2004年11月03日

魂の勝負

今日の西スポはホベルトだった。

ホベが日本にやってきたのは雪が降る頃だった。
ブラジルからベストボランチがやって来た!のを知り
僕はホベ来日の翌週に、胸を弾ませて雁の巣へと向かった。

「バモス、ホベルト!」の一言を伝えたいがために
寒い中、練習が終わるのをずーっと待ってた。

練習が終わり、(寒くて)ダッシュでクラブハウスへ戻ろうとするホベを夢スポがストップ!
延々と練習場の入り口でインタビューを始めた。

ホベルトは「日本は寒いよ。雪なんて初めて見たよ。部屋ではストーブから離れられないんだ・・・」と、暗に、寒いんだから外でのインタビューはやめてくれよぉ・・・と言っていた。
僕も寒くてたまらんかった・・・
夢スポじゃなかったら、絶対に文句言ってた。
でも・・・
夢スポはいつもアビスパを取り上げてくれるから許した!

あまりにインタビューが長いんで、僕以外の人はクラブハウスへと去っていった。
アビスパの井上さんが「終わったら呼んであげるから中へどーぞ。」と言ってくれたが
僕はアビスパサポーターの気合をブラジル人ベストボランチに伝えようと
終わるまで待っていることにした。

「僕の住んでたところはブラジルでも暖かな地方だったんだよ。」
とあくまで天候のことに話題を振るホベ。
通訳のエジソンさんはたまらんほど寒かったこの日も笑顔だった。

やっとインタビューが終わった後、僕は笑顔&サムアップでホベルトを迎えた。
サインもしてもらった。
控えめな性格なのかサインは、はしっこの方に書いてあった。

そしてホベルトは練習のときより早く走ってクラブハウスへと消えた・・・

クラブハウスで夢スポのディレクターさんとちょっと話しをした。
「いつも(アビスパの)時間が少なくてすみませんねぇ・・・」
「いえいえ、夢スポは毎週見てます!宮崎キャンプもお願いしますね!」

結局、寒い中行われたホベインタビューは、
自主トレ中のホークスに全てを持っていかれ
ほんとにちょびっとしか放送されかった・・・

夢スポじゃなかったら・・・

僕は今でも夢スポのカメラマンだったら、僕の目の前でカメラをセットしても許す。
邪魔でも許してやる。
福岡の人たちに一番多くアビスパ情報を届けてくれるのは夢スポだから・・・


これからは「魂の勝負!」(ホベ談)

だったらアビスパは負けない。

福岡のハートの強さを見せろ!
見せつけろ!
posted by オータ at 22:12| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパの味方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。