2004年09月19日

第34節×アビスパ福岡1-2横浜FC○

第4クールは黒星で始まった。
いつだって負けからドラマはスタートするのだ。

試合前にチャリティーオークションで米田のスパイクに12,000円入札。
財布に入っていたお金を全額書いてみた。
この金額で買えるとは思えんけど・・・
写真を見るとスパイクの色は白&黒で今年使っているモデルじゃなかったね。

続いてアビーBOXでお茶を購入。これからは飲み物はアビーBOXで買う。
博多の森に誰か連れてくときは、「飲み物は持ち込み禁止!」と嘘ついてやる。

横浜FCは主力4人を欠いていた。それにも関わらず負けた。
いつも主力が欠けている相手には負ける。
これはアビスパの仕様なのか?
どーしてホームなのになかなか勝てないんだ?

失点はDFラインの裏にボールを出され、藏田が振り切られ、そのままゴール前に走りこんだ城にラストパス。決められた。
2点目は松下がバックパス、そのボールをかっさらわれてそのままゴール。痛い失点だった。

後半、藏田、セイジを下げ、林、こーへーを投入。
増川がセンターバック、きょーへーが左、こーへーが右。林がトップに。
それでも点が入らず。
松下を外し、ユースケを入れ4-3-3に。
林が1点を返すが追いつくことは出来なかった・・・
攻めてはいたがゴールの数で相手を上回ることが出来なかった。
決定力不足というお決まりのフレーズを使うしかない。

崩されて負けたんじゃないから・・・
という言い訳は許さん。
今日は厳しく行きたい!

僕が文句を言いたいのは
@菅野(横浜FC)
J2のタイガー・ジェット・シン(最凶のプロレスラーだった人)。
J2でお前ほどスポーツマンシップという言葉が当てはまらない選手はいない。
キーパーであれだけ存在感があるのもお前だけだ。
誉め言葉じゃないぞ。

A審判
副審二人ともオフサイドの判定がへぼ。
メイン側は全然ラインに追いついてなかった。

Bバー
アビスパのシュートは内側にはじけ。

新しいメンバーが入ったら、周りの選手がケアしてあげなきゃ。
松下のプレーはミスじゃない。
油断だ。
藏田が振り切られたのはしょうがない。
藏田はそんなに足速くないもん。

今節、攻撃にはこれまでと違う場面が見られた。
きょーへーのスルーパス、ああいう攻撃が見たい。
相手が予測しない動きをアクセントに加えるべきだ。
クロスだけじゃないぞと思わせればいい。

アビスパ太田のターンの速さは魅力だ。
あの身体であれだけ早いターンが出来ると言うのは脅威だ。
アビスパ太田はユースケとコンビを組ませたい。
アビスパ太田が落とすボールをユースケに狙わせたい。

きょーへーとアビスパ太田の向かっていく気持ちは◎だ。

そして林がやっと今季初ゴールを決めた!
「今ゴール決めたの誰?」
「林です!」
ええぇ!?は、林か!はやしー!!そーか!(にこ)」

ただそれ以外はグダグダだったな・・・
それまでのプレーを見てると、ゴール決めたことを信じられんかったよ。

みんなが林に何を期待しているか知ってる?
前を向いたプレーだ。
強引なまでの突破だ。
トラップが上手くないならダイレクトでシュート打ってもいいんじゃないか?
難しいシュートは得意だろ?
林、ブーイングされたくらいで下向いちゃ駄目だ。
前向け!林!
顔上げろ!林!
もっと頭使え!林!
誰もいないところにパス出すな。
罵声が多いのはそれだけみんなお前に期待してるんだよ。
期待されたら、期待以上のことをやれ!それが男だ。

アレク、クロスがへぼかったよ。
アレク、もっと考えろ。アビスパ太田についていたトゥィードは190オーバーだ。
アビスパ太田もでかいが、トゥィードだってでっかいんだよ。
高めのクロスは全て弾き返されてただろ。
足元へ低めのパスを出すとか、自分で持ち込んでシュートを打ってみるとか
同じことを続けて結果が出なければ、やることを変えていかなきゃ。

今日大宮が勝って、次の試合は絶対に負けられなくなった。
勝つしかない!

アビスパ、応援してるぞ!

僕たちのドラマの終わりはハッピーエンドだ!
それしかないだろ!
posted by オータ at 18:00| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕はJサポーターじゃない

僕の後輩アンドーくんが朝早くから毎日新聞の記事をメールして来てくれた。
アンドーくん、サンキュー。
ちなみにアンドーくんは埼玉出身でライオンズファン。
そして僕の影響を受け、「好きなサッカーチームはアビスパ!」と答えるナイスガイだ。
朝、昼、と大体2回は僕のアビスパ話を笑顔で聞いてくれる。
さいたま市に住んでいるお姉ちゃんはレッズサポーターで、「大宮は応援しない。」人らしい。

今朝の毎日新聞。
見出しは「Jサポーター厳しい声」

アビスパのサポーター、オータさんは
「ストはファンに対する裏切り行為だ」ときっぱり。
「僕たちもアウエーの試合を見に行く時は何ヵ月も前からチケットを取っている。
熱心なファンのことをプロ野球選手たちは全然考えてない」と怒った。


僕はアビスパ福岡サポーターだ。
Jリーグは好きだけど、Jサポーターじゃない。
Jで済ますな。
ちゃんとアビスパ福岡サポーターって書け。
見出しが大事だろ。

僕は別にプロ野球選手に怒ってたわけじゃないよ。
強いて言えば、試合が始まってるのにいつまでもインタビューを続ける記者の方に怒ってたよ。

チケットの話は、前の日の金曜に甲府と山形戦のツアーの申し込みをしたから・・・
自信を持って言うが、アビスパの試合が無ければ甲府にも山形にも行くことはない。

それと・・・
アビスパのこと書いてないやん。
書いてってお願いしたやろ。
ま、書かれんとは思ってたけど・・・

僕は言いたい!
ストがそんなに重要か!
ストで試合をしない人たちのことより、
福岡にとってはアビスパのJ1昇格のほうがずーーーっと大切な問題やろ!

少なくとも僕にとってはそーだ!
posted by オータ at 14:27| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アビスパの味方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アビスパ福岡を応援しようキャンペーン

ファミリーマートでキリンビール対象商品を1,000円以上お買い上げの方に抽選でご希望のコースの商品が当たる!
ぜひこのチャンスをお見逃しなく。


福岡県限定だ。
2004年9月14日〜9月27日まで。
博多の森で応募ハガキをもらって初めて知った。
ファミマやるね。
ローソンとはちょっと違うね。
ローソンもなんかやれよ!

ビールはKIRIN。
コンビニはファミマ。

博多の森からの帰りに早速ファミマに寄ってキリンビールを千円以上購入!
レジで応募ハガキをたくさんGET。
会社で配るのだ。

僕はBコースのレプリカユニフォーム(5名)を狙う。

帰って気付いた。
あ、レシートもらうの忘れた。
ハガキにレシートを貼り付けないと応募できないのだ。
ガーン・・・
僕は詰めが甘い。

レジのにーちゃんもちゃんとレシート渡してくれよ!
応募ハガキにちょい大きく「レシート貼付欄」って書いてあるやろ!
逆切れしてみる。

そしてたった今気付いた。
昨日僕が買った「淡麗」、対象商品じゃない。
ガガーン・・・
僕は詰めが甘すぎる・・・

改めて実感する。
発泡酒はビールじゃないんだ・・・

アビスパ福岡を応援しよう!

明日、雁の巣帰りにファミマでビール買って帰ろう。
posted by オータ at 14:26| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパの味方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アビスパはやらかしたよ

アビスパはやるよ   ×
アビスパはやらかしたよ◎

つまりはそういうことだ。

試合については明日振り返ってみる。

残り10試合、川崎(宗リンじゃない方)との勝ち点差が32。
今日で今シーズンのアビスパの優勝は完全に無くなった。
アビスパは2004年J2チャンピオンになれなかった。

ちっちゃいことだが
カテゴリの
「2004年J2チャンピオンロード」は
「2004年J2二位ロード」に変更する。

つまりはそういうことなのだ。

posted by オータ at 01:26| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパの味方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いま日本最強のメガネ君は古田だ!

これからアビスパVS横浜FCの試合が始まるというときに、毎日新聞の取材を受けた。

当然J1復帰を狙う僕らのアビスパ福岡について聞かれるのだと思ったら
「プロ野球のストについてどう思いますか?」

は?

サッカーファンがプロ野球のストをどう感じているかという視線で取材したいらしい。

僕はアビスパについてなら目をキラキラ輝かせて何時間でも喋ることが出来る。
アビスパについてなら・・・
ええ〜野球かよ、これから試合始まるんだよ。
なんだよ、ストかよ・・・
アビスパのことについて聞けよ・・・
(心の中でブーイング)
だがこれはネタになると思い直し、快く引き受けることにした。

僕は試合前のノブリュウの
「ネイビー・ブルーのユニフォーム!アビスパふくおかぁああ!」
コールで拍手をするときが大好きなのだ。
アビスパふくおかー!
アビスパふくおかー! もういっちょ行こ!
アビスパふくおかー!
がほんとに好きなのだ。
その僕の大好きなひとときを毎日の女性記者のインタビューに捧げてしまった・・・

でも目の前で選手たちのプレーが始まると、もうインタビューどころじゃない。
インタビュー真っ最中なのに
増川&千代の惜しいシュート、きょーへーの空振りに腰を半分浮かして吼える!
しょうがない。
僕はプロ野球について話すために博多の森に来たわけではない。

プロ野球のことはプロ野球を愛する人が考えればいい。
僕にとってはプロ野球の将来よりも、アビスパの来年が重要だ。
いまを頑張って来年新しいアビスパを一つ上のディヴィジョンでスタートさせることが重要なのだ。

僕にとって1億円プレーヤーたちのストはリアリティーがない。
僕はアビスパのことで精一杯で、プロ野球のことまで頭が廻らない。
それに知らないやつが知ってる振りをして間違ってることを喋るのが一番良くない。

でも今回のストはファンの為にはなってないだろ?
ファンなら1試合でも多く試合を見たいはずだ。
今日のドームでの試合には少なくはない人数の西武ライオンズファンも埼玉から駆けつける予定だったはずだ。
チケットは払い戻しできても、飛行機や新幹線がプロ野球のストを理由に払い戻ししてくれるか?
みんながみんな金持ちじゃないんだよ。
応援してくれる人たちを裏切ったプロ野球に未来はあるのか?

それとこれだけは言いたかった。

古田だけは断固支持したい。
いま日本で最強のメガネ君は古田だ!やつこそ男の中の男、メガネ君 OF メガネ君だ。
昼は交渉、夜はホームラン。
古田がんばれ!

最後に書いてほしいことがあるとお願いした。
「アビスパはJ1復帰に向けていま大事な時期を迎えてるんです。
だから多くの人に博多の森に足を運んでほしい。応援してほしい!
これ絶対書いて。」


結局はこれだ。
でもこれが言えて満足だ。
このときだけはハートを込めてみた。

それ以外は死んだコメントだ。
自分でも思う。僕のインタビューは没だな。
アビスパのことだったらネタを交えて楽しく語れるのに・・・

そして帰りにふと思った。

毎日はJリーグのオフィシャル・パートナーじゃなかったな・・・
別に答えんでも良かったな・・・
posted by オータ at 01:00| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパの味方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。