2004年08月25日

第30節 ◎アビスパ福岡 2-0 コンサドーレ札幌×

第30節 ◎アビスパ福岡 2-0 コンサドーレ札幌×
        ↑
完勝だったんで二重丸にしてあげた!

すごくいい試合だった!(アビスパにとって)
オリンピックなんて放っておいて、早速ビデオで観戦2回目に突入。
こんなにアビスパがいい試合したのに、オリンピックなんて見てる場合じゃないのだ!
ニッポンがメダルを取るより、アビスパの1勝のほうが僕にとっては遥かに重要なのだ!
もう今日はオリンピックは見なくていい!
勝利の余韻に浸りニヤニヤしながら寝てやるのだ。

前半はひたすら圧倒し、コンサドーレにほとんど攻めさせず。
ただ得点するまでには至らず、0-0で後半へ。

後半に入り、コンサドーレが攻めの姿勢を見せ始めた途端、アビスパが先制した!

後半4分、ゴール前のこぼれ球に反応したセイジの左足炸裂!
今日のセイジのプレーは素晴らしかった。
今日のセイジはクロスだけじゃなかった。
左サイドバックに入った宮本の飛び出しにポーンと抜群のタイミングでパスを出した。
ああいうプレーが増えると更にセイジは成長するだろう。
セイジはいい!
セイジはすごい!
セイジはすばらしい!

後半25分、山形きょーへーの左足炸裂!
左サイドの宮本がゴール前にクロス。
アビスパ太田196センチ&増川191センチの超大型2トップに相手DFが気を取られ、ゴール前に詰めていたきょーへーをフリーにした!
どフリーで左足ボレー!
2対0!
 
久しぶりに流れの中からゴールを決めることが出来た。いい!
 
今日もホベルトは中盤で素晴らしい活躍を見せていた。
ボールを持った相手にはいったん軽く身体を当ててバランスを崩させ、ボールが足元から離れた瞬間にかすめとる。
闘志溢れるタックルもいい!
今度、雁の巣に行ったらたくさん誉めてあげようと思う。
 
アビスパ、いい感じになってきた!
米田もこう言っている。
「(ボランチのホベルトとの相性は)一緒にやっていていい感じ。
ボランチとしてはまずバランスに気をつけながらやっている。
いい感じできているので、もっと高めていきたい。
先制点を取れば確実にいけるというふうに感じている。
チームとしてもそういう雰囲気になっている。」
 
前回の博多の森の一戦ではアビスパに勝って連敗をストップしたコンサドーレ。
「We are サポーロ!」を歌われて悔しかった…
試合終了後、TVの前でガッツポーズして言ってやった。
「We are フクオーカ!We are Fukuoka!」
そんな応援ソングないけど…すごくすっきりした。

アビスパは久しぶりに自動昇格圏内の2位に浮上した!
14勝9敗7分で勝ち点46。
解説者の野々村さん(元コンサだがかなりのアビスパ通)も言っていた。
「引き分けの多いチームより勝ちきれるチームが残る!」

次節、勝ちきれるチーム、ぼくらのアビスパ福岡は 29日(日)19:00〜博多の森でモンテディオ山形(6位)と対戦する。
(でも台風が来るらしい…)
今年のJ2は2位になったチームは、その次の試合に勝てないというジンクスがある。
そのため首位川崎フロンターレが独走してしまった。
ただし唯一そのジンクスを破ったことがあるチームがある。
僕らのアビスパ福岡だ!
やっぱりアビスパは特別なチームだ!
とにかく、もう2位からは落ちたくない。
日曜日、2位は勝てないのジンクスを打ち破り、僕らのアビスパの快進撃が始まるだろう。
 
山形戦は味のマルタイご愛顧感謝デーだ。
味のマルタイはアビスパのスポンサーになったらしい。
僕はインスタントは棒ラーメンと気持ちを固めた。
 
コーヒーはGEORGIA
インスタントは棒ラーメン
サッカーはアビスパ
これ福岡の常識。
posted by オータ at 23:33| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。