2004年08月30日

収穫は福ちゃんのゴールだけ

昨日は朝から雁の巣にサテライトVS九産大のトレーニングマッチを見に行った。
北斗と柳楽はなかなかチームにいないんで、見られるときに見とかないと…

スタメンは
FW 福ちゃん、宮原
MF ケースケ、有光、篠田、松下
DF 藏田、柳楽、北斗、川島
GK 神山
DFは北斗が右、川島が左サイドバックに入った。

結果は1-1の引き分けだった。
結果も内容も誉められたもんじゃなかった。
去年のアビスパサテライトは本当に楽しくて強くてよいサッカーをしていたのに…

怪我をしていた福ちゃんがやっと試合に出られるようになった。
その福ちゃんがゴールを決めて先制した。
これが唯一の収穫だったかも…

スタメンにキャプテン藏田がいるのを見て、藏田が2試合出場停止だった!ことを思い出した。
藏田は試合中でも相変わらず若い選手(とくに柳楽)たちにアドバイスしていた。
昨日の柳楽は藏田のコーチングもあってか、この前見たときよりも良くなっていた。
藏田は頼りになる。みんな藏田からたくさん吸収して大きく育て!

その藏田が前半のうちにヒサ(小川)と交代。
大熊(コーチ)が「クラ、無理するな!」と声をかけた後、前半の途中なのに下がった。
怪我じゃないといいけど。

アビスパのセンターラインに藏田は欠かせない!
千代がうっかり、藏田がフォロー、っていう冷や冷やシーンはアビスパの試合の華だ。
トップに篠田がいない今、僕らが思い切り突っ込めるのは千代しかいない。
ゴメンだけど藏田はこれからもうっかり千代をフォローしてあげてくれ。

後半頭から篠田→沖本に交代。
前半を1-0で折り返したものの後半追いつかれた。
後半は九産大に押されっぱなしだった…
いったん九産大に傾いた流れは二度と取り戻せなかった。

藏田や篠田というベテランがいなくなったことで精神的支柱がいなくなったから、ということではないと思う。
それにみんなプロなんだから、そんなことが理由で大学生相手に引き分けるのは恥ずかしい。

昨日の試合はやるべきプレーをやらない選手がいた。
相手のスローインのときに集中していない。
ぼんやりしていてマークを外す。
格好だけ追いかけているから守備のときもボールを奪えない。
ゴール前で詰めるべきところで詰めていない。
見ていて腹が立った。
北斗とポジション変われ!って言ってやりたかった。
どうしてチームメイトがなかなかパスを出さないか(出せないか)考えろ。
サイドで張ってるだけじゃダメだ。もっと考えてプレーしろ。

篠田も最近はすっかりサテライトに定着してしまった…
篠田のコーチングが適切かどうかは別として、やつはよく声を出す。
そして篠田の声はよく通る。
練習で篠田より声を出す選手はいない。
篠田から学ぶところも多いはずだ。
声だって武器になる。
武器は多いほど有利になるはずだ。
みんなもっと声出せ!

ただ篠田はよくボールを要求するが、それに応じてパスを出してあげると結構相手に奪われる。
なんだよ、シノ!
それをよく知ってるから有光は篠田が「アリ!アリ!」と必死に訴えてもパスを出さない。
有光は結構クレバー。
ちぇっと舌打ちで有光に不満の視線をなげかける篠田。
その視線を受け流しつつクールにプレーを続ける有光。
今僕が雁の巣で一番注目しているのはシノ&アリの絡みだ!
有光は結構面白い!
posted by オータ at 23:04| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 雁の巣日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/516200

この記事へのトラックバック

明日の鳥栖戦
Excerpt: 九州ダービーでございまする。 「電車でGO!」に参加される皆様は、ぜひ盛り上がってください。 方角的に参加することが不可能な俺は、”門司港行きの快速”に乗って、
Weblog: SHIBAの日記
Tracked: 2004-09-03 23:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。