2004年11月28日

第44節 ◎アビスパ福岡 3-1 モンテディオ山形×

山形は強かった!
強いとは思ってたけど・・・

今朝、河北新報(簡単に言えば東北の西日本新聞)を買って読んだ。
「山形完敗・・・」って書いてあった。
???

そんなことねえよ。
山形、強かったよ!

山形は強い。
でもアビスパは勝った!
だから福岡の方が強い!
だから僕たちがJ2を代表してレイソルと戦う!

1点目をアリが決めたとき、だーって前に走って行った。
なんか自然にナミダが出てきた。
隣を見たらおじさんが顔をくしゃくしゃにしていた。
僕たちは自然と肩を組み、アビスパのために歌い続けた。

2点目が決まったとき、僕の右にいた人、左にいた人と顔を見合わせた。
言葉は無かったけど、右の人も左の人も、顔に「一緒に喜ぼうぜ!」と書いてあった。
僕たちは肩を組んで喜んだ。
僕たちはアビスパのために跳び続けた。

それからずーーーっと笑顔で応援し続けた。
みんな笑顔で
それもすごくいい笑顔で
応援していた。

試合終了後、山形サポーターからの「アビスパ福岡」コール!
僕たちも「ヤっマっガタ!」コール。
アビスパらしくないかもしれないけど、ヤマガタにエールを返すことが出来て嬉しかった。
他のチームにこんなにもがんばって欲しいと思うのは、
多分モンテディオ山形が最初で最後だと思う。

アビスパは勝った!
アビスパ福岡がJ2のリーグ戦を戦うのを最後にするために山形へ行った。
そして僕たちは勝った!

福岡に生まれて良かった。
アビスパのこと好きになって良かった。
そう実感した山形戦。

あと2試合アビスパを応援出来る!
ラッキー!

J1行くぞ!

posted by オータ at 19:47| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月27日

勝った!やったぞ!

ベスパは熱かったよ!アビスパ最強!
アビスパ最高!
アリ最高!
一点目が入ったときに泣いて、隣りの人と肩を組んだ!
アリの二点目のときは笑顔で周りの二人と肩を組んだ!
それからずっと笑顔!
携帯からなんで長く書けないけど…
あ〜早く家に帰って、この気持ちを書き連ねたい!

今から仙台まで行って会社の後輩のカモと合流して飲みに行きます!
牛タン食べに行くんだ!
明日はカモに仙台スタジアムに連れて行ってもらうんだ!

アビスパ、J1復帰までミラクル2だ!
山形の人たちが試合後エールを送ってくれた!
ありがとう!
僕たちのヤマガタコールも届いたと思う!

僕たちは山形の分まで戦う!
J2代表として、絶対に入れ替え戦にも勝つ!

posted by オータ at 16:38| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月23日

第43節◎ミラクルアビスパ福岡 2−1 サガン鳥栖×

今日も勝ったぞぉー!

アビスパ福岡チーム新記録、引き分けなしの7連勝!
(連勝記録ではタイ。)
☆☆☆☆☆☆☆
J1復帰までミラクル3だー!

今日の博多の森もいい雰囲気だった。
これぞホーム!

前半セットプレーから失点・・・
でも先制されても余裕だった!
アビスパは相手の先制点に慌てることなく、
きっちりと自分たちのサッカーをやっていたから。

前半27分、
DFの裏を狙った松下のフィードに反応したアリがドリブルでペナルティエリアに進入し、一人交わして左足シュート!
同点に追いついた!

アリ、お前男だ!

アリ、お前男だ!

後半アビスパは逆転した!
セットプレーからアレクが頭で押し込んだ!
アレクのヘッドだ!←珍しい!

アレク、お前も男だ!

アレク、お前も男だ!

アレクはヒーロー・インタビューのときめちゃくちゃ笑顔だった。

ゲームの途中、こっそりと水戸VS山形を確認。
水戸0-2山形
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!
仙台のがんばりを無駄にする気なのか、水戸?
ガッカリさせるといけないから周りのみんなには教えてあげなかった。

えーい、山形なんて関係ないや
アビスパが勝てばそれでいいんだ!
もっともっと点を取るんだ!アビスパ!

が、もうゴールは生まれなかった。
今日もアビスパ太田のボールキープが冴えを見せ・・・試合終了。

試合後、アビーくんから旗を取り上げ誇らしげに振り回す水谷。
手持ち無沙汰のアビーくんが笑えた。

ヒーローインタビューの際に知らされた水戸VS山形の結果。

ロスタイムに水戸が追いついて山形は引き分け
←山形の小林のオウンゴール。

えっ、まじ?
うぅおおおおおおおお!
水戸ぉー!
ホーリーホックぅー!

帰って水戸VS山形のビデオを見た。
(対戦相手を研究しようと思って・・・)
水戸の選手たちは試合後倒れてたよ。
へとへとになるまで走ってたよ!

水戸ホーリーホック、お前ら男だ!

男の中の男だ!

水戸イレブン、お前ら男の中の男だ!

今日は水戸に敬意を表して晩御飯に納豆を食べたよ!

さあ次はアウェーで山形だ!
アビスパのJ2最終戦だ!


全国のフットボールファンたちがアビスパと山形の戦いに注目している!
これまで五部の対戦成績、最後の最後で決着をつけようぜ!山形!
男と男のガチンコ勝負をしよう!
アビスパと山形なら美しくて熱い試合が出来るはずだ!
J2だってやるんだ!ってところを見せてやろう!

連勝で3位のまま帰って来る!

山形で絶対に勝ち点3を掴んで帰って来るぞ!
僕は山形に勝つことしか考えてない!
選手も監督もそう言っている!

勝つしかないだろ!

そして・・・
今日も北斗の出番は無かった・・・
(´・ェ・`) なんだかなぁ・・・

それでも・・・
中村北斗に
アビスパ福岡の
アカルイミライを
託したい!
(ちょっと、ちっちゃめにしてみた。)
 ↑
この言葉は北斗が本当にデビューしたときにまた使う・・・
posted by オータ at 20:44| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月20日

第42節 ◎アビスパ福岡1-0湘南ベルマーレ×

きたぞ、アビスパー!

ホベルトォー!
ホベルトォォ さいきょー!
ホベルトォォォ さいこー!
最強☆ホベルト@アビスパ福岡☆最高

うわああああああ!(≧▽≦)

山形をとうとう捉えたぞ!(仙台えらい。)

やったぞ!
この日が絶対に来ると信じてたよ!
僕らのアビスパ福岡は勝ち点70で山形に並び、

そして得失点差で3差をつけ3位浮上

今日の試合展開は・・・
チャンスはアビスパにもあったし、ベルマーレにもあった。
じりじりとした展開の中、0対0のままロスタイムに突入。
しかし・・・
ロスタイム表示なし!
えぇ!Σ(゚Д゚;

でも・・・
なぜか北村(主審)はいつまでたっても笛を吹かない。

攻めろ!アビスパ!

シュート打て!アビスパ!

決めろ!アビスパ!

そして最後の最後に背番号蜂が決めてくれた!

相手DFが弾き返したこぼれ球を拾ったホベルトが切り返して左足を思い切り振りぬく!
ペナルティエリア外から放たれたミドルシュートは湘南のゴールに突き刺さった!

立ち上がって吼えた!
うおおおおおおおおおおおお!

ロスタイムに奇跡が起こった!
サポーターに向かってヘッドスライディングのホベ!アレクも。
みんなが倒れこんだホベルトに覆いかぶさる。

カァ〜と胸が熱くなる。
試合終了のホイッスルが鳴ったときには、ガ〜っと思わず涙がこぼれてしまった。
。・゚・(ノ∀`)・゚・。
うれしかったよ、ホベ。

結局ロスタイムは6分くらいあった。
ありがとー!
北村ー!
君はやっぱり大先生だ!
ロスタイム0分なのに6分もとってくれて・・・
すごいよ、北村!
水谷がアマラオと接触して倒れていた時間もあったけど・・・
それにしても6分とは・・・
ま、いいや。
勝ったから!

辺見に次いで今日も書き直された僕の審判ランキング。
北村央春 迷審判→名審判へ

J1昇格チームには必ず4連勝◎◎◎◎するチームがあるというジンクス。
今日、そのジンクスはクリアーした!
平塚でベルマーレ相手にクリアーした。

僕たちは勝ち続ける!
残り4試合だ。

あきらめないやつが最後に勝つよ!
今日それを証明した!
僕らは絶対にあきらめないから絶対に勝つ!
これからも勝ち続ける!
あきらめないやつだけが奇跡を起こせる!

アビスパ福岡

ただいまJ1復帰へ驀進中!
posted by オータ at 16:52| 福岡 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月06日

第41節◎ミラクルアビスパ福岡 2-1 川崎フロンターレ×

期間限定でタイトルを変えた!

「最強☆アビスパ太田&アビスパ福岡☆最高」

アビスパ太田!君は男の中の男だ!グッジョブ!(*^ー゚)b

(今日大宮が勝ったんでアビスパの自動昇格は無くなった。
だからカテゴリも「2004年J2二位ロード」→「J2ミラクルロード」に地味に変更。)

今日、NHK生中継の試合は勝てないというジンクスを打ち破った!
やったぞぉーーーー!
アビスパはフロンターレに勝ったぞぉーーー!

J2で優勝した川崎フロンターレに勝った今こそ、僕の愛するクラブにこの言葉を送ろう。

アビスパ福岡さいきょー!

●●●●●●●●●●で迎えた今日。
←やっとつかんだ!キラキラ白星。
この勝利は更にチームに勢いをもたらせるものになる!
対川崎10連敗をとめてくれた僕の大好きなチームにこの言葉を送ろう。

アビスパ福岡さいこー!

(川崎は主力3人がいなかったというのは知ってるから突っ込まないでくれ。)

絶対に山形を追い詰めることが出来ると信じてたから。
連敗をしていたときもアビスパのことを信じてたから。

自力昇格復活!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
もういっちょ、行こう!
アビスパが勝ち続ければ山形のことは関係なく昇格できるところまでやってきた!
3位が手に届くところまで
キタ━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━!!

もう本当にこの日に生まれてきて良かった!
エジウソン、オブリガード!
アビスパ太田、ありがとう!
サンキュー、僕のお母さん。

来年もアビスパ太田が背番号24だったらレプリカには24を入れる!
アビスパ太田は静岡出身で僕とは血縁関係なんてないけど、君は太田一族の誇りだ。
アビスパ太田の魂のこもったヘディングゴール。
やっぱりアビスパ太田は頭だ!
これからも頭でいけ!

エジウソン、先制ゴールを決めた後の両手を上げて天を仰ぐポーズ、かっこよかったよ!
倒れこみながらも押しこんだ先制ゴールに、僕もガッツポーズしまくり!
アリ、今日も何度も何度も勝負していったね。
マス、今日も弾きまくったね!マスすごいよ!マス、本当にいいね。
千代、今日はうっかりフィードも無く、いい感じだったぞ。
こーへー、どフリーのヘッドは決めとけ・・・
宮本くん、ナイス・クロス。守備はもうちょっとがんばれ!
ボランチの米田&ホベルトの2人は出足の早い守備で何度も何度もタックルで相手の攻撃の芽を摘んでいた。
おつかれ。
アレクもチャンスを何度も演出していた。
きょーへーも前半から動きっぱなし。
水谷、J2で一番お前がいいキーパーだと思う!
お前の時間稼ぎは本当に頼もしい!

アビスパ太田の勝ち越しゴールに
ガッツポーズをやめることが出来んかった。
これでアビスパは勝てる!と思ったら
もう手を下ろすことが出来んかった。

試合終了のホイッスルが鳴ったときも吼えてしまった。
嬉しかった!本当に嬉しかった!

この人たちにもお礼を言っておこう。
◆今日の勝利に貢献してくれた脇役たち
そのいち、辺見(主審)
ナイス・イエローカード!
グッジョブ、辺見。
ロスタイム3分は長いと思うけど・・・

そのに、ボールガール
ナイス時間稼ぎ!

そのさん、川崎GK吉原
グッドフィード!←蹴るゴールキックはほぼピッチの外へ・・・

僕の友達がプレゼントにネイビーの長袖シャツをくれた。
これを着て山形に行く。
僕の友達がプレゼントに幻の芋焼酎「魔王」をくれた。
これで今日はアビスパ祭りに突入!もうちょっとだけ片足突っ込んでいる。

ありがとう!アビスパ福岡!
ありがとう!僕の友達!

アビスパ太田の決勝ゴールが決まった後の博多の森の雰囲気。
「おれたちは本当に奇跡を起こせる!」とみんなが確信した瞬間だった!

僕たちはやれる!
僕たちは勝ち続ける!
全部勝って来年J1だ!

僕たちの想いの全てを背負って戦え!アビスパ!

力に変えて勝ち続けろ!アビスパ!


もう試合終了後からずーっとにやけっぱなし。
へへへ・・・

いま1回目のNHK録画を見終わった。
いまから2回目に突入。

11/12 追記
この勝利を記念して

最強☆アビスパ太田☆最高!
1106kawasaki
posted by オータ at 22:38| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月30日

第40節 ○アビスパ福岡2-0水戸ホーリーホック×

今日も勝った!
やったぞ、アビスパ!
内容はそれほど良くなかった。ゆるゆるだった。
でも結果は出ている。
この数試合、内容を見ると素直に絶好調!とはいえないけど
結果は絶好調だ!

有光のゴールはエクセレント!
決めた後、飛び上がってのガッツポーズがかっこ良かった。
こーへーからアリにスルーパス。
切り返してDFをかわし右足でコースをしっかり狙ってのゆるいループシュート!
きれいな放物線を描いてボールはゴールに吸い込まれた。

アリシュートが描いた放物線は、J1復帰への栄光の架け橋だ!

きょーへーのゴールもすばらしかった。
千代からのフィードを受けたきょーへーが中央へと切れ込んで弾丸ミドル!
キーパーが一歩も動けなかった。

この2つのゴールは本当に素晴らしかった。
同じ年コンビ、きょーへー&アリ。
二人の個人技の高さとハートの強さが頼もしい。
大宮戦でのアビスパ太田の魂のゴールと並ぶ素晴らしい2ゴールだった。

相手チームにアビスパはサイド攻撃という先入観があって、
中央から攻められると戸惑うのかも・・・

エジウソンが下がるとリズムは急速に悪くなる。
しかしエジが下がっても甲府戦に続き点が入っている。
みんなでがんばってるんだなぁと実感。

マスは空中戦になるとすべて弾き返すね♪
川島が前半で交代させられてちょっと不満。ドタバタドリブルがもっと見たかったのに・・・
宮本くんはすごいスピードでサイドを駆け上がってた。ああいうところが好きだ。
松下を右サイドで使うなら大塚くんはなんの為のサブ?
今のスタメンはドリブラーが多いのでサブにはクロスが上げられるセイジを入れて欲しい。
アビスパ太田をもっと活かす為にもセイジを!

それと・・・
水戸はもっと向かって来い。
しょうもないオフサイドを連発。
今のアビスパは積極的にオフサイドを取りに行くチームじゃないのに。
自滅だ。
水戸からやってきた人の良さそうな青いサポーターたちがかわいそうだろ。

ヒーロー・インタビューはアリ。
生中継なんだからもっとはっきりしゃべろ。アリ!
下向くなよ、アリ!
と思ったらTVではヒーローインタビューは放送枠に入りきらなかったらしい・・・
なんだよ、TVQ・・・
そんなことならヒーロー・インタビューはノブリュウにやらせろよ・・・
選手の笑顔と同じくらいノブリュウが喜ぶ顔も見たいんだよ・・・

帰り道は香椎辺りから東海大五のバスと連なって帰った。
(陸上競技場の方で試合をし、北筑に2-1で勝ってベスト4進出!)

君たちの先輩アリが素晴らしいゴールを決めたぞ!
君たちもがんばれ!
と、バスに向かって語りかける僕であった。

今日博多の森でJリーグのアンケートに答えてMr.ピッチのペンをもらった。

福岡から連想するものは?

アビスパ!とホークス

アビスパから連想するものは?(3つ)

最強 最高 最好

大好きだ!アビスパ!
posted by オータ at 21:25| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月24日

第39節 ○アビスパ福岡2-1ヴァンフォーレ甲府×

小瀬のゴール裏はキノコが生えていて、深まる秋を感じた。
ヴァンフォーレサポーターは、なんかいい感じだった。
アビスパも勝ったし、小瀬にはいい思い出しかない。
甲府に行ってよかった!

あ、そーだ。
マッチデイニュースに文句がある!
表紙のスタメン予想、米田がYONEDAになってた!
これだけ試合に出てるのにこんなに堂々と間違われるなんて!
僕の背中の背番号15が泣いていた・・・

今回、山梨に行くんだから富士山を見ようと思った。
だけどあのTVで見る形をした山は僕の前にはあらわれなかった。
山梨のおばちゃんに「甲府市内から富士山は見えないんですか・・・」と聞いたら
へ・・・?という顔をされて「あんまり見えないのよねぇ。」と言われた。
甲府から富士山は見えなかった・・・
それが悲しかった・・・
日本一の富士山なのに山梨でも見えんところがあるんか・・・
(見えるらしいけど、よくは見えないらしい。)

とにかく勝って良かった。
西鉄バスの運転手さんも、今回が3回目のツアーバスの運転で、初めて勝って良かった!って言っていた。
運転手さん、どうもありがとう。お疲れ様でした。

帰りに高速を走っていたら、前のほうのトラックがフラフラしていた。
と思ったら突然ブレーキを踏んでアビスパバスと急接近。
うがあ!と思ったけど追突はしなかった。
「きっと居眠り運転やね。」と冷静に語る運転手さん。
地震よりこっちのほうが最大のピンチだった。

試合はゴール裏だったんであんまりよく見えなかった。
後半押されてたし、あまりいい試合内容ではなかった。
でもスタメンFW2人が点を入れて勝った!
勝ち点3をつかんで福岡に帰れる。
それでいい。それが全てだ。

エジウソンがゴールを決めたとき、感情が爆発した。
有光がゴールを決めたときにイエロー1枚もらっているのに看板飛び越えてゴール裏にやってきて両手ガッツポーズ!
感情がもっと爆発した!

試合後、アビスパ太田がゴール裏に挨拶に来て
オオタコールに答えて、ニカッと笑ってユニフォームをめくった。
下に着ていたOBRITシャツ。
アビスパ太田いい!

昨日は甲府もちょっと揺れた。
試合後、ツアー参加者とOBRIの人たちで温泉に入った。
風呂上りにTVで地震のニュースを見ていたら揺れた。
隣にでっかい人が座ったんかな?と思ったら揺れが止まらない。
貧乏ゆすりやめろよなぁ、でっかい人!と思っていたら
天井から吊られたTVも揺れていた。
でっかい人なんて隣にいなかったよ・・・

甲府戦バスツアー。
生まれてからこんなにバスに乗ったのは初めて。
僕は車酔いする。
帰りに酔い止めを飲んだ。
ビールも飲んだ。
ビールVS酔い止め。
酔い止めはビールの酔いも止められるのか?
どっちが勝つんだろう?自分自身にチャレンジ!

アビスパが勝ってビールが上手かった!
バスにも酔わなかった。

二つの勝利をつかんだ僕。
高速だから道はまっすぐ。
最初から車酔いなんかするわけないのだ・・・

疲れた。
でも心地よい疲れだ。

いまスカパーでレイソルVSセレッソを見ている。
この二つかトリニータとJ1入れ替え戦で戦うんだ!
絶対に入れ替え戦に辿りついてやる!

来年ツアーで行くのは味スタや駒場であって小瀬じゃないんだ!
posted by オータ at 19:55| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月16日

第38節 ○アビスパ福岡1-0コンサドーレ札幌×

今日は僕の友達夫婦の一人娘、花菜(はな)ちゃんの博多の森デビュー戦だった。
僕はこの日を心待ちにしていた。
初めて会う花菜ちゃん。
会うのは博多の森でと決めていたのだ。

昨日は定時後ダッシュでプレゼントを買いに・・・
よく分からないから店員さんにあれこれ聞きまくる。
「これかわいいですかね?」
「このフランス語はなんて意味なんですか?」
「可愛らしいハチのキャラのやつ無いですか?」
なかった・・・
ウサギさんとかクマさんばっかり。
ここは福岡なのだ。ハチを置け。ハチを・・・

生後6ヶ月から始まるアビスパサポーターとしての英才教育。
強くたくましいアビスパサポーターに、
そして名前のようにかわいい女の子に育って欲しい。
と願う僕、オータのおじちゃんであった・・・

オータ軍団の超新星、花菜ちゃんのデビュー戦は完封勝利。
ゴールを決めたのは花菜ちゃんと同じ年の一人娘がいるホベルト。
お父さんパワー炸裂!

前半13分、アレクが右サイドからフリーキック!
ボールの弾道は低い!
壁の間をすり抜けて直接決まった!
と思ったが、ホベルトの足に当たっていた。
ホベルトのリーグ戦初ゴール。
おめでとう、ホベ。

そして今日も博多の森を沸かせた川島のドリブル&切り返し!
川島はプロだ!
見ていて楽しいもん。川島がボールを持つとワクワクする!
でもシュートなのかクロスなのか分からんボールを蹴るのはよせ。

そして今日もPK失敗・・・
有光が得意のドリブルで得たPK!
蹴るのは米田だ!
(きょーへーも、エジも交代してピッチにいなかったから。)
キーパーのタイミングをずらそうとワンアクション加えてから蹴ったボールは大ホームラン!
あぁ・・・
今日もかよ・・・
もうPKはいらん!
なんか他のをくれ。

今日は不満もある。
エジウソンを代えるのが早すぎる!
もっと試合の中でコンビネーションを高めてほしい。高めろ!

エジのおかげで楽しいアビスパの攻撃サッカーが戻ってきた。
これまでの
右から右からサイド攻撃。
左から左からサイド攻撃。
ではなく中央で溜めて溜めてサイド攻撃が戻ってきた!
ベンチがいたときの最強サイド攻撃!

あともう少し連携を高めれば去年の最強&最高アビスパ状態になるはず。

去年は林が身体を張って突破していた中央には・・・
ドリブル突破だけではなくパスも出せる有光が出てきた!
今日はFWとして初スタメン。
アリがいよいよ本領を発揮しつつある。

いけるぞ!アビスパ!
4位に浮上だ。
残り6試合。

いくぞ!アビスパ!

J1に行くぞ!
posted by オータ at 22:44| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月02日

第37節 ◎アビスパ福岡2-1ベガルタ仙台×

アビスパが勝った!(・∀・)

握りこぶしにグッと力を込めてみる。
勝利の喜びを静かに噛み締める。
ああ、いい感じだ。(久しぶり)

勝った瞬間、レプリカを脱いで、ダッシュでコンビニへGO!
ビールをたんまり買ってきた。(もちろんキリン)
今日はアビスパ祭りだ!
僕はもう酔っ払ってる!
お祭り真っ最中だ!

今日の試合はこの4人に尽きる!
@水谷←最強ゴールキーパー!
決定的なシュートを何本も止めてくれた!
ぐあ!
うがぁ!
と思ったシュートを全部水谷が弾き返してくれた。

水谷に「お前はいいキーパーになるよ!」と言い続けた清商の先輩、川口に見せてやりたい。
水谷はほんとにいいキーパーになったよ!

Aアレク←最強左サイドバック!
久しぶりに流れの中からゴールが生まれた。ほんとに久しぶりだ。
今日のアレクはキレキレだった。
積極的に上がっていって突破から何度もチャンスを生み出していった。
これからもチャンスがあったらどんどん打っていけ!

Bきょーへー←最強右サイドMF(左もOK)!
試合開始からいい形で攻撃にアクセントをもたらしていた。
落ち着いて決めたPKもOK。
きょーへーなら絶対に決めると信じていた。

2点目を生んだあの切り返し!
声にならない声をあげた!
きょーへー、お見事!

C川島←最強右サイドバック(センターバック&FWもOK)!
やっぱりアビスパには川島のロングフィードが必要だ。
今日もいいのビシっと決めていた。
あのサイドチェンジが攻撃の起点になる。
そして久しぶりにトップで見られたジタバタドリブル。
ドタバタなのになぜか相手を交わしてしまう。
アタフタなのになぜか相手を抜き去る。
今日はPKもゲット!
出来すぎ。

僕は川島のあのホケ顔が大好きなのだ。
心が和むのだ・・・

おまけ
長谷←今日の主審
川島のPKはありえん。
あの場面は、審判が流しベガルタサポーターがホッと胸を撫で下ろし、アビスパサポーターが激怒!というのが正しいあり方。
僕たちと同じように仙台の人たちもベガルタの勝利を願って宮スタに足を運んでいたはずだ。
PKは主審の判断で点が与えられる。(とも限らんけど・・・)
その判断が間違っていようとも・・・
生き残りを賭けたガチンコ勝負にPKは必要なかった。

とは言うものの・・・
PKありがと。
うれしかったよ。
(*^ー゚)b

2点目が入ったとき、ジ〜ンとした。
か〜っと胸が熱くなった。

勝利をありがとう!
ハードディスクレコーダーを買ってから初めてアビスパが勝った!
(シーズン終盤のアビスパの快進撃を永久保存しようと思って買った・・・)
今日の試合、何度も見よう。
嬉しいから何度も見よう。
さっき2回目を見終わったところ。
もう3回目に突入した!
今日、僕の部屋のTVはフル回転で「アビスパVSベガルタ」を流し続けるのだ!
今日はプレミアなんて見なくていい。
アビスパの勝利、これに勝るものは無い!

ねっ、偶数月のアビスパは強かったろ?

でもまだまだアビスパの実力はこんなもんじゃないよ!
posted by オータ at 19:41| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

第36節×アビスパ福岡1-3京都パープルサンガ○


負けた。

今日はそれが全てだ。

負けたとき、ほけ〜となってしまった。
そしてホケ〜状態からいまだ抜け出せない。

帰ってから、たくさん飲んだ。
でも酔えない。

これからも応援はする。
アビスパが好きだから。
これからもアビスパ福岡は続いていくから。

今日は疲れた・・・
一晩寝て元気になったら試合について振り返ってみたい。
でも、もしかしたら振り返らないかもしれない。


「アビスパ福岡熱烈応援宣言」

なかなか僕たちが望むとおりにはならない。
そういうことが世の中にたくさんあることは分かっている。

でも可能性があるのなら、その可能性が本当になくなってしまうまで、アホみたいにアビスパを応援したい。

サッカーは真剣勝負だから、時に残酷なまでに厳しい現状を突きつけられる。
アビスパを応援しているとそういうことばかりだ。

かなり難しい状況に僕たちは追い込まれた。
本当に厳しい。

僕は僕なりのハートの強さで
この状況に真っ向から向かっていきたい。

もうダメだと諦めてしまう人になるより、
最後まで信じ続けるアビスパ馬鹿でありたい。

僕に出来るのは応援することだけだから。
アビスパを応援してるときが一番楽しいから。

アビスパと一緒に戦っているときが一番熱くなれるもん。

posted by オータ at 23:06| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

第35節 ×アビスパ福岡0-2大宮アルディージャ○

大宮戦、その日残業してちょっと遅くなったけど帰ってすぐに見た。
ちょっと衝撃。

僕が会社であんなにドキドキしていた頃、大宮でこんな試合をしてたのか・・・

負けているのに中盤でもたもた。
相変わらずの縦ポン放り込みサッカー。

アビスパには決定的なシーンが無かった・・・

勝とうと思って試合してるんだろうけど
TVからは勝とうという気迫が伝わってこなかった・・・
それが悔しい。

昔の新日本プロレスのリングでは若手選手にはパンチとキックだけで試合をさせていた。
それだけではファンの気持ちを乗せることは難しい。
そこで彼らは何を見せるか?
何で観客のハートに訴えかけるのか?

気迫だ。
闘志を表に出すこと。
それがプロとしての基本であり、必要なこと。
それを前座のうちに叩き込まれる。

今のアビスパで何人の選手が僕達にガッツを見せてくれてる?

負けてるときはもっとチャレンジしろ!
がむしゃらに勝利に向かって突き進むアビスパを僕たちは見たい。

負けたときは
しょぼん・・・
じゃなくて
うぐわぁあああ!
っと悔しい顔をしろ。
もっともっと悔しさを出せ!

負けたという結果を先に知り、もう本城に気持ちが飛んでいてなかったらTV蹴っ飛ばしてたね・・・
posted by オータ at 19:46| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

第34節×アビスパ福岡1-2横浜FC○

第4クールは黒星で始まった。
いつだって負けからドラマはスタートするのだ。

試合前にチャリティーオークションで米田のスパイクに12,000円入札。
財布に入っていたお金を全額書いてみた。
この金額で買えるとは思えんけど・・・
写真を見るとスパイクの色は白&黒で今年使っているモデルじゃなかったね。

続いてアビーBOXでお茶を購入。これからは飲み物はアビーBOXで買う。
博多の森に誰か連れてくときは、「飲み物は持ち込み禁止!」と嘘ついてやる。

横浜FCは主力4人を欠いていた。それにも関わらず負けた。
いつも主力が欠けている相手には負ける。
これはアビスパの仕様なのか?
どーしてホームなのになかなか勝てないんだ?

失点はDFラインの裏にボールを出され、藏田が振り切られ、そのままゴール前に走りこんだ城にラストパス。決められた。
2点目は松下がバックパス、そのボールをかっさらわれてそのままゴール。痛い失点だった。

後半、藏田、セイジを下げ、林、こーへーを投入。
増川がセンターバック、きょーへーが左、こーへーが右。林がトップに。
それでも点が入らず。
松下を外し、ユースケを入れ4-3-3に。
林が1点を返すが追いつくことは出来なかった・・・
攻めてはいたがゴールの数で相手を上回ることが出来なかった。
決定力不足というお決まりのフレーズを使うしかない。

崩されて負けたんじゃないから・・・
という言い訳は許さん。
今日は厳しく行きたい!

僕が文句を言いたいのは
@菅野(横浜FC)
J2のタイガー・ジェット・シン(最凶のプロレスラーだった人)。
J2でお前ほどスポーツマンシップという言葉が当てはまらない選手はいない。
キーパーであれだけ存在感があるのもお前だけだ。
誉め言葉じゃないぞ。

A審判
副審二人ともオフサイドの判定がへぼ。
メイン側は全然ラインに追いついてなかった。

Bバー
アビスパのシュートは内側にはじけ。

新しいメンバーが入ったら、周りの選手がケアしてあげなきゃ。
松下のプレーはミスじゃない。
油断だ。
藏田が振り切られたのはしょうがない。
藏田はそんなに足速くないもん。

今節、攻撃にはこれまでと違う場面が見られた。
きょーへーのスルーパス、ああいう攻撃が見たい。
相手が予測しない動きをアクセントに加えるべきだ。
クロスだけじゃないぞと思わせればいい。

アビスパ太田のターンの速さは魅力だ。
あの身体であれだけ早いターンが出来ると言うのは脅威だ。
アビスパ太田はユースケとコンビを組ませたい。
アビスパ太田が落とすボールをユースケに狙わせたい。

きょーへーとアビスパ太田の向かっていく気持ちは◎だ。

そして林がやっと今季初ゴールを決めた!
「今ゴール決めたの誰?」
「林です!」
ええぇ!?は、林か!はやしー!!そーか!(にこ)」

ただそれ以外はグダグダだったな・・・
それまでのプレーを見てると、ゴール決めたことを信じられんかったよ。

みんなが林に何を期待しているか知ってる?
前を向いたプレーだ。
強引なまでの突破だ。
トラップが上手くないならダイレクトでシュート打ってもいいんじゃないか?
難しいシュートは得意だろ?
林、ブーイングされたくらいで下向いちゃ駄目だ。
前向け!林!
顔上げろ!林!
もっと頭使え!林!
誰もいないところにパス出すな。
罵声が多いのはそれだけみんなお前に期待してるんだよ。
期待されたら、期待以上のことをやれ!それが男だ。

アレク、クロスがへぼかったよ。
アレク、もっと考えろ。アビスパ太田についていたトゥィードは190オーバーだ。
アビスパ太田もでかいが、トゥィードだってでっかいんだよ。
高めのクロスは全て弾き返されてただろ。
足元へ低めのパスを出すとか、自分で持ち込んでシュートを打ってみるとか
同じことを続けて結果が出なければ、やることを変えていかなきゃ。

今日大宮が勝って、次の試合は絶対に負けられなくなった。
勝つしかない!

アビスパ、応援してるぞ!

僕たちのドラマの終わりはハッピーエンドだ!
それしかないだろ!
posted by オータ at 18:00| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

第33節 ◎アビスパ福岡1-0水戸ホーリーホック×

アビスパが勝った次の日は早起き。
寝てる場合じゃないのだ。

新聞チェック!
西スポはアビスパをスルーしていた…
へぼいね…

昨日、午前中にスカパーのアンテナの向きを調整し
僕の日常にスカパーが戻ってきた!

今日の深夜に放送される「アビスパVSホーリーホック」、楽しみでたまらん!
ビデオなんか録らずに起きて見よう。
一人少なくても勝ったアビスパを誉めてあげよう。

アビスパは水戸に1対0で勝った!
ホベルトが退場して10人になってからの得点!
アビスパ太田がゴールを奪った!
いいぞ、アビスパ太田!
FWがゴールを奪って勝つ!
みんなで守って勝つ!

もう負けんなよ!
負けなかったらJ1復帰だ!

アビスパが勝つ!
これで今週1週間、笑顔で過ごせる。
ららららら♪

アビスパが勝つ!
これで今週1週間、誰かに親切にしてあげられる。
るるるるる♪

アビスパはこれからも勝つ!
posted by オータ at 08:09| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月05日

第32節 ×アビスパ福岡0-1サガン鳥栖○

試合が始まるまでは最高に楽しかった!
でも
試合は最高に面白くなかった!
しょぼいぞ。アビスパ…
へぼいぞ。ふくおか…
 
会社も無事早く終わったんで「電車でGO!」に参加。
博多駅に近付くとホームからみんなの大きな歌声が車内にまで聞こえてきた!
博多駅に到着するとたくさんのネイビーな人たちが乗り込んできてびっくりした。
博多駅→南福岡駅までの道のりはかなり熱い車中だった。
騒ぎすぎて駅員さんに途中で自粛を要請されてしまった。
 
鳥栖駅→鳥栖スタへもみんなで歌いながら行進。
「なんか変なのがやって来たよ。怖いよ〜。」と逃げていく小学生もいた。
こいつらはハートが弱い。
 
鳥栖スタのホーム側入り口で、 「跳ばない奴はサガン鳥栖♪」 &打ち上げ花火
鳥栖スタのアウェー側入場口でも、 「跳ばない奴はサガン鳥栖♪」
「おもしろーい!」と言って一緒に跳んでいた小学生もいた。
こいつらは将来有望。
 
「電車でGO!」企画、楽しかった!
アビスパを好きで良かった。
 
練習終了後にはアウェー側ゴール裏にやってきた鳥栖のマスコット、ウイントスにブーイング。
おしりペンペンされた…
あいつ結構ハートが強いね。
アビーくんもあいつくらい相手サポを挑発してくれると嬉しいかもしれん。
あ!
今気付いた!
今日はウイントスの片割れのミドリのやつがおらんかった!
あのメジロっぽいの!
あいつはどこに行ったとですか!?
 
きれいやったねぇ。。。試合前の紙ふぶき!(偽札くらいのでかさ)。
鳥栖サポは鳥栖サポになって良かったね。
反対側のゴール裏で紙吹雪が舞うシーンを見られて。
 
試合中もアビスパサポーターの応援は凄かった。
へぼい内容やったのに最後まで応援し続けた。
鳥栖サポもがんばっとったね。
 
今日は両チームともサポーターの熱さに負けとったね。
へぼい試合やったもん…
鳥栖の人たちは勝ったから嬉しいやろうけど…
僕たちのこのやるせなさはどこにぶつければ…
 
九州のチームはサポーターはいい!
いい雰囲気の九州ダービーやったね。
(だけど肝心なチームが面白くないサッカーをする!)
 
今日の試合は…
千代がセットプレーで攻めあがっていたときに、カウンターを食らい千代のいないセンターを易々と突破され失点…
う〜ん…
ま、今日はその他にもDFラインの裏を狙われ、決定的な場面を作られたけど…
負けが妥当な結果やね。
アビスパの攻めからは得点の香りがせんかったもん。
 
試合後、挨拶に来た選手に拍手してる人もいたけど…
どの選手に対して拍手したとですか?
今日拍手もらえるようなプレーをした人はいたとですか?
 
も〜
いつになったら流れの中から点が取れるとですか!(怒)
いつになったらFWが点を取るとですか!(怒)
 
 
どんなに苦しいときでも
心の中にいつもいる
ららら ららら ららら らららら♪
いつも俺たちは歌う
ふくーおーかー 俺ーたちはここで生まれ
アビースーパー 俺ーたちはきみーと生きるー
 
 ↑
これ、たくさん歌ったのにね。
 
 
自分たちのサッカーなんかしなくてもいいから勝て!
アビスパのサッカーはとっくに相手チームに研究されてんだからおんなじことの繰り返しじゃダメだ!
もっと頭使え!
シュート打て!
コースが見えたらまず打て!
テク無いのにコネコネするな!
 
次勝て!
水戸に勝て!
負けたらお昼にGEORGIA飲んでやらんぞ!
負けたら省エネするぞ!
負けたら棒ラーメンじゃなくてサッポロ一番食べるぞ!
posted by オータ at 01:32| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月30日

第31節×アビスパ福岡0-1モンテディオ山形

第31節×アビスパ福岡0-1モンテディオ山形○
 ↑
負けたからフォントをちょっとちっちゃめにしてみた。
はぁぁ…
 
2位のチームは勝てないジンクスにはまってしまった。
ふぅぅ…
 
全然勝ちきれてない!
 
いい試合をしていたのに最後の最後でやらかしてしまった…
後半ロスタイム、宮本とアレクの左サイドをドリブルで突破され、最後は山形の誇るフォワード大島に決められた。
フットボールの神様は誰にでも公平で、どのチームにも公平にロスタイムに点を入れさせてくれる。
今日のロスタイムは山形のためにあったんだろう。
 
最近の数試合はバランスを重視した試合運びで結果を出していたが、今日は米田を途中交代で下げたことにより、そのバランスを崩してしまった。
この采配には?だけど、勝ちに行った姿勢は評価できる。
評価してあげたい。
ホームなんだから勝ちに行くのは当たり前だ。
 
だけどこの結果は評価してあげられない。
ホームなんだから勝ちに行ったら勝て!
せめて引き分けろ。
 
山形はいいサッカーをしていた。
敵ながら、学ぶべき点がたくさんあった。
 
アビスパが山形に学ぶべきところ。
@ゴール前で(たまには)ダイレクトにパスを繋げ。
アビスパも去年は出来ていた。
そういえばゴール前でダイレクトにパスが繋がるシーンって最近見ない。
Aペナルティエリア内でもっと勝負しろ!ドリブルでいけ!
こーへーやきょーへーはもっと積極的にドリブルで突っかけていいんじゃないか?
出来るんだから。
 
開幕戦も引き分けに持ち込まれるし、今日もロスタイムに1点入れられて負けるし…
山形ってほんとに場の雰囲気の読めないチームだ。
あんまり好きじゃない…
 
今節のキャプテンは千代だった!
記念に写真を撮ってしまった。
千代は藏田がいないとすごく集中している。
集中しているときの千代はいい感じだ。
千代、次もがんばれよ。
次は完封しろよ。
 
増川も良かった。 (キャプテン藏田が出場停止のためセンターバックでスタメン。)
増川はセンターバックで十分使える。
次も千代&増川コンビが見たい。 (藏田は2試合出場停止。)
増川をフォワードの位置に上げなくてすむようにフォワードは点を取れ!
 
その他の選手は負けたんであんまり誉めてあげられない。
 
今日、味のマルタイうちわをもらった。
「サッカーも、ラーメンも、
すぐにはうまくなりません。」
 ↑
何が言いたいんかよく分からん!
 
posted by オータ at 00:39| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

第30節 ◎アビスパ福岡 2-0 コンサドーレ札幌×

第30節 ◎アビスパ福岡 2-0 コンサドーレ札幌×
        ↑
完勝だったんで二重丸にしてあげた!

すごくいい試合だった!(アビスパにとって)
オリンピックなんて放っておいて、早速ビデオで観戦2回目に突入。
こんなにアビスパがいい試合したのに、オリンピックなんて見てる場合じゃないのだ!
ニッポンがメダルを取るより、アビスパの1勝のほうが僕にとっては遥かに重要なのだ!
もう今日はオリンピックは見なくていい!
勝利の余韻に浸りニヤニヤしながら寝てやるのだ。

前半はひたすら圧倒し、コンサドーレにほとんど攻めさせず。
ただ得点するまでには至らず、0-0で後半へ。

後半に入り、コンサドーレが攻めの姿勢を見せ始めた途端、アビスパが先制した!

後半4分、ゴール前のこぼれ球に反応したセイジの左足炸裂!
今日のセイジのプレーは素晴らしかった。
今日のセイジはクロスだけじゃなかった。
左サイドバックに入った宮本の飛び出しにポーンと抜群のタイミングでパスを出した。
ああいうプレーが増えると更にセイジは成長するだろう。
セイジはいい!
セイジはすごい!
セイジはすばらしい!

後半25分、山形きょーへーの左足炸裂!
左サイドの宮本がゴール前にクロス。
アビスパ太田196センチ&増川191センチの超大型2トップに相手DFが気を取られ、ゴール前に詰めていたきょーへーをフリーにした!
どフリーで左足ボレー!
2対0!
 
久しぶりに流れの中からゴールを決めることが出来た。いい!
 
今日もホベルトは中盤で素晴らしい活躍を見せていた。
ボールを持った相手にはいったん軽く身体を当ててバランスを崩させ、ボールが足元から離れた瞬間にかすめとる。
闘志溢れるタックルもいい!
今度、雁の巣に行ったらたくさん誉めてあげようと思う。
 
アビスパ、いい感じになってきた!
米田もこう言っている。
「(ボランチのホベルトとの相性は)一緒にやっていていい感じ。
ボランチとしてはまずバランスに気をつけながらやっている。
いい感じできているので、もっと高めていきたい。
先制点を取れば確実にいけるというふうに感じている。
チームとしてもそういう雰囲気になっている。」
 
前回の博多の森の一戦ではアビスパに勝って連敗をストップしたコンサドーレ。
「We are サポーロ!」を歌われて悔しかった…
試合終了後、TVの前でガッツポーズして言ってやった。
「We are フクオーカ!We are Fukuoka!」
そんな応援ソングないけど…すごくすっきりした。

アビスパは久しぶりに自動昇格圏内の2位に浮上した!
14勝9敗7分で勝ち点46。
解説者の野々村さん(元コンサだがかなりのアビスパ通)も言っていた。
「引き分けの多いチームより勝ちきれるチームが残る!」

次節、勝ちきれるチーム、ぼくらのアビスパ福岡は 29日(日)19:00〜博多の森でモンテディオ山形(6位)と対戦する。
(でも台風が来るらしい…)
今年のJ2は2位になったチームは、その次の試合に勝てないというジンクスがある。
そのため首位川崎フロンターレが独走してしまった。
ただし唯一そのジンクスを破ったことがあるチームがある。
僕らのアビスパ福岡だ!
やっぱりアビスパは特別なチームだ!
とにかく、もう2位からは落ちたくない。
日曜日、2位は勝てないのジンクスを打ち破り、僕らのアビスパの快進撃が始まるだろう。
 
山形戦は味のマルタイご愛顧感謝デーだ。
味のマルタイはアビスパのスポンサーになったらしい。
僕はインスタントは棒ラーメンと気持ちを固めた。
 
コーヒーはGEORGIA
インスタントは棒ラーメン
サッカーはアビスパ
これ福岡の常識。
posted by オータ at 23:33| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月22日

第29節 ○アビスパ福岡 1-0 ベガルタ仙台×

今日は土曜日だが出勤日だった。
迷わず昼から休んだ。
週末は定時後掃除がある。
そんなことしてたら試合に間に合わないからだ。

「大事な用事があるんで帰ります!」と真剣な顔をして林さん(上司)に言う僕に
次々と
「オータさん、博多の森ですか?」
とか
「今日の相手はどこ?」
と聞いてくる同僚たち…
「(ちっ、お見通しかよ。)今日は仙台なんだ!この前は屈辱の逆転負けだったんだ!
今日は絶対に仙台を倒してやるんだ!なっ、大事な用事だろ!ね、ね。」
とまっすぐな目をして熱く回答してやった。

そして僕は勝利者となった。

試合前から今日は何かが起こる予感がした。
審判が辺見だったからだ。
辺見はアビスパの試合になると必ず不可解な判定を連発するやつだからだ。
アビスパ以外でも辺見はやるけど・・・

そして今日も辺見はやってくれた。
いい意味で期待を裏切ってくれた!

後半40分過ぎにペナルティエリア内でアビスパ太田がボールを受け、ターンし前へ!
相手DF根引がユニフォームを引っ張る!アビスパ太田が倒された!
辺見は迷わずペナルティスポットを指差した!
PKだーーーっ!
辺見、グッジョブ!いやアビスパ太田、グッジョブ!

途中出場の山形きょーへーが仙台GK高桑の動きをしっかり見極めて、落ち着いてゴール右隅に蹴りこんだ!
後半ロスタイムにアビスパ先制!
そして試合終了。

今日のヒーローもきょーへーだった。
第一声は「イエ〜!」だった。
鈴木桂治よりヒーローインタビューで「イエ〜!」が似合うのはきょーへーしかいない。

今日はホベルト&米田もかなり良かった!
二人とも本当にいい選手だ。すごく効いていた。
この二人の中盤は守備だけを見るとかなりいい。
もう少し決定的な場面を演出出来るようになったら文句なし。

帰りはお祭り気分。
勝てばお祭り気分。
なかなか点が入らなくても、流れの中から点が取れなくてもお祭り気分。

アビスパ太田を称え
アビスパ、オ〜レ〜!(オオタ!)アビスパ、オ〜レ〜!(オオタ!)
と口ずさんでいると、なにやらちょっと前まで聞いていたあのメロディーが近づいてくる…

え、なんだ?なんでベガルタの応援歌が聞こえてくるんだ???

犯人は僕の車の隣にとまった糸島観光のバスの中にいた!
バスの中でベガルタサポーターがでっかい声で歌っていたのだ。
めちゃくちゃでかかったよ、声。

おー、ベガルタせ〜んだ〜い!カモン、カモン、カモン、カモン…ってやつ。

ちっ、僕の最高気分を台無しにしやがって…
バスの運転手さんに軽くガンを飛ばし、
僕の15番米田レプリカを見せてやった。
「勝者は僕たちなんだよ。」

ベガルタを応援してるやつらに僕の前を走らすわけにはいかないので、信号が変わった途端、猛ダッシュをかまし、糸島観光を遥か彼方に置き去りにしてやった。
ばいばいベガサポ。

負けても凹まないその根性、敵ながらなかなかいい感じだ。
ただ負けたくせにでかい声で歌うのはよせ。
(窓を閉めてるのに聞こえてきた。)
ベガルタが勝ったと試合を見てない福岡県民が誤解するだろ。

またいつか博多の森で会おう。
先にJ1に行っとくから、仙台の人たちは後から上がって来い。
posted by オータ at 01:26| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月15日

第28節 ×アビスパ福岡 1-3 川崎フロンターレ○

対フロンターレ10連敗だ…
しょぼ…
恥ずかしいからフォントをピンクにしてやる。
10連敗…
情けないからフォントもちっちゃめにしてやろう。
10連敗…
 
しょーもない試合だった…
J2の試合だった。
ワンチャンスを活かして先制すると無理に攻めてこなくなったフロンターレ。
それなのに3点も取ってしまう。
そこんところが訳分からん!!
 
ポゼッションは高いが決定的なシーンを生み出せないアビスパ。
点を重ねられる度に闘志が萎えていく…
そこんところが頭に来る!!
 
フロンターレ相手の今季初めての得点はコーナーからの千代ヘッド。
1点だけ。
今日も千代か…
FWは何してんだ?
 
去年までのアビスパVSフロンターレのドキドキするような興奮なんて全く無し。
今年のフロンターレ戦はちっとも面白くない。
 
熱気とか闘志とかプロとして大切なものがピッチから伝わって来ない。
すっかり大人のサッカーをするようになったフロンターレ。
さびしいね。
 
川崎フロンターレってこんなもんじゃないだろ?
もっと出来る。
もっとやれるだろ?
 
アビスパだって…
10連敗して悔しくないのか?
恥ずかしくないのか?
今のアビスパで常に闘志を剥き出しにしているのは藏田&アレク&水谷くらいだ。
全員で戦え!
 
アビスパとフロンターレしか出来ないガチンコ・ノーガードの撃ち合いが見たかった…
それで負けるんなら納得するけど…
 
ハートの見えてこない戦いに感動なんて生まれない。
今日の試合は書くことがない…
posted by オータ at 23:28| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月09日

第26節 ○アビスパ福岡 1-0 ヴァンフォーレ甲府×

蜂月蜂日アビスパの日。
甲府も倒した!

アビスパにふさわしい結果だ!
アビスパの日にふさわしい結果だ!
2連勝だ!
5位→4位に浮上した!
久しぶりに博多の森でアビスパの得点シーンが見られた!
久しぶりに博多の森でアビスパが勝った!

今日も決定力不足で0-0のまま時間が過ぎていく…
エジウソン、こーへーと決定的チャンスを決めきれなかった…

しかし、復帰第2戦目のアビスパ太田がひと仕事やってくれた。
後半13分、林に代わって途中出場。
背の高さを活かしてポストプレーをこなす。
そして後半40分。
ペナルティエリア内でボールをもらったアビスパ太田が前を向く!
甲府DFアライールがアビスパ太田を止めようとぶん投げる!
(アビスパ太田が上手いこと投げられる!)

ヤバイ!

アビスパ太田はJリーグで一番でかいFWなんで、悪いことをしてなくてもよくファウルを取られる。
(おっきい奴がチビッコをいじめている感じ。)
アビスパ太田は顔もいかついんで、当たり前のプレーをしててもよくファウルを取られる。

アビスパ太田にイエローが出る!(シミュレーションを取られる!)
と思った瞬間、審判がペナルティスポットを指差した!
PKだ!
うおおおおおおお!アビスパ太田ー!よくやったー!

オオタコールの中、山形きょーへーがボールをペナルティスポットに置いた…
そしてきょーへーコール!
僕も祈る、一生懸命に祈る。「決めてくれ〜!」

きょーへーは落ち着いてゴールに向かってボールを転がした。
ゴォーーーーール!1-0!
そのまま甲府の攻めを凌ぎきってアビスパは勝利した。

ありがとう、アビスパ太田。
お前のおかげで今日も博多の森でオオタコール!
めちゃくちゃ気分がいい!
次は出場停止なんで、その次頼むぞ!

ありがとう、山形きょーへー。
お前は北九州の誇りだ!

ヒーローインタビューはもちろん太田ときょーへーの二人。
(二人というのは結構珍しい。)

ヒーローインタビューでのきょーへー。
開口一番
「イエ〜!(でっかい声で)」
ああやっぱこいつはバカだ…でも笑った。
J1復帰に向けて…
「みんなで頑張りましょう!(でっかい声で)」
そーだ、そーだ。みんなでがんばろー!

名将松田が審判に切れまくりだった。
バックスタンド側の副審もヘボだった。
試合後も名将松田の怒りは収まらず。
「おいおい今日の審判誰だったんだ?」と家に帰って調べたら北村だった…
あいつじゃ、しょうがない…
北村じゃ、しょうがない…

2試合連続1対0。
相変わらずの決定力不足だけど、勝ち続けていくうちにきっと解消されるはずだ。
勝負強くなってきた!と良い方に、良い方に、考えたい。

アビスパが勝つ。
それだけで幸せだ。
アビスパが勝つ。
それだけでまた明日からがんばれる。

みんなで頑張りましょう!
posted by オータ at 00:40| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月02日

第25節 ○アビスパ福岡 1-0 横浜FC×

1ヶ月ぶりの勝利だ!
ここでお祭りしなくていつするんだ?
昨日は試合終了直後から、がんがんビール飲んで、酔っ払って寝た!
ブログの更新は明日スカパー見てからにしようっと…
ニヤニヤしながら寝た。
ニカニカ笑いながら寝た。

今日もお祭りだー!
ビールを買って帰った。スカパー見ながら飲みまくるのだ!
しかし20時ちょっと前から雨が降り出した…結構強い!
ガガガガ〜ン!
スカパーが映らなくなった…

ノォ〜〜!(ナミダ目になる)
なんでだよ、どーしてだよ…
昨日の夜からめちゃくちゃ楽しみにしてたのに…
セイジのヘッドが見てえんだよぉお!

泣く泣くアビスパ仲間のミコリンターレに電話する。
「スカパー、ビデオ録ってくれ…(しょぼん)」

しかし神は僕の味方だった!
19:58、雨が小止みになった!そしてスカパーが映った!
うおおおお!きたー!スカパー!いいぞー!

前半11分、僕が待ちに待っていたセイジのヘッドはまさにラッキーゴール!
平島のクロスをキーパー菅野がキャッチミス、
詰めていたセイジが体制を崩しながらヘッド!
ボールは弧を描いてゴールネットへ…
へ?
これ。
これか。
でもいい!1点は1点だから。
セイジ、ありがとう。

前半は横浜FCにかなりやられていたが、後半は持ち直した。

でも千代はやっぱり集中が足りない。
博多の森で久しぶりに言ってやらなきゃ。「千代!しゅーちゅー!しゅーちゅー!」

エジウソンは強い!倒れない!
ちなみに僕のパソコン、最強くんの壁紙はエジウソンだ。
雁の巣で撮ったやつ。
エジウソン、次の甲府戦はゴールを決めてくれ。
あ、それとシュート、がんがん打っていいから。

この試合、ホベルトが良かった!
これまでと違って積極的に攻撃に顔を出していた。
強引に横浜FCのDFの間を突破していったシーン。
後半ロスタイムにエジウソンに決定的なパスを出したシーン。
ホベルト、これからだから。
これからがんばれよ。

この1ヶ月間辛かったな…
やっと勝ったよ。
アビスパ太田も戻ってきたし、
これから、これから。

さ、もう1回ビデオ見よ。
今日もニコニコ笑顔で寝られる。
posted by オータ at 22:59| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年J2ミラクルロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。