2004年09月25日

「アビスパ福岡非常事態宣言」

大宮戦の敗戦を受けて・・・
昨日の朝一番、会社で「アビスパ福岡非常事態宣言」を発令(メール送信)した。

「アビスパ福岡 非常事態宣言」                     オータ

昨日大宮に負けた。
もう負けられないんだ!

僕は来月10月23日(土)甲府に行く!
甲府を倒すためだ!

僕は最終戦11月27日(土)、山形に行く!
山形をこてんぱんに叩きのめすためだ!

全てはアビスパをJ1に復帰させるためだ!

なので次の試合、負けると困るんだ・・・
もうツアー申し込んだんだよ・・・
(とちょっと弱気になって同情を誘ってみる)

そこでだ。
本城で勝てば、
僕の夢、
アビスパの目標が
未来へと繋がっていくのだ!
アビスパを勝たせるためには応援する人がもっと必要なのだ。

応援したい人は来い!
日曜、本城に来い!

僕たちにはまだ諦めなくてもいいだけの試合数が残ってる。
あと9試合もある!

<参考資料:第35節終了時点でのJ2上位順意表>

       勝ち点
1位 川崎  84
2位 大宮  60←自動昇格圏内
3位 山形  57←J1最下位と入れ替え戦
4位 京都  53
5位 甲府  53
6位 福岡  52←非常事態!

end

午前の早い時間帯に追加で4人本城行きが決定した。

僕たちの思いを最終戦までつなげてくれ!
勝て!アビスパ!

posted by オータ at 19:53| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月21日

今季一番大事な試合

アビスパの今季一番大事な試合が迫っている。
木曜の大宮アルディージャ戦。

第4クールに入ってからハラハラドキドキで夜もよく眠れん・・・
J1で残留争いをしていた頃を思いだす。
でもこのハラハラドキドキが正直嬉しい。

この2年間、昇格争いに絡むことすら出来なかった・・・
ハラハラ出来なかった。
ドキドキすることもなかった。

だから、今こんな成績でも昇格争いに絡んでいることが嬉しい。
最後まで必死で食らいつけ。
最後まで諦めないで戦いぬけ。

この日は仕事だから、スカパーもリアルタイムで見られない。
今日それとな〜く「23日、昼から帰っていいですか?」って聞いたら速攻でダメと言われた…

けち・・・

23日(木)は
13:55に周りの同僚たちに
「今から2時間は話しかけないでくれ。僕を集中させてくれ。」とお願い攻撃。

電話は全てスルーだ。
キラー・スルーだ。

14:00〜16:00は心の中でひたすらアビスパソングを歌い続ける。

アビスパ、勝って博多に帰って来い!

みんながアビスパに勝ってほしいと願っている。
みんながアビスパの勝利を待ち望んでいる。

僕らはみんなアビスパで夢を見たいんだと思う。
最後には僕らの夢をきっと叶えてくれると信じてるから
集中を切らさずに応援し続けてきた。
そしてこれからも応援する。

アビスパ、最高のドラマを見せてくれ。

明日は夜空にアビスパ勝利をお祈りだ!

雨降んなよ。絶対降るな!
posted by オータ at 23:23| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月10日

1-2●の魔術師 コンサドーレ札幌

14連敗中9試合で1-2負け、先制しても必ず2点取られる。
川崎に0-6で負けたときには怒ったサポーターがピッチに飛び降りて選手に蹴りを見舞った。
当らなかったらしい。
おまけに凄い勢いでペットボトルを選手めがけて投げつけた。
これも当らなかったらしい。
札幌の人はコントロールが悪いのかな?かな?

選手には物を投げるくせに、監督がふがいない試合をしてごめんなさいと謝りに来ると感動して「柳下コール」!
???
う〜ん、札幌サポは何かが違う。
監督のコールをするより、自信を無くした選手に声をかける方がサポーターとしては正しい!
レギュラーが怪我したら、次の試合には更にしょぼいやつが出てくるってのが分からないのか?

正しいサポーターの有り方としてはこう!

1失点目 まだ1点差、追い付けるぞ!応援に力を込める。
2失点目 サッカーは0-2から追い付く場合が多いんだ!まだまだいけるぞ!
3失点目 うぐわあああ!そろそろ勝負が目えてたか…
4失点目 OH!ノーーー!それでもプロか!恥ずかしくなのか!怒りが沸点に。
5失点目 怒りを通り越し、諦めの境地に達する。しゅん…なんて弱いんだぁ。
6失点目 泣く…
というよりもだ、6失点目まで見る前にとっとと帰れ!

僕は目の前で5失点というのを1回だけ体験したことがある。
これが伝説の「エース江口がハットトリック!しかし3-5逆転負け!」だ。
相手はセレッソだった。
このときは負けたけど凄い試合を見た!と思った。
こんなスペクタクル溢れる試合が見られてラッキー。
ネタとしては最高だ。
ただ友達に逐一送っていた速報メールが、失点するたびに行数が少なくなったことは今でもはっきりと覚えている・・・

6失点はさすがに生で見たことは無い。
そんな試合、目の前でされたらナミダでシャツがぐしょぐしょ。

それとアビスパがサテライトリーグでセレッソ相手に7得点!した試合を見たこともある。
このときは笑いが止まらんかった。

札幌はプロとして恥ずかしいよ。
@若手育成A5ヵ年計画という方向性は正しいが、結果が恥ずかしい。
21試合してたったの1勝。恥ずかしい。
プロなら勝つために試合しろ。
負けてばっかりのチームの選手が育つわけない。
それと札幌は弱いチームなんだから、札幌サポも5点や6点は覚悟しとけ!
アビスパに9連勝するほど強い川崎なんだぞ。
6点ですんでよかったと思わなきゃ・・・

今日の札幌戦、アビスパを去っていくベンチのためにも勝て!
そしてブラジル時代のベンチが少年時代のヒーローだったというアレクにがんばってほしい!
アレク、ベンチがいなくなっても強く生きていけよ!
勝って2位で折り返そう!

今日は博多の森からコメントのところにアビスパ速報を書き込みます。
posted by オータ at 13:52| 福岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月15日

アビスパ一筋200試合!

アビスパが誇る守備的ミッドフィルダー、背番号6
生え抜き、最年長の33歳。
篠田善之(しのだよしゆき)
ほんとにおめでとう。
アビスパだけで200試合出場を達成したのはアビスパ史上、篠田が初めてだろ?
すごいよ、篠田。見直したぞ。

あいつはJ2レベルの選手とJ1の頃から言われていた篠田。
J2降格後、見事J2レベルだったことを証明した篠田。
得意技バックパス&横パスの篠田。
たまに前にパスを出すとそれだけで喜ばれる篠田。
開幕前は戦力外なのに、シーズンが始まるとなぜかレギュラーを勝ち取ってしまう篠田。
礼儀正しい篠田、やつは自分からサポーターに挨拶してくる。
篠田、今度サインもらってやるからな。

アサデスのアビスパコーナーで流れた篠田インタビュー
「みんなでJ1に昇格しましょう!(力強く)」
しかし、篠田の顔の下のテロップは…
「J2昇格!!」
KBCのバカ…
背番号6篠田
posted by オータ at 21:40| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月28日

第15節プレビュー VS甲府←こんなの問題じゃない!

今週は29日(土)アウェー小瀬でヴァンフォーレ甲府戦。14:00キックオフ!

今日の西スポに「ホベルト完全復活宣言」という記事が載っていた!
以下は原因不明の股関節炎も癒えたブラジル人ベストボランチのコメント。

「遊びに日本に来たわけじゃないから。」
「ブランクの期間はつらかったけど、これからはチームのみんなと、来年J1でプレーできるように全力で頑張るよ。」


ホベルト、応援してるからがんばれよ。

記事の中でどうしても突っ込んでおかないといけない一文が…
”「あいつは手を抜かない。普通のブラジル人のイメージとは違う。」とイレブンが口をそろえるホベルト”

普通のブラジル人=手を抜く=ベンチーニョ

守備はホベルト(守備能力が高い!)が一人で何とかしてくれるから今節も失点ゼロは確実。
問題は得点だ。1点取れば勝てる。とりあえず1点取れ!なんとしてでも1点取れ!

そこで僕が甲府戦のキーマンに挙げたいのは
セイジの代わりに左サイドに入ると思われるこーへー(宮崎光平)だ!

今年は右サイドのポジションを山形に奪われたものの、去年はJ2ベストイレブンにも選ばれた選手だ。
スピードのあるドリブルが魅力、163センチと小柄ながらヘディングも得意。
自分の出た試合は必ずビデオで研究する努力家だ。
久しぶりのスタメン出場なのでこーへーの良さをどんどんアピールしてほしい!

J2降格1年目の2002年、早々と昇格争いから脱落しベテラン偏重から若い選手に切り替えた後半戦のアビスパは、本当にしょぼくてへぼかった。
1ヶ月に1勝すればラッキー。泥沼の八連敗もあった。
連敗中のアビスパが博多の森に横浜FCを迎えた一戦、
最下位のチームを相手に何としてでも勝たなければいけなかった試合だった。
しかしセットプレーからのヘディングシュートを決められ、アビスパはこの日も負けた…

ヘディングを決めた横浜FCの選手は180オーバー、その選手にマークについていたのはこーへーだった。
163センチのこーへーは自分が競り勝てなかったからチームが負けたと号泣した。
次の日、新聞でこの記事を読んで胸が熱くなった。
こういうガッツがある選手がいるんだからアビスパは絶対に強くなると思った。
そして去年、こーへーはレギュラーの座を掴み取り、アビスパでただ一人全試合出場を達成した。

こーへーにはあの横浜FC戦の頃の気持ちを思い出して欲しい。
奪われたポジションは、実力で奪い返せ!

アビスパが本来の実力を発揮できれば、甲府なんて問題じゃない。
もっと、もっと勝利に対してがむしゃらになれ!アビスパイレブン!
もう引き分けはいらない。
posted by オータ at 00:04| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月22日

第14節プレビュー VS横浜 25:35〜 FBSを見ろ!

明日は14:00〜ホーム博多の森で横浜FC(5位)と対戦。
前回の対戦は大西(J最低の審判)の疑惑のPK判定で勝ち点を強奪された。
今回はきっちり勝つのだ。
明日の試合は深夜にFBS(福岡で最強のローカル局)で録画中継がある!
ちなみにFBSがTV放送するときは勝率はいい。僕はもうすっかり安心している。
アビスパを見ろ!横浜FCなんてどうでもいい。アビスパを見ろ!見ろ!見ろ!

アビスパは地味だけどいいキャラを持った選手の宝庫。
明日はこの選手のここに注目。
@ベンチ(FW13番)…シュートを決めた後のニコニコ笑顔&シュートを外した後のヘラヘラ笑顔。
Aセイジ(MF14番)…抜群の精度を誇るダイヤモンドの左足からのキック。修行僧のようなストイックな佇まい。
B山形きょーへー(MF34番)…漫画の主人公のような華麗なドリブル。
C千代(DF5番)…集中力。千代がやらかしたときはTVの前でこう言ってやれ!「しゅーちゅー!」
E篠田(MF6番)…バックパス&横パス。篠田が前目にパスを出すのはまず無い。

その他にも「新エース」増川。マスはFW、MF、DFとどこでもやれるマルチなやつだ。
DFW川島のホケ顔もぜひ見てもらいたいがアレクが戻ってきたんで出番は無いかも…

そしてアビスパにうれしい話題が…
U-19日本代表に北斗&柳楽(なぎら)が選出された!トゥーロン国際大会(6月1日〜10日)出場のためフランス遠征だ。
2日にスウェーデン、4日にブラジル、6日にポルトガルと強豪国と対戦。めちゃくちゃ楽しみ。
 背番号 4DF柳楽智和!←レギュラーナンバーだ!!
 背番号14MF中村北斗!←なかなか良い番号だ!

試合に出られるようにがんばれ。
posted by オータ at 00:06| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月18日

第13節プレビュー VS大宮 来たぞ!川島!!

アレク出場停止で、いよいよDFW(DF+FW=DFW)川島の出番がやってきた!
明日の大宮戦では右サイドバックに川島、左にヒラジらしい!
川島は開幕戦直前に怪我をして、右サイドバックのポジションをヒラジに明け渡していたのだ。
待ってたぞ!DFW!!

川島はいいよー!キャラがしっかり確立されているところが非常にいい!
でかい(188センチ)し速い!
ドタバタなドリブルなのに、なぜか相手をかわしてしまう。
アタフタな切り返しなのに、なぜか相手を置き去りにしてしまう。
シュートをお見舞いすれば、キック力があり過ぎて大ホームラン…
かと思えばワールドクラスのクロスを上げたりもする。
もともとFWなので得点も取ったりする。
去年は川島のゴールで1−0で勝った試合が2試合もあった。
僕らのDFWはここぞというところでやってくれるやつなのだ。

それに顔が面白い!川島のホケ顔はみんなを癒してくれる。
DFW川島
会社で川島の写真をメールでみんなに送ったら
こそ泥みたいですね…と誉めてくれた人が2人もいた!
こそ泥川島、明日は大宮から得点をかすめとってくれ!そして勝て!

DFW復活がいまいち勝ちきれないアビスパの起爆剤となることを祈る!
posted by オータ at 23:31| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月11日

第12節プレビュー VS京都 京都を倒すぞ!

次節、5月15日(土)VS京都パープルサンガ。満員のホーム博多の森で14:00キックオフ!

開幕前は、だれもが口を揃えてこう言った。
「圧倒的な強さを見せ、京都が優勝するだろう!」

しかしJ2にはJ2チームサポーターなら誰もが知っている重要な法則があるのをお忘れなく。
「開幕戦で負けたチームに昇格無し!」
開幕戦 ×京都パープルサンガ2-3大宮アルディージャ○←京都脱落
京都優勝を予想した時点でそいつは素人。
2004年度J2チャンピオンはアビスパ福岡=日本サッカー界の常識。

第1クールが終わって3勝4敗3分けで八位。この成績はJ2初年度のアビスパよりしょぼい。
ということは、よっぽどしょぼいんだろうなぁ…
ちなみに今年のアビスパの第1クールの成績はJ2初年度より劣る。
あぁぁ、アビスパもかよぉ…
FWがあれじゃあなぁ…

ほとんどの京都サポーターはこう思っている!
「西村(監督)を解任しろ!」
そして多くの他チームのサポーターはこう思っている!
「西村(監督)をやめさせるな!」
西村…京都が圧倒的な戦力を抱えながら勝てないのはこいつに戦術&人望&闘志が無いから。

解任、続投どっちに転んでも京都の昇格は無理。
J2にはこういう法則もある。前年J1でシーズン中に監督を解任したチームは昇格できない。(アビスパ&コンサドーレが証明)
なので解任しても今年の昇格は×。
だからと言って西村を解任しなかったら、チームは今以上に弱くなるので×。

へぼい監督だとチームはほんとにあっという間にダメになる。J2初年度の今井アビスパがそれを証明。
僕たちもいつか来た道だ。
京都サポーターの気持ちは良く分かる!
いつ勝つんだろう。いつになったら連敗をストップするんだろう。
J2だったら勝ち試合がたくさん見られると思ったのに…
どうして勝てないんだろう。こんなに応援してるのに…


ダメ監督だと判明しているんだから監督変えろよ!京都フロント!
ダメチーム(京都のこと)に勝っても嬉しくないよ!
アビスパは来年J1に行くんだから、ある程度強いところとやっとかないと苦労するだろ!
強いライバルチームを、更に強いアビスパが倒す!
そういう試合を僕は見たい。

嘆き悲しんでいる京都サポーターのためにも、西村に引導を渡してやろう!
それが出来るのは正義の味方、アビスパだけ!
前回は鴨池で4-1とボコボコにしてやった。今度はもっとボコボコにするぞ。
西村解任→新監督就任→京都復調→J2が盛上がる!→アビスパが優勝して盛り上がりは頂点に!→アビスパさいこ〜!
西村解任のお礼は残り2試合で勝ち点6でいいからね。
僕らのアビスパが両チームのサポーターの期待に応えてやろう。

京都を倒すぞ!
京都を倒すぞ
posted by オータ at 20:57| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月07日

第11節プレビュー VS川崎 「川崎」を名乗っていいのは宗リンだけ!

次節、5月9日(日)VS川崎フロンターレ(今のところ首位)。アウェー等々力で14:00キックオフ!
第1クール最終戦。このアビスパ(今のところ2位)VSフロンターレ(今だけ1位)が事実上のJ2最強決定戦だ。
アビスパがはじめて迎える頂上決戦!いい響きだ。もういっちょ行こう!頂上対決!幸せだ。もういっちょ行きたい!
でもやめとく。しつこいと嫌われるんで・・・

J2最強のサイド攻撃を誇るアビスパ。僕らのアビスパ!
対するはJ2最強ブラジル人FWジュニーニョを核に破壊力のある攻撃が売りのフロンターレ。
アビスパが優勝するための最大のライバルはフロンターレだ。
この試合に勝ってフロンターレの独走をストップだ!(現在アビスパとフロンターレは勝ち点で6差)
J2を盛り上げるにはアビスパが勝たないとダメ。
世界中のJ2サポーターみんなの期待を背負ってアビスパが首位フロンターレに挑む!
そして勝〜つ!!

だいたい福岡で「川崎」といえばホークスの宗リンのこと!フロンターレは気安く「川崎」を名乗るな!
フロンターレが走っても世間は何一つ変わることは無いが、宗リンが走れば盗塁一つ成功するたびに車イスがプレゼントされるんだぞ!
えらいぞ、宗リン。いいぞ、宗リン。走れ!宗リン。

アビスパVSフロンターレはいつも白熱の好試合になる。藤波VS長州レベルのガチンコのぶつかりあいになる。
しかし、J2に落ちてからのVSフロンターレの成績は○●●●●●●● と7連敗中…
いつも負けるのはアビスパのほうだ…
去年後半の最強アビスパでも何故か勝てなかった。???
なぜなら
@レフリーが昇格争いを面白くするために、フロンターレびいきの判定を繰り返した(怒)。
A文句なしのゴールまでオフサイドの判定(絶対に間違い)で取り消された(怒)。
B去年の4試合目は米田&藏田&林が出場停止だった。これじゃ負ける。しょうがないや…
Cベンチがアビスパの前にいたのがフロンターレ。知っている選手が多いからかフロンターレ戦になるとどことなく切れ味に欠ける。(かといっていつもキレているかと言えば・・・。そこそこしか活躍してないな。)

正直、フロンターレは強い。そんじょそこらのJ1よりも強い。おまけにホーム等々力ではほとんど負けない。
しかし・・・
毎年、毎年、開幕前にはJ1昇格候補と言われるものの、いつも大事なところで大ポカ。それがフロンターレのチームキャラ。
結局は来年もJ2といういつものポジションに落ち着いてしまうフロンターレ。
去年は勝ち点1の差で3位に終わった。
今年も3位で我慢しろ。今年は3位でもJ1最下位と入れ替え戦のチャンスがあるぞ。
フロンターレには3位がふさわしい。お似合い。川崎フロンターレ=万年3位←J2の常識。そして僕らのアビスパ福岡こそ1位にふさわしい。
posted by オータ at 21:28| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月01日

第9節プレビュー VS札幌 優勝するチームは連敗しない!

次の試合は2日(日)14:00〜 コンサドーレ札幌(アウェー札幌・厚別)
今年、僕はコンサドーレ札幌をアビスパの次に応援しようと本気で思っていた。
(ただしアビスパに傾ける100分の1くらいの情熱で)
なぜなら去年の12月、札幌がアビスパを解雇されたエース江口にオファーを出すというニュースが流れたからだ。

エース江口は2002年のアビスパ史上最低だったチームの中で、唯一戦っていた選手で、僕にとって希望の光で、チーム得点王で、誰よりもサポーターに親切で、一番応援していた選手だった。
江口解雇により、アビスパに対してささやかな反抗期に突入していた僕は、このニュースを知って以来、午後のひと時に飲むコーヒーをGEORGIA→S☆PPOROに早速変更した。
札幌がJ2に降格してきて以来封印していたサッポロビールも飲んであげることにした。(本当は黒ラベルが一番好きなのだ。)
アンケートで「好きなお菓子は?」と問われれば自信を持って「白い恋人」と答えていただろう。

しかしいくら待っても札幌が江口を獲得したというニュースが報道されることは無かった…
札幌が、必要としていた長身FWとして、江口ではなく、元ジュビロの清野(せいの)を選んだからだ。
アビスパ以上に借金を抱えていて、5カ年計画という長期にわたっての再建計画を進める札幌にとっても、江口を抱えきれなかったんだろう。
そしてエース江口は引退した…
ガラガラガラガラ…。(←僕の中の大事な何かが崩れ去っていった音)

このとき僕は決心を固めた。
@札幌だけは絶対に倒す!(いや、どいつもこいつも倒す!けど…)
A赤と黒だけは絶対に着ない!(いや、青&黒も紫も黄緑&青etc.も着ないけど…)

札幌としては、「勝手に思い込んだお前が悪いんだろ。変な理由つけて絡んでくるなよ。」と言いたいところだろうけど、そんあこたぁ知ったことじゃない。
札幌は許さん。
ただしアビーくんとビビーちゃんの結婚式に祝電を打ってくれた札幌の場の雰囲気が読めるマスコット「ドーレくん」だけは許す。

前節では仙台に逆転負けしてしまった。負けた後の試合というのは大事だ。
連敗するな!強いチームは連敗しない。優勝するチームならなおさらだ。

posted by オータ at 17:51| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月27日

第8節プレビュー VS仙台 4月29日はアビスパ記念日!

今週は29日(木)にホーム博多の森で14:00〜VSベガルタ仙台(現在最下位)
まず最初に…4月26日、枕崎で一人のアビスパサポーターが誕生した!
うわあああ!めでたい!なんておめでたいんだろう。
僕にアビスパ福岡を応援するちょっとの喜びと感動、たくさんのつらさ&切なさ&しょぼさ&情けなさを教えてくれた友達夫婦の初めてのお子ちゃまだ。(今のアビスパは僕たちにたくさんの感動を与えてくれるすばらしいチームになったけど。)
花菜(はな)ちゃんというとってもかわいい名前の女の子だ!かわいいのは名前だけじゃないぞ!(とパパ&ママに配慮したコメントも付け加えてみる。)
アビスパがJ2で優勝→J1に昇格する記念すべき2004年に誕生した花菜ちゃんにまずは勝利をプレゼントだ。

花菜ちゃんのお父さん&お母さんに連れられて初めて博多の森にアビスパを見に行ったのが4月29日。
相手は東京ウ゛ェルディ1969で、ハライのクロスを山下がボレーで叩き込みアビスパが1-0で勝利した。
このとき僕はアビスパの持つ魅力、いや魔力に取り付かれた。
だから4月29日は僕にとってアビスパ記念日なのだ!だから今年も勝て!

仙台には福岡の元プリンス山下(現柏レイソル)を2年間貸してやった。
が、あいつらはアビスパにお金も選手もくれなかった。
世の中は互恵互善なので今年勝ち点12をもらうことで勘弁してやろうと思う。
ちなみに山下=ヤマも降格したアビスパを捨てた中の一人だ。
ハライ、ヒサとアビスパを捨てたやつらを叩き潰したんで、ヤマのいたチーム仙台も倒す!

アビスパは現在3位、2位の大宮とは勝ち点差1だ。
J2降格後、アビスパの最高順位は3位だった。
いま昇格圏内の2位が目の前だ!
あああ。なんかドキドキするなぁ…
気が早過ぎるって突っ込むな!この日を2年以上ずっと待っていたのだ。

アビスパ太田が怪我を恐れずに叩き込んだ大宮戦での魂のゴールを忘れるな!
アビスパ太田の為にも必ず優勝しよう。なっ、なっ。
その為には相手が去年まで本当にJ1だったの?と疑ってしまうくらい弱くても、ディフェンスがザル以下でも、気持ちが戦ってない選手ばかりでも、おまけに使えない選手ばかりでも、更に華までない選手ばかりでも、負ける要素がサポーターの人数だけだとしても、油断せずに行こう!
一つづつ確実に勝利を重ねて行こう!
posted by オータ at 23:00| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月22日

第7節プレビュー VS大宮 久永にはブーイングすら必要ない

今週はホーム博多の森で14:00〜VS大宮アルディージャ(現在2位)
アビスパは開幕以来、山形、甲府と2試合連続でドロー、いまだ博多の森で白星が無い。
でもそろそろ来るよ!鹿児島で勢いに乗ったもんね。

第6節の大宮VS仙台をスカパー観戦して今回の対戦相手、大宮の戦力を分析した。
が…相手が仙台じゃ参考にならんかったよ。だって仙台弱すぎるもん…

大宮で注意すべきなのは
@FW バレーのスピード(しかし決定力は無い)
A右サイドMF 安藤のクロスの精度(しかしそれを決めるFWがいない)
BDF トニーニョの高さ(しかしアビスパ戦は出場停止)
大宮の堅守を支えるトニーニョがいないのはアビスパには有利に働く。間違いない!
トニーニョはロングフィードの精度も高い。「守って守って前線へのロングボール、サイドからのカウンター」という大宮のスタイルを支える選手だ。
トニーニョから一発レッドを引き出した最下位ベガルタ仙台、Good Job!

大宮の三浦監督はスカパー解説者として去年のJ2をしっかり見て、アビスパの強さを知っている。それに大宮は基本が守備守備サッカー。まずは守りを固めてくるだろう。
大宮の4-4-2でサイド攻撃主体というのはアビスパとスタイルがかぶる。
しかし決定的な違いがある。アビスパのサイド攻撃はMFであるこーへー(もしくは山形)、セイジだけでなく、サイドバック2人(アレク&平島)の攻撃参加が売り物で非常に分厚い!
一方大宮のサイドバック、若松&冨田が攻めあがる機会は少ない、あくまでも守備が基本だ。サイド攻撃と言ってもMFの安藤、喜名頼りだ。
安藤とマッチアップするのは、得点への意識も高くなり、怪我を押しても出場を直訴しガッツも見せてくれたセイジ。現在J2でナンバーワンの左サイドアタッカーだ。(嘘じゃない。誉め過ぎでもない。)
それにセイジの後ろには抱負な運動量を誇る、使える若きブラジル人アレクが控えている。
J2最強のサイドアタックが大宮のしょぼくれサイド攻撃を上回るのは確かだ。

その他にアビスパが気を付けなければならないのは、喜名に代わって途中出場が予想されるMF久永のへったくそでスピードの無いドリブル突破。やつはPKをもらおうとペナルティエリア内で絶対に芝居をするに違いないからだ。
久永とは…
2002年、ハライと同じく降格したアビスパを捨てマリノスへ移籍したMF久永、翌年しれ〜っとアビスパに戻ってきて副キャプテンに。しかし口だけ番長。実力が伴わずに戦力外に。
複数年契約だったからクビにはならなかったが、今年出場機会を求め大宮へのレンタル移籍が成立。
(J1でプレーしたいと言っていたが採ってくれるチームが無かった。)
なんでアビスパに移籍金も支払われないレンタル移籍で、アビスパの敵の大宮に行く必要がある?
久永にはブーイングをする気すら起きない。

開幕してからの2つのホームゲームでアビスパは2引き分けと勝ち星に恵まれていない。
ただ前回の試合でアビスパイレブンも自分達のサッカーが間違ってないことが分かったと思う。
本当の敵は京都などの名前だけで優勝候補に挙げられているチームでなく、しっかりした守備でゴール前を固めてくる水戸や山形だということも見えてきた。2位というポジションに色気を出して大宮が攻めてきたらラッキー。
サッカーはバランスだ。今のアビスパに攻守のバランスで上回っているチームは無い。(攻撃だけなら川崎は評価出来る)

対してアビスパだが、今節はキャプテン蔵田が出場停止だ。蔵田は読みが良く、ピンチになる前に激しいタックルで攻撃の芽を摘み取ることの出来るディフェンダーだ。常にラインを高く保てるのも、より高く…という蔵田の巧みなコントロールがあるからだ。
ただスピードはそれほどない。大宮のバレーは快速FW、蔵田の代わりに入ると予想されるDFW川島もしくは増川の二人は190センチ近くの長身だが、スピードがある。バレー対策を考えると蔵田よりも頼りになる!(のではないかなぁ…。いやそうであって欲しいなぁ…。)
posted by オータ at 21:39| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月17日

第6節プレビュー VS京都 サンガになんて負けてられるか!

今日の対戦相手は京都パープルサンガだ。
まず…
チーム名が長すぎる!パープルいらんやろ。
現在、勝ち点8で4位。アビスパは勝ち点6で5位。
鮮やかに、美しく、圧倒的なチーム完成度の差を見せ付けて勝ち、颯爽と抜き去ってやるからな。

今日の試合は鹿児島の鴨池。
ぼくが大学4年のときに初めてJリーグの試合を見た思い出の競技場だ。
「今は無きフリューゲルスVSエスパルス」という試合だった。
翌年に控えたJリーグ開幕を前にしたプレシーズンマッチ。
あのときはまだ福岡にアビスパは無かったし、僕もプロレス大好きでサッカーにはそれほど興味が無かった。
今日アビスパ福岡とともに再び思い出の地、鴨池に…
負けんなよ!アビスパ!

九州、それも僕が福岡の次に愛する鹿児島での試合だというのにアウェー。
なぜなら京都の親会社京セラのオーナー稲盛は鹿児島出身で
京都は国分でキャンプを張り、毎年鴨池で試合をしているから。
なんでPRIDE OF KYUSHUアビスパ福岡が九州で試合するって言うのにアウェーなんだ!

僕が京都を嫌いな理由。(アビスパ以外はみんな敵、みんな嫌い)
@中払(なかはらい)がいる。
「J1でプレーしたいから…」と言って嘘泣きしつつ降格したアビスパを捨て京都に移籍した中払(元背番号10)。
今お前のチームはJ2にいるけど、それでいいのか?
ハライがいなくなってアビスパからは、シュミレーションや、ちょっとの接触で大袈裟に痛がる時間稼ぎ、ダーティーなプレーで相手選手に怪我を負わせる乱闘シーンがスッカリ無くなったよ。
ただお前たちのせいでいまだにダーティーアビスパのイメージがレフリーに浸透していて、判定にはいつも悩まされているけどな…
Aおれたちは強いと思い込んでいる。
アビスパを格下扱いするのはよせ。
シーズン終了後にはどっちが強かったか、はっきりするんだから。
調子に乗ると恥ずかしいぞ。
B米田を引き抜こうとした。
ボランチには事欠かないくせに、アビスパの弱体化を目的に、米田レレを掻っ攫おうとした!
米田だけは欠かせないんだよ。米田だけは唯一替えがきかない選手なんだよ!
京都だけは絶対に泣かす。ごめんなさいって言わせる。

今日は、アビスパユース生え抜きのFW田中ユースケがスタメンデビューだ。
期待してるぞ、ユースケ。

去年の9月以降僕が観戦した試合は無敗。(ま、ホームは全部見に行ってるけど)
今日ももちろん勝つ!勝って鹿児島の友達と上手い酒を飲む!
勝って福岡に帰ってくる。
さ、朝早いんで寝よう
posted by オータ at 00:50| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | アビスパ福岡プレビュー・ショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。