2004年04月29日

第8節 ×アビスパ福岡 2-3 ベガルタ仙台○

2-0リードから3点叩き込まれて大逆転負け。ぐああ…
それも最下位ベガルタ仙台相手に。こんな結末予想出来るか!うぐああ…
ベガルタはこれまで相手に3点取られることはあってもその逆は無かったチームだ。
今日だって相手が良いサッカーをしていたわけでは断じて無い。
敗因はアビスパの油断以外の何者でもない。いつから相手を見下せるような偉そうなチームになったんだよ。
去年の9月に川崎フロンターレに負けて以来、半年ぶりに博多の森で負けた。

今日、僕の会社の人たち100名は、年間シート購入のお礼として福岡ドームに無料招待され、千葉ロッテ戦を見に行っている。
「O田さん、(ロッテ戦の抽選に)当選しましたか?」
「(誇りを持って)明日はアビスパが試合するんだよ。おれの基本は常にアビスパなんだよ。」

試合が終わった瞬間から、何度も何度も自問自答する僕。
「ダイエーをスルーし、アビスパを選んだおれは負け組なのか???」

ありがとう、千葉ロッテ・マリーンズ。
ありがとう、ボビー・バレンタイン。

君らは僕のハートの奥底にあるプライドを死守してくれた。

今日はまずこいつらに突っ込んでおきたい。
何やってんだぁ!NHK(福岡)!!(激怒)
なんでこんな試合を生中継するんだ!NHKが生中継してアビスパが勝った試合なんて今まで一つも無いんだよ!
余計なことすんなよ。福岡の人は博多の森に行って見るんだからリアルタイム放送は余計なんだよ!
それなのに…、それなのに…。お願いですからもう生中継しないでください。
こんなしょぼい試合を放送されると、アビスパの魅力をみんなに伝えようとする僕の日々の努力が無駄になるんだよ!

J2最小失点と最近ちょっと天狗になってました。ごめんなさい。
やっぱりアビスパには底抜けDF陣が良く似合う。
アビスパのチームキャラ
@DFはザル。それも3点全部同じ形でやられる底抜けのザル。
Aそれなりの相手にはそれなりのサッカーしか出来ない。油断してる場合じゃ無いだろ!
B必ずやらかす。それも予想出来ないほどのヘマを…
C相手チームのサポーターに会心の勝利をプレゼントすることが出来る。


ああ、アビスパ…。
久しぶりにアビスパらしいすっとこどっこいな試合だったな…
怒りとともに甘酸っぱくて懐かしい気持ちが甦る…
ついこの間まではこんな試合ばかりだったじゃぁないか。
今日の敗戦は、エース江口が前半30分でハットトリック、その後5点取られて負けたあの伝説のセレッソ大阪戦に匹敵する。
ありがとう、アビスパ。
今日の負けでまたひとつ僕は賢くなれたよ。 「油断大敵

今日は福ちゃんの今季初ゴールが見られた。ヒラジは今日もキレキレだった。林もサブに入った。
良かったな。(と無理やりにでも思うことにした。)

3勝2敗3分で勝ち点は変わらず12。順位は3→5位に…
これからもこのチームは僕らを一喜一憂させてくれることだろう。
今日は我慢しとく。自棄酒でもう酔っ払ってるし…
最後にニッコリ笑わせてくれればそれでいいからね。
posted by オータ at 22:39| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129576

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。