2004年10月16日

ぴょん吉

今週からニュースをお伝えしてくれるカエルを設置してみた。
別にニュースを知りたいわけじゃない。
ただカエルが好きだから。
理由はそれだけ。

大学生の頃、僕はちびっこたちとキャンプをするサークルに入っていた。
キャンプ中は年齢の差なんて関係なしで、お互いをキャンプネーム(ニックネームみたいなもの)で呼び合う。
僕のキャンプネームは「ぴょん吉」だった。

同級生の中には僕を含めて7人男がいて、それぞれが個性的な人間で、全員がかなりの負けず嫌いだった。
僕らはいつも色々なことで張り合っていた。
キャンプ中も誰が一番ちびっこたちの人気を集めるかでバトルを繰り広げていた。

「ちびっこたちに野外生活の楽しさを伝える」という本来のテーマから遠くかけ離れたところで、僕らは一生懸命まじめに競争していた。

ちびっこから人気を集める為にはキャラが大切だ。
2年生のときに迎えたキャンプ当日の朝6:30
何かいいキャンプネームは無いかな?と考えながら支度をしていた僕の目に飛び込んできたのが
「ど根性ガエル」。

これだ!それまでしょうもないキャンプネームでくすぶっていた僕は直感でこう思った。
「ぴょん吉で僕は栄光を掴むことが出来る!」

江口洋介が「ひとつ屋根の下」でぴょん吉Tシャツを着る何年も前に、僕は自分で買ってきた真っ白なヘインズのTシャツにぴょん吉のイラストをマジックでデカデカと書いて着ていた。
絵は得意な方だ。
江口が着ていたやつより、オータオリジナルのぴょん吉Tシャツの方がかわいかった!(と自分では思っている。)

「これを着たらちびっこたちの人気は僕が一人占めやね。」と思っていたが、そんなことは無かった…
いつもちびっこたちの人気No.1はキャンプネーム・ミニカのヤノくんだった。
彼のマシンガン・トークの中に散りばめられるだ洒落の数々にちびっこたちはくぎ付けだった…
ちびっこは分かりやすさを好むものだ・・・
ヤノ以外の6人はドングリの背比べ。

ぴょん吉のTシャツを着てるんなら、「ヒロシ」って名乗るべきだろ?
という突っ込みを入れたい人もいるだろう。
実は僕もそう思いながら「ぴょん吉」と名乗っていた。
だからあまり気にしないでくれ。

「お前の良さはちびっこたちに分からんかもね…」
とポンポンと肩を叩いて言ってくれた何の慰めにもならない先輩デビル西郷の一言が忘れられない…
桜まい散る春の日のことだった…

何でこんなことを書いたかというと、今日風呂場でカエルを発見したからだ。
ありえんけど本当の話だ。
どっから入ってきたんだぁ!
うおお、何で風呂場にカエルがいるんだぁ!と思いながら
パシャパシャ携帯で写真を撮ってしまった。

ぴょん吉

こいつの名前が「ぴょん吉」なのは言うまでも無い。
ピンボケで「ぴょん吉」のかわいさが伝えられないのがもどかしい・・・

今日もがんばれ!僕らのアビスパ福岡!
posted by オータ at 00:33| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパの味方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。