしくは吉田にしてくれ。

先制点は前半40分…
髪の毛が短くなっていた千代が先制ヘッド!
セイジのコーナーキックの精度も良かったが、相手DFのマークを上手く外した千代の動きは素晴らしかった。
前半に先制したのは久しぶりだ。目の前でゴールを決めてくれて、千代ありがとう。

今節もきっちり勝ち点3。対ベルマーレ7連勝!
いつもいつもありがとう。
あと残り1試合も頼むぞ。

アビスパが勝つと帰りの車の中でニヤニヤが止まらない。
たまに隣の車の人と目が合ったりしてハッとする。
あ、今めちゃくちゃだらしない顔をしてたかも…
ま、いいや。アビスパが勝ったんだし。

アビスパが勝つと朝が爽やか!
今日も朝からめちゃくちゃ暑いけど、僕の心の中にはそよ風が吹いている。
セミのうるさい鳴き声も小鳥がささやいているようだ!

3試合連続完封勝利でただいま12勝8敗7分。
勝ち点43で2位甲府と勝ち点差なしの3位浮上!
次は首位川崎フロンターレだ!
posted by オータ at 08:23| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパの味方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月11日

ユースケもきた!

今日はいい日だった。
アビスパからU-19にFWの田中ユースケも選ばれた!
8/15〜22のSBSカップ国際ユースサッカー大会に臨むチームだ。
もちろんMFの北斗、DFの柳楽も選ばれた!
うれしい!
J2チームから3人も代表に選ばれるなんて…
やっぱアビスパはいい!
あぁアビスパの未来は明るい!

3人ともこのチャンスをつかんで、是非9月から始まるアジアユースで日の丸を背負って戦って欲しい。


昨日8月10日はアビーくんとビビーちゃんの結婚記念日だった。
アビーくん、ビビーちゃん、結婚1周年おめでとう!
これからも夫婦仲良くJ最強&最高マスコットの座をキープしてください。
それと赤ちゃんマスコットの誕生を心待ちにしてます。
名前はきっと○○ビーなんだろうな。
僕としてはネイビーがいいです。
ベイビーは勘弁。
ボンビーは問題外。
posted by オータ at 01:17| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 僕らのU-19日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月09日

第26節 ○アビスパ福岡 1-0 ヴァンフォーレ甲府×

蜂月蜂日アビスパの日。
甲府も倒した!

アビスパにふさわしい結果だ!
アビスパの日にふさわしい結果だ!
2連勝だ!
5位→4位に浮上した!
久しぶりに博多の森でアビスパの得点シーンが見られた!
久しぶりに博多の森でアビスパが勝った!

今日も決定力不足で0-0のまま時間が過ぎていく…
エジウソン、こーへーと決定的チャンスを決めきれなかった…

しかし、復帰第2戦目のアビスパ太田がひと仕事やってくれた。
後半13分、林に代わって途中出場。
背の高さを活かしてポストプレーをこなす。
そして後半40分。
ペナルティエリア内でボールをもらったアビスパ太田が前を向く!
甲府DFアライールがアビスパ太田を止めようとぶん投げる!
(アビスパ太田が上手いこと投げられる!)

ヤバイ!

アビスパ太田はJリーグで一番でかいFWなんで、悪いことをしてなくてもよくファウルを取られる。
(おっきい奴がチビッコをいじめている感じ。)
アビスパ太田は顔もいかついんで、当たり前のプレーをしててもよくファウルを取られる。

アビスパ太田にイエローが出る!(シミュレーションを取られる!)
と思った瞬間、審判がペナルティスポットを指差した!
PKだ!
うおおおおおおお!アビスパ太田ー!よくやったー!

オオタコールの中、山形きょーへーがボールをペナルティスポットに置いた…
そしてきょーへーコール!
僕も祈る、一生懸命に祈る。「決めてくれ〜!」

きょーへーは落ち着いてゴールに向かってボールを転がした。
ゴォーーーーール!1-0!
そのまま甲府の攻めを凌ぎきってアビスパは勝利した。

ありがとう、アビスパ太田。
お前のおかげで今日も博多の森でオオタコール!
めちゃくちゃ気分がいい!
次は出場停止なんで、その次頼むぞ!

ありがとう、山形きょーへー。
お前は北九州の誇りだ!

ヒーローインタビューはもちろん太田ときょーへーの二人。
(二人というのは結構珍しい。)

ヒーローインタビューでのきょーへー。
開口一番
「イエ〜!(でっかい声で)」
ああやっぱこいつはバカだ…でも笑った。
J1復帰に向けて…
「みんなで頑張りましょう!(でっかい声で)」
そーだ、そーだ。みんなでがんばろー!

名将松田が審判に切れまくりだった。
バックスタンド側の副審もヘボだった。
試合後も名将松田の怒りは収まらず。
「おいおい今日の審判誰だったんだ?」と家に帰って調べたら北村だった…
あいつじゃ、しょうがない…
北村じゃ、しょうがない…

2試合連続1対0。
相変わらずの決定力不足だけど、勝ち続けていくうちにきっと解消されるはずだ。
勝負強くなってきた!と良い方に、良い方に、考えたい。

アビスパが勝つ。
それだけで幸せだ。
アビスパが勝つ。
それだけでまた明日からがんばれる。

みんなで頑張りましょう!
posted by オータ at 00:40| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月08日

蜂月蜂日 蜂対0

今日は10:00〜雁の巣で行われたサテライトの練習試合を見に行ってきた。
蜂月蜂日アビスパの日にふさわしく、蜂対0で山口県国体選抜に勝った!
得点者は有光3、アリ2、宮原1、沖本1、首藤1

アリくんはなぞの32番だ。
アリ・エルサムニくんはどうやらアビスパの練習生になったみたいだ。
途中出場でFWに入り、ユースケとの2トップ。
2点は取ったが山口県チームは後半足が止まっていたんで、それほど評価は出来ない。
あんまり動きは良くなかったような…

ユースケは決定的なシュートを何回か外した。
でも動き自体はそれほど悪くは無かった。
サテライトで鍛えなおして、次にトップに上がったときはJ初得点を見せて欲しい。

宮原の1点はループシュートで、あぁ良いもん見たなぁっと思った。
でもちょっと元気が無いように見えた。
いつもなら、もっと声を出して指示を出す選手なのに…
司令塔なのに…
FWの位置で使われたかと思うと、1.5列目やボランチもやらされる。
宮原にチームは何をやらせたいのか?
大熊(コーチ)は宮原をどう使いたいのか?
宮原、腐らずにがんばれ。

今日一番印象に残ったのは北斗だ!
途中出場で飛鳥と交代で右サイドバックに…
常に前を意識したプレー。
闘志のこもった激しいタックル。
ユニフォームを掴まれてもなかなか倒れない!
北斗のプレーは楽しかった!
ハートが感じられた。
北斗のプレーを見られただけでも暑い中雁の巣まで行った甲斐があるってもんだ。
やっぱり中村北斗はアビスパの宝だ。

今日はアビスパの日だ。
甲府も倒す!

posted by オータ at 14:32| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雁の巣日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月06日

山口より魂を込めて

今週、後輩のノッピからメールが来た。
「オータさんの熱い思い、ちょくちょく拝見しています。」
ちょくちょくじゃダメだろ。毎日見ろ!
毎日アビスパに触れろ!

続けて…
「相変わらずのオータさんに半分感動、半分あきれてます。」
感動するのはいいが、あきれるのはよせ!
せめて7割感動、3割あきれて…くらいにしといてくれ。

建築科出身で現場監督をやっているノッピは長い山口での現場を終わらせ、蜂月末には僕らの愛する福岡に戻ってくるらしい。

ちょっとむかしまでノッピは何故かなかなか携帯のメールアドレスを友達に教えなかった。
だれもノッピの携帯アドレスを知らなかった。
何かある!これは怪しい!と思った僕は強引に聞き出した。
やつのアドレスは「noppi…」

きゃはは。ノッピぃー!お前がノッピー!!
ひゃひゃひゃ。ノッピ!ノッピ!ノッピ!ノッピ!

それ以来、野田(本名)は僕にノッピと呼ばれるようになったのだ。
40過ぎてもノッピだ。
じーちゃんになってもノッピだ。

ノッピは僕の一つ下の後輩で、僕の次にサークルの会長になったやつだ。
ノッピもプロレスファンで僕と同じく北九州の高校を卒業して、かごんまにやって来た。
プロレス好きな新入生がサークルに入ったと聞いた僕は、声を弾ませ、「好きなレスラーは?」と聞いてみた。
答えは「長州!」
目に力がこもっていた。
だが最悪の回答だ…
この回答は、今の僕に対し「僕はトリニスタです。」とか「僕はサガンティーノだよ。」とか言ってるようなもんだ。

そう僕は長州の宿敵、ドラゴン藤波の大ファンだったのだ!
ちっちゃい頃から部屋には「NEVER GIVE UP!」と大きく書かれた藤波のポスターを貼っていた。
松木安太郎と同じく、僕も藤波が教えてくれたこの言葉が大好きなのだ。

実は長州のポスターも部屋に貼っていたこともある…
パンチ用だ。
藤波が長州に負けたときに長州の顔をパンチするためだ!
僕にとって長州なんてそんなもん…

一つ年上だから大人の対応をしなきゃいけない!と
僕は長州のことは忘れ、やつのプロレスファンという部分だけを快く受け入れてあげることにした。
それ以来10年以上のつきあいだ。
大学時代は僕がゴングを、ノッピが週プロを買い、二人でよく交換して読みあったもんだ。

ノッピは去年結婚し、なんと雁の巣の近くに新居を構えた!
やはり僕の後輩だ。
えらい。えらい。
このことでノッピは僕の好きな後輩ランキング永久1位の座を確保した。

ノッピのお嫁さんのゆみちゃんと3人で雁の巣に練習を見に行ったこともある。
これからも雁の巣に行くときはノッピ&ゆみちゃんを誘ってやろう!と思っていたら、新婚間もないのに単身山口へ…

そのノッピが福岡に帰ってくる!

ノッピもここ最近低迷していたアビスパのことが心配でたまらなくなったんだろう。
「博多の森でも福岡ドームでもグローバルアリーナでも雁ノ巣でも、どこでも行きましょう。」
と書いてきた。
おし!行くぞ!博多の森に、本城に、雁の巣に!!
でも昔は僕たちが集まるのは博多スターレーンとか福岡国際センターだったのだ。
時代は変わったね…

最後に
「山口より魂を込めて」
と書いてあった。
「魂を込めて…」なんて恥ずかしくなるような言葉を僕以外に堂々と書いてくる人間がここにもいた!
うれしかった。
で、今日はノッピの巻にしてみた。

ノッピ、その魂、アビスパに向けろ!

あ、それと例えお前に子どもが生まれても、ノッピって呼ぶのやめてやらんからね。
posted by オータ at 23:23| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパの味方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月04日

命名

長崎に「ヤマケンズ」と僕が名付けた友達夫婦がいる。
ヤマモトケンスケくん&ミホ夫婦でヤマケンズ。
僕と同じ会社の後輩だった二人だ。

ヤマケンズは二人ともホークス大好きだ。
(去年長崎に引っ越したんであまり試合が見られなくなったらしい…)
僕はアビスパ大好きだ。
なので○○大好きの人の気持ちは良く分かる。
○○大好き!と言える人に悪い人はいない。
○○大好き!と言う人と話すのは楽しい。

昨日ヤマケンズのミホちゃんからメールが来た。
内容は
@アビスパ連敗脱出おめでとうございます!(サンキュー!)
Aホークスは首位です!
Bそして10月に生まれる予定の赤ちゃんは女の子!
だった。
花菜ちゃんと同じアビスパイヤーの今年に産まれてくる、勝ち組で(きっと)かわいらしい(であろう)赤ちゃんの笑顔を思い浮かべながら
僕は返信した。









ビビーちゃん!
ああステキな名前だ!
この名前ならきっとみんなの人気者間違いなし。

注)ビビーちゃん…日本一かわいいマスコット。日本一かっこいいアビーくんの妻。最強アビスパ福岡の最高マスコット。

ミホちゃんは「オータ会長、ナイスネーミングですね!」と喜んでくれた!
ケンスケくんも喜んでくれたらしい。
ミホちゃんと同じ「美」が名前に入っているところがいいらしい!
喜んでくれてうれしい!
ははははは。

でもヤマケンズ、これはネタだからね。
ちゃんと姓名判断してから、かわいい名前をつけてよ。

話は早いけど、
話は早過ぎるけど…
次女が産まれることになったら
「山本亜美」
アビーちゃん!

っていうのはどーだろ?

ヤマケンズ、今年僕は「18 ARAKAKI」シャツを買ったよ。
18はエースナンバーだから。
エース江口の番号でもあるから。
だからだと思うけど、新垣、好調だろ。

今年の夏は暑いから、身体に気をつけろよ!!
で、元気な赤ちゃんを産むのだ!!
がんばれ、ヤマケンズ。
posted by オータ at 23:23| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパの味方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月02日

第25節 ○アビスパ福岡 1-0 横浜FC×

1ヶ月ぶりの勝利だ!
ここでお祭りしなくていつするんだ?
昨日は試合終了直後から、がんがんビール飲んで、酔っ払って寝た!
ブログの更新は明日スカパー見てからにしようっと…
ニヤニヤしながら寝た。
ニカニカ笑いながら寝た。

今日もお祭りだー!
ビールを買って帰った。スカパー見ながら飲みまくるのだ!
しかし20時ちょっと前から雨が降り出した…結構強い!
ガガガガ〜ン!
スカパーが映らなくなった…

ノォ〜〜!(ナミダ目になる)
なんでだよ、どーしてだよ…
昨日の夜からめちゃくちゃ楽しみにしてたのに…
セイジのヘッドが見てえんだよぉお!

泣く泣くアビスパ仲間のミコリンターレに電話する。
「スカパー、ビデオ録ってくれ…(しょぼん)」

しかし神は僕の味方だった!
19:58、雨が小止みになった!そしてスカパーが映った!
うおおおお!きたー!スカパー!いいぞー!

前半11分、僕が待ちに待っていたセイジのヘッドはまさにラッキーゴール!
平島のクロスをキーパー菅野がキャッチミス、
詰めていたセイジが体制を崩しながらヘッド!
ボールは弧を描いてゴールネットへ…
へ?
これ。
これか。
でもいい!1点は1点だから。
セイジ、ありがとう。

前半は横浜FCにかなりやられていたが、後半は持ち直した。

でも千代はやっぱり集中が足りない。
博多の森で久しぶりに言ってやらなきゃ。「千代!しゅーちゅー!しゅーちゅー!」

エジウソンは強い!倒れない!
ちなみに僕のパソコン、最強くんの壁紙はエジウソンだ。
雁の巣で撮ったやつ。
エジウソン、次の甲府戦はゴールを決めてくれ。
あ、それとシュート、がんがん打っていいから。

この試合、ホベルトが良かった!
これまでと違って積極的に攻撃に顔を出していた。
強引に横浜FCのDFの間を突破していったシーン。
後半ロスタイムにエジウソンに決定的なパスを出したシーン。
ホベルト、これからだから。
これからがんばれよ。

この1ヶ月間辛かったな…
やっと勝ったよ。
アビスパ太田も戻ってきたし、
これから、これから。

さ、もう1回ビデオ見よ。
今日もニコニコ笑顔で寝られる。
posted by オータ at 22:59| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。