2004年08月19日

感動を伝えた男たち

昨日(もう一昨日)、体操でニッポン男子が金メダルを取ったシーン、
急に解説者の人がしゃべらなくなった。
すすり泣きのような声が聞こえてくる…
どうやら堪えきれずに泣き出してしまったらしい。
 
「おお、男の人が人の目を気にせずに泣くっていうのもいいね。
ほんとに嬉しいんだろうなあ…」
としみじみしてたら、
一緒に実況をしていたアナウンサーが 「○○さん、どうぞ泣いてください!」 って言った。
しばらくの間、解説者の人は泣き続けた。
そしてそう言ったアナウンサーは解説者の人の分もとそれから一生懸命喋った。
ちょっとしたシーンに二人の友情を感じた。
 
アナウンサーの落ち着いた語り口から印象に残るフレーズが次々と生み出されていく。
「この人も本当は泣き出したくなるくらい感動してるんだろうなぁ。」
金メダルにふさわしい素晴らしい実況だった。
 
アテネから日本に向けて感動をしっかりと伝えてくれた二人。
 
一人は喋ることで
一人は喋らないことで…
 
じ〜んとした。
感動が倍増した。
 
金メダルを取った選手たちのチームワークも良かったけど
実況した二人のチームワークも良かったよ。
 
いいもん見た!
やっぱりスポーツっていい!
 
僕もアビスパが昇格したときは
顔をくちゃくちゃにして
誰の目も気にせずに
でっかい声で
泣いてやる!
posted by オータ at 00:21| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アテネ見てねって言ってるんで… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実況の方は相当評判が良かったそうで、局にお褒めの電話が相次いだそうですよ。

とくに「新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だっ!」は後世に残りそうなフレーズです。
山本“マラドーナ”浩氏の後継者がようやく出現ですね。
Posted by 苦来夫 at 2004年08月19日 20:38
やっぱりみんなに好評やったんやね。
真摯な語り口が良かったんよね。
アテネの総集編があったらまたあのシーンが見たい!

はっ!
今日、気付いたけど
「栄光の架橋」っていうのは
ゆずの応援歌にかけてるんだ!
きっとそうだ。
Posted by オータ at 2004年08月20日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。