2004年06月13日

第17節 ○アビスパ福岡3-2サガン鳥栖×

@6月11日(金)の西スポ
「林 復活ゴールだ あすサガン戦 若きエース先発復帰へ 」
A6月11日(金)の日刊スポーツ
「林が復帰弾を狙う」

林祐征(はやしひろゆき)=去年11得点の20歳。アビスパの若きエース。
今年は調整不足で現在サテライト。

「おお、とうとう林が戻ってくるぞ!林が復帰したら鳥栖なんかボコボコやね。」

そして当日のスタメン
FW ベンチ? 福嶋?? MF セイジ 田中ユースケ 米田 篠田 DF 宮本 ヒラジ 増川 川島 GK水谷
林がいない!(ガ〜ン!)

続けて当日のサブ
FW 有光???GK 塚本 DF 飛鳥 MF ホベルト 山形
林がいない!(ガガガガ〜ン!)

林、いないじゃないかよ…
試合前からガッカリじゃないかよ…

この試合でアビスパ一筋、篠田が200試合出場を達成しました!
博多の森がこの日配られた「6」と書かれたネイビーの紙で埋め尽くされた!
おめでとう篠田。
今年はいつになったら年に1回のスペシャルシュートを見せてくれるんですか?

前半3分、右サイドに流れた米田がクロス、ゴール前に飛び込んで来たセイジ(2試合ぶりに出場)がプラチナの左足アウトサイドでボレー!
アビスパ先制!やったぁ!

前半19分、千代&藏田の両センターバックが出場停止で久々先発のDFW川島がやらかしてしまった。
ゴール付近でキーパーへのバックパス(へなへなパス)を鳥栖の竹村にかっさらわれてそのままゴール…
あまりのDFWのヘボさに固まり凍りつくアビスパサポーターたち…
「あああ…、やらかしたぁ」と、うなだれるDFW。(その後もDFWはミス連発でハラハラしまくり)

前半41分、セットプレーから鳥栖DF朝比奈に押し込まれ逆転される。
その直後、篠田(この試合の主役)がゴールを決めるも、場の雰囲気の読めない審判がオフサイド判定。

しかしドラマはこれから。
アビスパは後半開始から前半全くボールをキープ出来なかったFW福嶋を下げ、MF山形を投入。
続けざまに篠田に変えDF飛鳥。センターバック増川をFWの位置に上げ、ベンチをボランチへ。
名将松田のこの采配がこの試合を決めた!
というよりスタメン選びが根本的に間違っていた!という方が正解。
しっかりやれ!名将!

サイドバック宮本が消極的なプレーでなかなか攻めあがらなかったのに対し、飛鳥はガンガン左サイドを駆け上がっていく。
飛鳥の動きが良く、アビスパの攻撃の核、セイジにボールが回るようになる。
増川が高さを活かして前線でボールをキープ出来るようになり、徐々にチャンスが生まれていく。

後半15分、右サイドの山形がドリブルでペナルテイエリアに切れ込み、ゴール前の増川にピンポイントクロス。
増川が頭でズドン!追いついた!
えらいぞ、増川。ヒーローインタビューも増川だった。増川はほんとに使える。さすが背番号18!
DFWは増川を見習ってもっとがんばれ!
(僕はDFWのホケ顔が大好きなんだよ!)

後半32分、米田のクロスをベンチが頭であわせフワ〜ンシュート。逆転した!
ベンチのパフォーマンスは笑顔で「3、2、1、ハッスル、ハッスル!」
得点を取った後、ベンチは見違えるようなひたむきプレー、一生懸命守備をする。
いつもは手を抜くくせに…
今日の西スポで知ったがベンチは格闘技&小川直也が好きらしい!
僕と一緒じゃないか!ベンチこれからは応援してやるからな。
雁の巣で格闘技話をしような。

ありがとう、サガン鳥栖!今回も勝ち点3をいただきだ。
その調子で今後も頼むぞ。あと2試合だ!

僕らのアビスパ福岡、7勝4敗6分で勝ち点27で2位キープ!よし!

次節、6月20日(日)13:00〜アウェー秋田で勝ち点27で並ぶモンテディオ山形(3位)と激突!
アウェーだろうが、もう負けられないんだ!
山形なんかにビビッテる場合じゃない!
アビスパが川崎に追いついていかなきゃどこのチームがやるんだ?
僕らのアビスパが最強なんだ!

セイジのコメント
「この勢いで、アウエーでまず2つ(山形、湘南)勝ちますよ。そしてホームで首位の川崎つぶしですね」
posted by オータ at 22:31| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209139

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。